2月1日

ロッキー頼みのサバイバー、スタローンには足を向けて寝られない !?

13
0
 
 この日何の日? 
サバイバーのシングル「バーニング・ハート」がビルボードHOT100で最高位(2位)を記録した日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1986年のコラム 
メディアの転換期にリリースされた PiL のアルバム、CD、カセットテープ

岡田有希子「くちびるNetwork」輝き続ける永遠のラストシングル

アンジーと水戸華之介、日本語による縦書きロックの金字塔「嘆きのばんび」

シブがき隊「スシ食いねェ!」インスタ映えする食ソング?

バク転できないジャニーズ、シブがき隊が「スシ食いねェ!」で極めたアイドル像

贈られた曲は「わがままジュリエット」私がBOØWYワールドに陥落した瞬間

もっとみる≫




共有感満載の80年代洋楽ヒット!ビルボード最高位2位の妙味 vol.50
Burning Heart / Survivor


70~80年代のアメリカ映画で、シリーズ全体として大ヒットしたものと言えば、『ロッキー』シリーズが最も代表的な作品だろうか。シルベスター・スタローンを一躍トップ俳優の座へと導き、老若男女が感動の涙を流した永遠不滅の名シリーズだ。

そして『ロッキー』といえば、そのサントラ盤から主題歌やテーマソングが大ヒットしたのを、ご記憶の方も多いのではないだろうか。シリーズ各作からのヒット曲を挙げてみると

■ロッキー:「ロッキーのテーマ(Gonna Fly Now)」ビル・コンティ(77年1位)
■ロッキー2:「オール・オブ・マイ・ライフ」ビル・コンティ
■ロッキー3:「アイ・オブ・ザ・タイガー」サバイバー(82年1位)
■ロッキー4:「リヴィング・イン・アメリカ」ジェームス・ブラウン(86年4位)
■ロッキー5:「メジャー・オブ・ア・マン」エルトン・ジョン

ロッキーといえばコレ。高揚感をかき立てられるBGMに今だ使用されるビル・コンティのテーマソング! それに続くのが、ソ連(当時)VS米国の構図をアメリカ・アズNo.1の視点から高らかに歌ったJB作品か。それら忘れ難き大ヒット曲にも負けず劣らず、80年代のサントラ・産業ロックブームにうまく乗ったのが、サバイバー「アイ・オブ・ザ・タイガー」だった。

そして、サバイバーはもう1曲 “ロッキー絡み” で大きなヒットを残していた。それが80年代48番目に誕生したナンバー2ソング、サバイバーの「バーニング・ハート」(86年2月2週2位)だ。

サントラ『ロッキーⅣ』からのシングルリリースとなった作品で、実は本国アメリカではJBの「リヴィング・イン・アメリカ」を上回るヒットを記録していた。

いよいよ隆盛を極めつつあった “ハードロックブーム” にも色目を使った「バーニング・ハート」は、80年代洋楽を代表するようなメガヒット「アイ・オブ・ザ・タイガー」には及ばずとも、実は結構高い共有感を誇っている。サバイバー史上、最も大きなヒットと2番目のヒットは両方ともにロッキー絡み。メンバーたちは一生シルべスター・スタローンには足を向けて寝られない。

ちなみに「バーニング・ハート」のトップ到達を阻止していたのが、ディオンヌ&フレンズ「愛のハーモニー(That’s What Friends Are For)」(86年4週1位)。ディオンヌ・ワーウィックを筆頭に、エルトン・ジョン、グラディス・ナイト、スティーヴィー・ワンダーという布陣… そりゃあ、サバイバーでは到底適わないよな。

2018.04.13
13
  YouTube / SurvivorVEVO
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1962年生まれ
KARL南澤
コラムリスト≫
25
1
9
8
4
サバイバーを一発屋にさせなかった男!ジミ・ジェイミソンの功績
カタリベ / 中塚 一晶
23
1
9
8
6
大映ドラマの主題歌にこの洋楽を使いたい、胸アツ!ランキング Part1
カタリベ / DR.ENO
92
1
9
8
2
ソフィー・マルソー主演映画「ラ・ブーム」主題歌はピンクのハート型レコード
カタリベ / 太田 秀樹
60
1
9
8
8
大友克洋の大予言ムービー「AKIRA」が描かれる近未来2019年まであと1年
カタリベ / 鎌倉屋 武士
21
1
9
8
5
ハートが掴んだ空前の成功、時代を手繰り寄せたウィルソン姉妹の強さ
カタリベ / 中塚 一晶
37
1
9
8
0
ウルトラマン 対 ジャッキー・チェン、ゴダイゴ印の主題歌たち
カタリベ / 鎌倉屋 武士