6月25日

プリンスの仮装パーティーで “鳩が飛ぶとき” 恋のゆくえと奇跡の表参道

56
2
 
 この日何の日? 
プリンスのアルバム「パープル・レイン」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1984年のコラム 
素晴らしきパロディソングの世界(その1)嘉門達夫 篇

緊急発売体制! BORN IN THE U.S.A.の国内盤が店頭に並ぶまで

1984 ー 映画「逆噴射家族」と風営法改正直前の新宿歌舞伎町

ティーンエイジャーの孤独? ザ・スミスとタイプライターの記憶

原宿 伝説の理容店、一世風靡セピアとリーゼント

縦横無尽なリズムの怪人、世界はプリンスに追走するのに必死だった

もっとみる≫




好きと嫌いはいつだって表裏一体、私にとってその代表はプリンス


気持ち悪い奇妙なものや人をずっと意識していると、ある日突然大好きになることがある。きっと愛憎だったり好きと嫌いは、いつだって表裏一体だから。私にとってその代表はプリンス。

『1982年の鹿鳴館、原宿「ピテカントロプス・エレクトス」誕生秘話』でも書いたように、私はアパレル会社勤務が長かった。

ある時、中途採用で四国から上京して来た男子(M君)が入社した。アパレルの他に飲食、クラブ経営、古着や雑貨まである部門の中で、彼は私のいた部署に配属され、私達はすぐに仲良くなった。朴訥で柔らかい口調の彼は、洋服やカルチャー全般に詳しく、よく2人でライブやレコード屋、古着屋などに出掛けたりもした。

「東京は凄い街ですね。電車に乗ったらわずか2分で新宿、原宿、渋谷、恵比寿… 全然違う街がある。だいたい夜中1時に電車が走ってるなんて僕の田舎じゃありえませんから」

… なんて言うM君を「可愛いな」と思う私がいた。私達は、ほどなくして社内で噂になった。彼には田舎に遠距離恋愛中の彼女がいたが私はフリー。やたらと周りが盛り上げて顔を赤くしながら照れる彼を見ると、さらに可愛いな… と思った。

アルバム「パープル・レイン」で気づいた “黒いデヴィッド・ボウイ”


会社には音楽通が揃っていて、社内各階にレコードプレイヤーやラジカセがあり常に音楽が鳴っていたのだが、ある時プリンスの「1999」がかかった。

「これ誰?」
「プリンス」
「あー、あの黒ブリーフの!」

なんて周りとの会話に、思わず私が爆笑しながら、

「やだー!しかも私より身長低いし!」

… と言ったら、つかつかとM君が憤怒の形相で近づいて来て、いきなり私の腕を掴み外に連れて行かれた。

「田中さん!僕は幻滅しました!もっと音楽を大事にしてる人だと思ったのに残念です!悔しいです!プリンスは… プリンスは黒いデヴィッド・ボウイです!! つまり貴女はボウイも音楽も分かって無い、ただのミーハーだ!!」

… と一方的に怒鳴られた。何が何だか分からないまま社内に戻ったが釈然としない。その日以来、彼は私を避けて挨拶もしてくれなくなった。謝罪はおろか反論も出来ず、私はそれから暫くプリンスだけを聴くようにした。ひと月もすると、あんなに気持ち悪く卑猥な歌ばかり歌うプリンスの黒ブリーフ写真も可愛らしく見えて来たから不思議。しかし “黒いデヴィッド・ボウイ” がまだピンと来ない。そんなタイミングで『パープル・レイン』がリリースされる。

何このギラギラのグラム感! 凄いカッコ良い!

リリースされた日から、社内だけでなく、有線でも、ラジオでも、ショップでも… 至るところで『パープル・レイン』から各曲かかりまくっていた。私はようやくこのアルバムで “黒いデヴィッド・ボウイ” の意味が分かった気がした。

そうなると、M君と話がしたくて仕方なかった。しかし、私が近づくと彼は避けるという日々は変わらずだった。

アパレル会社恒例、仮装パーティーのお題はプリンス


何となくこの状況を把握した愛すべき社長夫妻が、ボーナス支給日にパーティーを開くことを朝礼で発表した。ボーナス支給時には毎度のことだが、ハワイ旅行や現金10万円などの賞品がある本気の仮装パーティーだ。

