2月1日
贈られた曲は「わがままジュリエット」私がBOØWYワールドに陥落した瞬間
102
2
 
 この日何の日? 
BOØWYのシングル「わがままジュリエット」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1986年のコラム 
コーリング・アメリカ、既読スルーがなかった時代のもどかしいラブコール

マニック・マンデー、憂鬱な月曜日はキュートに愚痴って出勤しよう!

生真面目なPiLの試み、CDは1枚、LPなら2枚、さらには3枚組の12インチ!

人生にスパイスをふりかけた、中森明菜が「DESIRE」で歌ったワンフレーズ

コントロール、ジャネット・ジャクソンを自立させたジャム&ルイスの貢献

ザッツ・ホラー・エンタテインメント「クリープショー」がヤバすぎる!

もっとみる≫

photo:from68  

「おい、おい、おい! ちょっと、ちょっと、ちょっと!!」 

後方から私を呼び止める聞きなれた声。小学校2年生から同じクラスのアタルくんだ。今日から私たちは中学3年に進級し、またしても同じクラスだった。

「お前、ボウイって知ってるかーっ!?!?」 

彼はもともと声が大きいが、今日は特に大きい。彼からサザン以外のアーティストの名前が出るなんて珍しい。この春休みに何かあったのか?

「俺さー、わがままジュリエットってゆー曲を聴いたんだけどさー、これがまたいいんだよ!! そしたらさーほかの曲もさー聴きたくなっちゃってさーー、ほかの曲もすんげーかっこいいのな!」

すんごい息巻いてる。よっぽど感動したらしい。

1986年の2月にリリースされた「わがままジュリエット」は、BOØWY初のビデオクリップが制作され、ちょうど地上波での露出が増えたのもこの頃だった。


数日後の昼休み、幼稚園から一緒の美香ちゃんが、

「BOØWYの恒松さんのベースってカッコイイよねー!」

と言いながら立ち上がり、わがままジュリエットを口ずさみながら弾き真似をし始めた。長い付き合いだが、ボーイッシュなスポーツ少女の彼女から、それまで音楽の話を聞いたことがなかった。そんな彼女でさえBOØWYに惹かれてしまうなんてビックリだ。


またある日のこと。
塾に行くと、1学年上の元サッカー部の先輩が遊びに来ていた。相も変らぬ爽やかな笑顔。以前と変わったところがあるとすれば、高校の制服のせいか少し大人びた印象を受けた。

「ボウイって聴く? わがままジュリエットって聴いた??」 

センパイ、開口一番がBOØWYかいな。


そもそも私はBOØWYに興味が無かった。 

髪型、メイク、衣装すべてがダメ。硬派っていう人もいたけれど、私には不良にしか見えないし、彼らの踊りとも言えない “動き” も苦手だった。この話題にも飽き飽きしていたが、周囲にはどんどんファンが増えていき、その場は話を合わせてしまう方がラクだった。


時は流れ、高校1年の秋。都内の男子校に通う彼氏ができた。彼は4人編成のバンドのギターを担当していて、オリジナルの曲に加え、BOØWYの曲などもライブで披露していた。ライブハウスではそこそこの集客があり、頻繁にスカウトを受ける程、アマチュアのバンドとしては完成度が高かった。

ちょうど付き合い始めて1年が経つ頃、渋谷でライブがあった。ライブの前に、

「5曲目ちゃんと聴いていてね。俺から1年目の記念に贈る曲だから。」

ドキドキしながらその瞬間を待つ。
贈られた曲は「わがままジュリエット」だった。

付き合い始めの頃、またしても唐突に “どの曲が好きか?” と訊かれたときに、唯一、タイトルとメロディーが一致するこの曲を伝えたんだっけ。相手の気持ちを考えると、とても申し訳ない気持ちになった。

驚きと、照れくささと、喜びの感情が入り混じり、体感が変わるのが分かった。メロディーと歌詞が初めて心に響き、この曲を “素敵だな” って感じている自分がそこにいた。遅れ馳せながら、これがBOØWYワールドに陥落した瞬間だった。

その後、BOØWYの曲を自ら進んで持ち歩き、周囲の感性に同調できるようになったことは言うまでもない。

2017.05.06
102
  YouTube / aki M
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1967年生まれ
時の旅人
すごくいい時代。
2017/05/12 17:37
0
返信
 ポリ
いい時代❤
2017/05/06 19:15
1
返信
 ポリ
いい時代❤
2017/05/06 19:15
1
返信
 ポリ
いい時代❤
2017/05/06 19:15
1
返信
カタリベ
 ポリ
コラムリスト≫
40
1
9
8
8
氷室京介の本質、シングルB面はデヴィッド・ボウイとモップスのカヴァー
カタリベ / ジャン・タリメー
136
1
9
8
6
田中泰延が会社を辞めたもう一つの理由、ジグ・ジグ・スパトニックと布袋寅泰
カタリベ / 田中 泰延
32
1
9
8
7
BOØWYがヒットを連発した87年、僕の知ってる原宿のドリーミーな原風景
カタリベ / 本田 隆
24
1
9
8
9
人生初のカラオケ体験「ビー・マイ・ベイビー」あるある話!?
カタリベ / clake
22
1
9
8
4
ロックとパンクの壮大なパロディ、キッチュが売りのフランキーとジグジグ
カタリベ / ジャン・タリメー
74
1
9
8
4
中川勝彦、カルチャークラブの前座を飾った“しょこたん”の父
カタリベ / 親王塚 リカ
Re:minder - リマインダー