8月8日

衝撃的なタイトル! ジョージ・マイケル「アイ・ウォント・ユア・セックス」

17
2
 
 この日何の日? 
ジョージ・マイケルのシングル「アイ・ウォント・ユア・セックス」がビルボードHOT100で最高位(2位)を記録した日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1987年のコラム 
リック・アストリーでエアロビ・ダンシン♫ もし私がグラマーだったら…

しげの秀一の傑作漫画「バリバリ伝説」荻野目洋子と少年たちの最後の夏

片腕を失ったドラマーと共に… デフ・レパードが挑んだ逞しき作品

資生堂 vs カネボウ CMソング戦争 〜 メセナと映画と外タレと

迷える女子たちを光へ導く聖なるコーラス、竹内まりや「元気を出して」

熱唱「恋のアドバイス」ホイットニー・ヒューストンが心の殻を破った瞬間

もっとみる≫




共有感満載の80年代洋楽ヒット!ビルボード最高位2位の妙味 vol.68


I Want Your Sex / George Michael




ワム! 第2次ブリティッシュ・インベイジョンで世界的ブレイク!


80年代の洋楽シーンを振り返ってみると、それはそれは様々なジャンル/事象が次から次へと生まれて、メインストリームのトレンドセッターになっていたのがわかる。中でも80年代前半から中盤にかけて世界を席巻した “第2次ブリティッシュ・インベイジョン” は、ここ日本でも大きなセールスをあげるスターたちが輩出された、結構なお茶の間感を伴った現象であった。

ゲイリー・ニューマン、ソフト・セル、そしてヒューマン・リーグといった、ニュー・ウェーブ出自の新進アーティストたちが土壌を耕し(80~82年)、デュラン・デュラン、カルチャー・クラブのブレイク(およそ82年終盤以降)で一気に世界のトップ・トレンドとなった第2次ブリティッシュ・インベイジョン。

このトレンドを形成した3大スター(勝手にそう呼んでます!)を挙げるならば、前述のカルチャー・クラブ、デュラン・デュラン、そして彼らより少し遅れて世界的ブレイクを果たしたワム!だろう。

ワム!はジョージ・マイケルとアンドリュー・リッジリーの二人組。82年にはデビューしていたが、その時点では主に日英での人気に留まっていた。アメリカを含む世界的ブレイクを果たしたのが84年後半以降で、86年までのおよそ2年間という短い期間ながらメガヒットを連発する(かの「ラスト・クリスマス」もこの期間)。ほぼすべての楽曲のソングライティング / プロデュースを担っていたジョージ・マイケルが実質上のソロデビュー曲を世に送り出したのは87年後半のことだった。

ジョージ・マイケル、実質上のソロデビュー曲「アイ・ウォント・ユア・セックス」


ワム!時代にもジョージ名義のヒットソングを放ったり、大御所アレサ・フランクリンとのデュエット「愛のおとずれ(I Know You’re Waiting)」(87年1位)を全米ナンバーワンにしたりしていたが、初ソロアルバムからの先行シングルとして満を持してリリースされたのが実質上のソロデビュー曲、それが80年代66番目に誕生したナンバー2ソング「アイ・ウォント・ユア・セックス」(87年8月2位)だ。

これはよく覚えているという方も多いのではないでしょうか。なんといってもこの衝撃的なタイトル…。哲学的な言い回しが含まれながらも、“君とヤリたい…” 的な直接的表現が大半を占める当曲。当然と言えば当然のように地区によっては(特に英語圏)放送禁止になっていた。

しかしジョージ人気は放送禁止程度では揺るぐことはなく、見事各国における大ヒットをモノにしている。エディ・マーフィー主演の鉄板映画『ビバリーヒルズ・コップ2』のサントラに収録するという、盤石のプロモーションも功を奏していたようだ。

その後のシングルカットはすべてがヒットし、アルバムは全世界で2000万枚超のメガセールスを記録するなど、ジョージ・マイケルのソロデビューはワム!を凌ぐ成功を収めた。ワム!時代のアイドル人気を払しょくする意図で「アイ・ウォント・ユア・セックス」を第1弾シングルに据えたのならば、結果としてそれはもう慧眼としか言いようがない。

ブラックミュージックの伝統を正しく継承したジョージ流 R&B


さらには「アイ・ウォント・ユア・セックス」はもちろん、その後のシングルヒット、

■ フェイス(1位)
■ ファザー・フィギュア(1位)
■ ワン・モア・トライ(1位)
■ モンキー(1位)
■ キッシング・ア・フール(5位)

…等は、ブラックミュージックの伝統を正しく継承する意匠が纏われている。直近のプリンス、果てはマイケル・ジャクソン越えを実現することで、ジョージ流 R&B を表現していたのかもしれない。

そしてこの米ブラックミュージックへの憧憬表現こそ、ビートルズやローリング・ストーンズを中心とした60年代の新進英国勢が米ロックンロール(R&B)への憧憬表現した元祖ブリティッシュ・インベイジョンとぴったり合致するではないか。しっかりと英国の先達へのリスペクトを盛り込んでいたジョージ・マイケルは恐るべし存在だったのだ。しかし、享年53(2016年没)、彼の死は本当に早すぎた。


※ KARL南澤の連載「共有感満載の80年代洋楽ヒット!ビルボード最高位2位の妙味」
ジャンル、洋邦、老若男女を問わないヒットソングにある ‟共有感”。米ビルボードのチャートがほぼそのまま日本における洋楽ヒットだった80年代。ナンバーワンヒットにも負けず劣らずの魅力と共有感が満載の時代に生まれたビルボードHOT100 2位ソングを紐解く大好評連載。

■ ジョディ・ワトリー、来るべき R&B ブームの先陣を切ったポップアイコン
■ イマジンにも匹敵!クラウデッド・ハウスが80年代に刻んだ永遠のナンバー
■ ジャム&ルイスで大当たり!ジャネット・ジャクソンのスターダム街道
etc…


2020.02.20
17
  Apple Music
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1969年生まれ
ことえり
今でも大好きです、ジョージ😭😭
2020/02/20 23:38
0
返信
1972年生まれ
岡田 浩史
当時、15歳だった自分は、この曲を背徳感交じりに聴いていました。あと、「この曲、長いな〜」というのが第一印象でしたね。
2020/02/20 17:18
0
返信
カタリベ
1962年生まれ
KARL南澤
コラムリスト≫
38
1
9
8
4
ワム!の「ラスト・クリスマス」を名曲にした9th(ナインス)の魔法
カタリベ / スージー鈴木
56
1
9
8
3
拝啓 ジョージ・マイケルさま、やっぱりあなたは天才でした。
カタリベ / DR.ENO
37
1
9
8
7
ジョディ・ワトリー、来るべき R&B ブームの先陣を切ったポップアイコン
カタリベ / KARL南澤
87
1
9
8
4
UKオールスターズ「バンド・エイド」で締めくくられた1984年のクリスマス
カタリベ / 中川 肇
50
1
9
8
3
世界的大ヒットへの絶妙な布石、カルチャー・クラブのナンバー2ソング
カタリベ / KARL南澤
22
1
9
9
2
愛にすべてを — フレディの魂を呼び戻したジョージ・マイケル
カタリベ /  白石・しゅーげ
Re:minder - リマインダー