今回のお題は “プリンス”。

そこはアパレル会社なため、みんな本気で残業してミシンに向かう。普段は地味な経理部長もウィッグを買いに走り、とにかく通常業務を終えてから、社内は寝袋持ち込みで入賞を狙う日が1週間続いた。

私は心境的にあえてプリンスと別れたヴァニティを選択。他の女性陣は、アポロニア・コテロやウェンディ&リサなど、ミュージックビデオや雑誌を研究して、いかになりきるかひたすら手作り。一方、気がかりのM君は残業せず一体何をやるのか謎のままだった。

パーティー当日。会場は表参道のハナエモリビルのイベントスペース。着替える場所がないため、原宿駅からみんなで歩く。

表参道の緩やかな下って上る坂道を、黒ブリーフに胸毛をつけた男や、半裸に近い私や沢山のアポロニア、プリンスというお題からプリンセスで白雪姫と7人のこびと、バイクで紫のスーツ姿の “まんまプリンス”やら… 強烈な仮装軍団が表参道を「パープル・レイン」を歌いながら練り歩くなか、私はひたすらM君を探した。

プリンスとヴァニティ、表参道で奇跡の再会


彼は「カフェ・ド・ロペ」の横で、シルクハットにフリルのシャツ、そして紫のスーツ姿で鳩を携えて立っていた。方や、今は無き同潤会アパートの前で、黒いビスチェに、網タイツに、つけまつ毛の私は彼の名前を呼んだ。

彼は私を見て ゆっくり鳩をこちらに飛ばした。私は鳩を目で追い、手を広げて伸ばしたら鳩は私の手首あたりに止まった。

M君は道の対岸でそれを確認し、ゆっくり歩き出した。私も鳩とともにゆっくり鳩が逃げないよう細心の注意を払い、彼を追う。ほどなくして私達はパーティー会場に着き、私はM君を探し、まずは鳩を返した。

「ヴァニティ、似合ってますよ」

彼がそう言ったその瞬間、会場では「ビートに抱かれて(When Doves Cry)」がかかり、みんなが踊り狂い出した。私は憑物が落ちたみたいに涙があふれ、つけまつ毛が外れた。

2人で口ずさんだ「テイク・ミー・ウィズ・U」


彼は審査員特別賞をもらい、鳩とともに表彰された。私達はみんなが去った後、プリンスと泣き濡れたヴァニティのまま、夜通し鳩を抱えて、当時表参道のランドマークだったハナエモリビルの階段で、かつてのようにたくさん彼と話をした。

そのとき、実は彼が明日から四国に帰り、うちのアパレルのフランチャイズ店をやることを、私は初めて聞かされた。社長含め、みんながあえて私に黙っていたらしい。

「東京最後の夜を田中さんと過ごせて良かったです。プリンスを聴いたら僕を想い出してください。ヴァニティ」

こうして私達は始発電車を目指して原宿駅に向かって歩き出した。2人でどちらからともなく「テイク・ミー・ウィズ・U」を口ずさみながら。

2020.09.04
56
  YouTube / Prince


  YouTube / Prince


  Apple Music
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
きくみん
素敵だ。
2020/09/04 11:42
0
返信
カタリベ
ロニー田中
コラムリスト≫
30
1
9
8
2
プリンスとエロ、ランジェリー姿のヴァニティ6から始まった女達への賛歌
カタリベ / ソウマ マナブ
29
1
9
8
4
プリンスの紡ぐ「ビートに抱かれて」鳩が翼を広げて飛び立つとき
カタリベ / 宮井 章裕
39
1
9
8
5
プリンス流儀のウッドストック、サイケでファンクな「ラズベリー・ベレー」
カタリベ / KARL南澤
19
1
9
8
4
双璧だったマイケルとプリンス、そしてスリラーとパープル・レイン
カタリベ / ジャン・タリメー
24
1
9
8
4
プリンス「パープル・レイン」ナンバーワンに匹敵する1位になれなかったシングル
カタリベ / KARL南澤
41
1
9
8
4
縦横無尽なリズムの怪人、世界はプリンスに追走するのに必死だった
カタリベ / 山口 順平
Re:minder - リマインダー