5月11日
サイモン&ガーファンクル@後楽園球場、初夏の夜風と「明日に架ける橋」
32
0
 
 この日何の日? 
サイモン&ガーファンクルが日本で初公演を行った日(後楽園球場2日目)
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1982年のコラム 
やっぱりJAGATARAは厄介だ、常識も非常識も「ナンのこっちゃい」

波の数だけ抱きしめて、1982年夏のマストアルバムは大滝詠一と山下達郎

豪雨の屋上、カッパで特訓!創作ダンスはABCの「ルック・オブ・ラブ」

素直になれなくて... なんて容赦ないスタジオミュージシャンの実力

強者どもの憂さ晴らし!? ベイクド・ポテト・スーパー・ライヴ!

But it's alright! 僕が佐野元春のダウンタウンボーイから教わったこと

もっとみる≫

photo:eil.com  

4月末のポール・マッカートニーの日本公演で、僕は小1になった長男をコンサートデビューさせた。高2の長女も中2の次女もコンサートデビューはポールだった。我ながら徹底している(笑)。

ではその僕のコンサートデビューはというと、洋楽では今から35年前の1982年5月11日(水)、後楽園球場でのサイモン&ガーファンクルのコンサートだったのである。

1981年9月19日にニューヨークのセントラルパークでデュオとして11年振りに本格的なコンサートを行い50万人を集めたサイモン&ガーファンクル(以下S&Gと略)は、翌1982年から83年にかけてワールドツアーに出た。

そのオープニングが日本公演。会場は大阪球場(2公演)と後楽園球場(3公演)。S&Gにとっては何とこれが初めての日本公演だった。

ジョン・レノンが亡くなった後ビートルズに本格的に目覚めた僕が次に魅かれた洋楽がS&Gだった。ビートルズ同様、耳にしたことのある曲がゴロゴロ。

1982年2月にはセントラルパークでのライヴ盤『セントラルパーク・コンサート』が(ベスト盤を除く)12年振りのアルバムとして発表され、レコードレンタルした僕はカセットテープにダビングし、繰り返し夢中になって聴いた。

その歴史的なライヴが日本で再現される。これは行くっきゃない、と高2の僕は迷わず洋楽コンサートデビューを決めたのである。

足を運んだのは後楽園3デイズの中日。同級生の友人♂と一緒に行ったのだが、5,000円のS席ではなく4,000円のA席を選んだ。結果、席は2階席 “ジャンボスタンド” の中程。確か緑の多かったステージは遥か遠くに見えた。

18時45分頃S&Gが登場したが、やはり豆粒の如し。ヘアスタイルと背の高さで何とか2人の区別が付いたのだった。セットリストは基本的にセントラルパークと同じだったが「コンドルは飛んで行く」等日本で初披露の曲も3曲あった。

そしてコンサート終盤17曲め、今は亡き名手リチャード・ティーが馴染みの無い旋律をピアノで弾き始める。暫くしてそれは聞き覚えのあるイントロへと変わり、場内から大きな歓声が上がった。「明日に架ける橋」だ!

最も好きなS&Gナンバーの登場に、僕も一瞬たりと見逃すまいと目を凝らした。そして初めて気が付いた。この曲はアート・ガーファンクルが独りで歌い、作者ポール・サイモンはマイクの前にも立たず、楽器も持たぬことを。

独唱するアートは一人である故に一層遠く小さく見えた。しかし僕は初夏の夜風の感触と共にこの光景を未だ鮮明に記憶している。

終盤には名手スティーブ・ガッドのドラムも加わりアートがハイトーンで絶唱、大団円を迎えた。名曲をオリジナルと同じ歌手が歌うのを生で観る感動、快感を僕はこの時初めて知ったのだった。

そしてそれは35年経った今でも止むことが無い。

コンサートは、そのアレンジが小沢健二の「僕等が旅に出る理由」の間奏でオマージュされたポール・サイモンのソロ曲「追憶の夜(Late in the Evening)」がダブルアンコールでこの夜再度歌われ幕を閉じた。

2階席なのに周りでは立ち上がり踊る親父が続出。高2の僕にとってはこれが洋楽ロックコンサートのノリ初体験でもあった。そしてこの時立てずに踊れなかった10代の僕は、今では若者に煙たがられながら踊る50代のロック親父になってしまっている。

さて、こちらはいつまで続くのやら。

2017.05.12
32
  YouTube / SimonGarfunkelVEVO


  YouTube / Simon & Garfunkel Thailand Fanpage


  YouTube / SimonGarfunkelVEVO
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1965年生まれ
宮木宣嗣
コラムリスト≫
16
1
9
7
8
偉大なるパロディ「ラトルズ」を見ずしてビートルズは語れない!
カタリベ / DR.ENO
38
1
9
8
2
ふたりの Sir が作った究極のジョン・レノン追悼曲:ポール篇
カタリベ / 宮木 宣嗣
15
1
9
8
1
共有感満載の80年代洋楽ヒット!ビルボード最高位2位の妙味 vol.10
カタリベ / KARL南澤
55
1
9
7
9
ポップス史上最も成功した作曲家のクリスマスソングはなんだか寂しげ?
カタリベ / 中川 肇
17
1
9
8
6
ショック!ポール・マッカートニーのアルバムが全米チャート最高30位!?
カタリベ / 宮木 宣嗣
10
1
9
8
7
村上春樹のノルウェイの森を読み、ビートルズのノルウェーの森を聴いた夜
カタリベ / 太田 秀樹
Re:minder - リマインダー