11月28日
ソウルの風に吹かれて。旅のテーマソングは尾崎豊の「路上のルール」
31
0
 
 この日何の日? 
尾崎豊のアルバム「壊れた扉から」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1985年のコラム 
City Cocktail はひとつの通過点、メジャーでレイドバックしたプライベーツ

追悼:トム・ペティ — きみがロックンロールスターになりたいのなら

スタローンと結婚したいっ!初めて買ったLPは「ロッキー4」のサントラ盤

尾崎豊は10代で燃え尽きたのだろうか? 20代の迷走と「壊れた扉から」

インエクセス ー マイケル・ハッチェンスの急逝とシングルカットの記憶

私のTMは86年が最高潮!どんなに好きだったかは恥ずかしいから書かない

もっとみる≫

photo:SonyMusic  

思いもしないところで自分の愛する音楽と出会う。それが旅先の、しかも異国の地だと感慨もひとしおだ。

ところで人はなぜ旅をするのだろうか。素晴らしい景色を見るため、憧れた異国の雰囲気を味わうため、そして何より日常から離れて羽を伸ばすため……?

しかし僕にとって旅とは1つの試練だ。全く違う文化を有する他国に自分の身を置くこと。そこでは思いがけない自分が現れる。それは逆説的に言うと自分をリセットすることだと思う。そうして起点に戻ること。それが僕にとっての旅であり、そしてそれは僕なりの「路上のルール」なのだ。

そう、僕にとって尾崎豊の「路上のルール」が旅のBGMである。郷愁を誘うシンセサイザーの音、そして『洗いざらいを捨てちまって 何もかもはじめから やり直すつもりだったと……』と始まる歌詞。僕の旅はその尾崎の歌詞通りである。

しかしどんなに旅を重ねても、どの街に行っても、出会うのは『調和の中で ほら こんがらがってる』僕だった。そんな『もう自分では 愚かさにすら気付き 諭す事もなく』僕は懲りずに旅を重ねていた。僕は羽田空港で「路上のルール」をリピートさせながら、韓国は仁川国際空港行きの飛行機を待っていた。

ソウルには日本と全く違ったユーラシア大陸の風が流れている。大好きなその風の匂いに吹かれながら街をぶらぶらした後、夜にホンデ(弘大)地区に赴いた。

ホンデは美術・デザイン系で有名な学校・弘益大学校の略称であり、街は音楽で溢れている。よく「ソウルの下北沢」などと呼ばれたりもしているようだ。

夜のホンデはひときわ音楽で賑やかだ。『あくせく流す汗と 音楽だけは 止むことがなかった』この街で、僕は目に入ったロックバーに偶然入って行った。驚いたのがそこでかかっている音楽がJ-POPだったことだ。若いマスターの後ろにはずらりと日本のアーティストのCDが並んでいる。加えてマスターは日本語を流暢に話す。

したたか酔いの回った僕は尾崎豊のCDがあるか、そしてもしあれば「路上のルール」をかけて欲しいと言った。マスターは僕の選曲を褒めながら僕の「旅のテーマ」をかけてくれた。

何回も聴いた曲なのに異国の地で聴くとそれは表情を変える。シンセサイザーの音に隠れるスライドギターのソロ。バックに隠れるハモンドオルガン風のキーボード音。心がフッとそこで敏感になり、僕は思いがけない感傷に飲み込まれていた。尾崎豊の歌は、その意味でいつも危険なのだ。

尾崎豊的な言い方をするとこの曲は「僕の人生という旅のテーマソング」なんです、などと口走ったかと思う。マスターは頷きながら自分の経験を色々話してくれた。

兵役のこと、日本文化について、そして祖国のこと……、そして韓国での尾崎豊の人気について。多くの韓国人アーティストが “I LOVE YOU” をカヴァーしていることは彼から初めて聞いた。そうしてソウルの夜はそのまま更けていった。

―― そのバーで一晩を過ごし『こんがらがった』僕は、マスターに朝ごはんのおかゆを奢ってもらった。予約してあった早朝発釜山行きの特急「セマウル号」はすでに僕を置いて発車してしまった。そんな旅が僕の「路上のルール」だ。



歌詞引用:
路上のルール / 尾崎豊

2017.10.09
31
  YouTube / J4jp


  YouTube / 무민
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1991年生まれ
 白石・しゅーげ
コラムリスト≫
105
1
9
8
5
メロディーメーカーとしての尾崎豊論 ー あれ? なんか新しい
カタリベ / 指南役
36
1
9
8
3
自らの存在を否定することからスタートした尾崎豊のロックンロール
カタリベ / 本田 隆
76
1
9
8
5
尾崎豊をスターダムに押し上げた「卒業」、その秘密は<哀愁のソ#>
カタリベ / スージー鈴木
35
1
9
8
5
1985年に誕生した「卒業」という名のマスターピース 尾崎豊 篇
カタリベ / 太田 秀樹
45
1
9
8
4
セブンティーンズ・マップ、ゆとり世代の聴いた尾崎豊はメロンソーダの味
カタリベ /  白石・しゅーげ
23
1
9
8
5
真の魅力は内省的な歌詞にあり — 尾崎豊に堕ちていく少年の物語
カタリベ / 古木 秀典
Re:minder - リマインダー