12月20日

甲斐バンド「ヒーロー」ロックへと覚醒したメロディメーカー

53
0
 
 この日何の日? 
甲斐バンドのシングル「HERO(ヒーローになる時、それは今)」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1978年のコラム 
大人の世界のミステリー、洋画「ナイル殺人事件」の主題歌を歌っていたのは誰?

合言葉は「グリース」、大人への入り口だったミュージカル映画の傑作

理想の女、峰不二子について語ろう。悪女とラヴ・スコール

音楽は変わらずに今を刻み続ける、ヒーローになる時、それは今!

これこそ不条理!? キュアーのデビューシングル「アラブ人」の運命は?

黄金の6年間:映画「男はつらいよ」変化の時代に繰り返される黄金の様式美

もっとみる≫




メロディが9割 Vol.2
HERO(ヒーローになる時、それは今) / 甲斐バンド


異色の豪華コンサート「ドリームライブ in 福岡ドーム」


福岡の会社員時代、時々、オフィスに訪ねてこられる初老の紳士がいた。年の頃なら60前後だろうか。痩身で、いつも上品なスーツを着ていた。

「近くまで来たものですから」

そう言って、紳士は僕の上司とお茶を飲みながら雑談をした。僕も時々、同席させてもらった。大抵、仕事の話じゃなかった。紳士は福岡の音楽出版会社の専務で、よく有望な若手アーティストの話をしてくれた。対して、広告制作会社の僕の上司は先週オープンしたばかりの隠れ家レストランのカードを切った。ギブ・アンド・テイク。それが大人の雑談の作法だった。

そんなある日、紳士が定年退職の報告に訪れた。

「気がつけば、もうこんな年で」
「まだまだ、ご活躍してもらわないと」
「少し、自分の時間を持とうと思いましてね」

帰り際、紳士は「これ、よかったら」と、数枚のチケットを僕の上司に手渡した。

「えっ! こ、これは……」
「皆さんで、どうぞ」
「ぜひ、行かせていただきます!」

―― 恐縮して、深々と90度のお辞儀をする上司。

数日後、僕もチケットのご相伴に預かった。その日、僕らが訪れたのは完成したばかりの福岡ドーム。そのイベントが杮落し公演だった。公演名は『ドリームライブ in 福岡ドーム』。井上陽水、財津和夫、武田鉄矢、甲斐よしひろの福岡出身の4人のミュージシャン―― “ビッグ4”を中心に、同じく福岡出身のチャゲ&飛鳥(当時)や藤井フミヤ、タモリらも応援にかけつけるという異色の豪華コンサートだった。

日本のリヴァプール=福岡で数多くのミュージシャンを育てた伝説の人物


ステージの終盤、そのイベントが企画されたキッカケがビッグ4から明かされた。なんでも、彼らが無名時代からお世話になり、育ててくれた恩人が引退するので、その恩返しに何かできないか―― というところから始まったと。恩人はかつて福岡の民放局のラジオディレクターとして鳴らし、数多くのミュージシャンを育て上げた伝説の人物らしい。

「へぇ、そんな人がいるんだ」

僕は他人事のように話を聞いていた。しかし、次の瞬間、井上陽水さんの口から語られた名前に、僕は椅子から転げ落ちそうになった。その人物こそ誰あろう、先の紳士だった。地元放送局のRKBでラジオディレクターとして活躍した後、その豊富な音楽業界の人脈を生かして音楽出版社RKBセレナを立ち上げ、その代表を務めていた野見山実、その人だった。

「の、野見山サンが……!」

恥ずかしながら、僕はその時まで野見山サンの過去を全く知らなかった。上司は教えてくれないし、野見山サン自身、過去の自慢話など一切しなかった。2人の大人は毎回、僕の前で最近の話ばかりして、他愛のないネタで盛り上がった。今なら、昔話を語らない大人の美学はよくわかるが、当時、20代の若者にとっては「早く言ってよ~」と地団太を踏むしかなかった。

よく、福岡は “日本のリヴァプール” と例えられる。それは、共に大都会(ロンドン、東京)の西に位置し、港町としての歴史を持ちながら、数多くの若きミュージシャンたちを育み、大都会へと送り出した街だからである。そして、その巣立ったミュージシャンの代表格が、先のビッグ4―― 井上陽水、チューリップ、海援隊、甲斐バンドだった。

少々前置きが長くなったが、今回はその中で “四男坊” と呼ばれる男の話である。そう、甲斐よしひろ――。今日、4月7日で68歳を迎える、稀代のメロディメーカーの話だ。

甲斐よしひろ、フォークグループから始まった音楽活動


甲斐サンはリアルでも四男坊で、有名な話だが、幼馴染みに漫画家の小林よしのりサンがいる。2人は小・中・高と同じ道を歩み、高校で小林サンは漫画に、甲斐サンは音楽に傾倒した。

甲斐サンの本格的な音楽活動は、高校2年の時に組んだフォークグループに始まる。この時、地元放送局のKBCラジオのイベントに出場したり、福岡の伝説的ライブ喫茶「照和」のステージに立ったりして爪あとを残す。

しかし、高校3年の受験期を迎えると、グループは自然解消。卒業後、甲斐サンは旅行会社に一旦就職するも、音楽の道が諦めきれず、4ヶ月で退職。そして前述の「照和」でウエイターをしながら、ステージ出場の機会を得る。時に1972年―― 季節は夏になっていた。

翌1973年には初のワンマンライブを福岡市で行い、アマチュアながら900人を動員。その勢いに乗って、さらに翌1974年3月には文化放送主宰の『全日本アマチュア・フォーク・コンテスト(ハッピー・フォークコンテスト)』に出場し、「ポップコーンをほおばって」で優勝。同年5月、甲斐バンドを結成する。当初、バンド名は仮名だったが、気がつけば正式名称に。8月には福岡のコンサートの聖地・電気ホールでマチュア時代最後の『甲斐バンド出発(たびだち)コンサート』を開催して2,000人を動員。満を持して、東京へと旅立つ。

遅すぎたデビュー、甲斐バンドに必要だった変化


1974年11月、甲斐バンドはシングル「バス通り」でデビューする。作詞・作曲甲斐よしひろ。ジャケットを見れば分かる通り、それは100%のフォークソングだった。いい曲だった。だが、正直なところ、彼らの登場は少々遅すぎた。フォークの季節は、既に第4コーナーに差し掛かっていたのである。変化が必要だった。そして―― あの名曲が誕生する。

 雨にけむる 街並みを
 息をきらして かけ続けた
 つきささる 吐息をはいて
 駅への道 かけ続けた

1975年6月、甲斐バンドは2枚目のシングル「裏切りの街角」をリリース。作詞・作曲は前作と同じく、甲斐よしひろ。だが、そのサウンドは一転、ロック調に進化していた。アコギはエレキに変わり、ドラムは前面に押し出された。オリコンは最高位7位を付け、75万枚のロングヒットとなった。

甲斐バンドは覚醒した。そして―― メロディメーカー甲斐よしひろが世間に認知されたのである。

覚醒した甲斐バンド、メロディを残したままロックに転換


1970年代、日本の音楽界は空前の “メロディの時代” を迎えていた。フォーク、歌謡曲、アイドルソング、ムード歌謡―― ヒットする楽曲はどれもメロディアスだった。ヤマハが主催するポプコンは純粋にメロディを評価し、アマチュアから次々とスターが生まれた。女子高生だった小坂明子は、「あなた」一曲でスターになった。一発屋は、裏を返せば、楽曲ひとつで新人がスターになれる証明だった。

断っておくが、甲斐バンドを語る時、フォーク調の「バス通り」でデビューしたことは、決して黒歴史ではない。フォークは言葉を武器としながら、広く共感を得るためには優れたメロディを必要とした。つまり、ヒットするフォークソングは例外なくメロディアスだった。

遅れてきた四男坊―― 甲斐よしひろ率いる甲斐バンドも、その洗礼を受けた。彼らのデビュー曲は間違いなくメロディアスだった。ただ、フォークが時代遅れになりつつあっただけである。そこで彼らは、メロディを残したままロックに転換する。そして生まれたのが「裏切りの街角」だった。

あれから3年―― 朗報が訪れる。甲斐バンドは、メロディの時代にありがちな “一発屋” の汚名を逃れる名曲を再び世に放つ。「HERO(ヒーローになる時、それは今)」である。

初のCMタイアップ、わずか30秒でお茶の間のハートを掴んだ「HERO」


 HERO ヒーローになる時
 Ah Haそれは今
 HERO 引き裂かれた夜に
 お前を離しはしない

作詞・作曲はもちろん、甲斐よしひろ。同曲は甲斐バンド初のCMタイアップ曲となった。それは、広告代理店によって巧妙に戦略が練られ、1979年1月1日午前0時と同時に、民放各局で一斉に服部時計店のCMが流れ、彼ら4人の雄姿と同曲がオンエアされたのである。

CMソングの命綱は、わずか30秒でお茶の間のハートを掴むキャッチーなメロディにある。甲斐サンは見事にそのオーダーに応え、同曲は年が明けると共にヒットチャートを駆け上がり、同年2月26日、オリコン1位に立った。そして翌月、あの歴史的なシーンを僕らは目撃する。

甲斐よしひろのロックな自己演出、生涯で唯一度のザ・ベストテン出演


それは、1979年3月15日―― TBSの『ザ・ベストテン』だった。同年2月15日にランクインして以来、出演不可を貫いてきた甲斐バンドが生涯で唯一度、同番組に出演した回である。久米サンと黒柳サンが第3位に入った「HERO」を紹介すると、カメラは中継先に切り替わり、NHKのスタジオに――。そこは、甲斐サンがDJを務めるNHK-FM『サウンドストリート』の公開録音の場。ファンが取り囲む中、一切、司会の2人と話をしないという条件で、甲斐サンが一人語りを始め、そして歌へ――。

今思えば、それは甲斐サンなりの “ロック” な自己演出だったのかもしれない。お茶の間から生意気と思われようとも、フォークのデビューから一転、2曲目以降、懸命に路線を変えようとした、彼の心の叫びだったのかもしれない。

だが、ひとつだけ確かなことがある。フォークだろうが、ロックだろうが、泥臭かろうが、生意気と思われようが―― 甲斐バンドが評価されたのは、その類稀なるメロディラインにあること。

13枚目のシングル「安奈」がリリースされるのは、この半年後である。



2021.04.07
53
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1967年生まれ
指南役
コラムリスト≫
24
1
9
7
9
クリスマスにぴったりの「安奈」と甲斐よしひろに喝を入れられた夜
カタリベ / 蘭 華
23
1
9
8
3
甲斐バンド「THE BIG GIG」Ⅱ 新しい時代にふさわしいリアルなメッセージ
カタリベ / 前田 祥丈
30
1
9
7
8
音楽は変わらずに今を刻み続ける、ヒーローになる時、それは今!
カタリベ / 堀 アヤ
15
1
9
8
1
3枚組ライブアルバム「流民の歌」価格設定における甲斐バンドの熱き思い?
カタリベ / ソウマ マナブ
28
1
9
8
3
甲斐バンドが叫ぶ「THE BIG GIG」都有5号地に刻まれた伝説の一夜
カタリベ / 工藤 大登
18
1
9
8
2
ファースト・タイムはホロ苦く…甲斐よしひろに叱られた初ロックライブ
カタリベ / ソウマ マナブ