7月1日

“黄金の6年間” が幕を開けた年、ついに「スター・ウォーズ」が日本で公開された!

103
1
 
 この日何の日? 
映画「スター・ウォーズ」が日本で劇場公開された日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1978年のコラム 
夏うたはサザンで決まりッ!エロティックワードで大興奮

今だから話そう「新人バンドの見つけ方」ルールよりも情熱が勝つ!

どれも名曲、サザンオールスターズが名曲を生み出すキーコード♪ ②

大正時代のチャーミングレディ「はいからさんが通る」今も口ずさみたくなるアニソン

恐るべし夏のお嬢さん、僕の深層心理に住みつき夏の到来を教えてくれる曲

金曜ドラマ「家族熱」歳を取ってわかった向田邦子と加藤治子のすごさ

もっとみる≫




アメリカン・ニューシネマ全盛期に企画された “スペースオペラ”


物語は、常に最悪のタイミングで始まる。

後に世界的大ヒットを飛ばす映画『スター・ウォーズ』もそうだった。拙著『黄金の6年間 1978-1983 ~素晴らしきエンタメ青春時代』(日経BP)が言うところの”黄金の6年間“―― 音楽、テレビ、映画、文学、広告等々のエンタメの各分野がクロスオーバーを始め、新しい才能や話題作が次々と輩出された1978年から83年に至る6年間―― の象徴とも言える同作だが、そのシリーズ第一作目も、当初はジョージ・ルーカスが映画会社に企画を持ち込むも、ユニバーサルとユナイテッド・アーチスツの2社から門前払いを受ける有様だった。

苦難の末、ようやく企画を拾ってもらえたのが、20世紀フォックスだった。とはいえ、その時の担当者の台詞が痛烈である。「この企画はさっぱり分からないが、君という人間に投資する」――

そう、今日5月4日は「スター・ウォーズの日」。劇中の名台詞”May the Force be with you”(フォースと共にあらんことを)のMay the ForceとMay the 4th(5月4日)を掛けた語呂合わせに由来する。

さて―― 時に1973年、映画界は「アメリカン・ニューシネマ」全盛期だった。ベトナム反戦運動や公民権運動を背景に、反体制的な人物を主人公とした、暴力やドラッグ、セックスを厭わないアンチ・ハッピーエンドの映画が蔓延していた。『俺たちに明日はない』、『イージー・ライダー』、『真夜中のカーボーイ』、『フレンチ・コネクション』、『バニシング・ポイント』、『ダーティハリー』―― etc.

そんな時代に、ルーカスが持ち込んだ企画は、古き良きアメリカの “スペースオペラ” を彷彿とさせるSF娯楽映画。そりゃ、苦戦するのも仕方ない。

ちなみに、スペースオペラとは、1930~40年代に全米で一世を風靡したパルプ・マガジン(粗悪な紙で出来た、派手なイラストが表紙の大衆雑誌)に連載された荒唐無稽なSF小説の総称である。いわゆる「囚われの姫君」「暗黒面の敵」「冒険活劇」「友情もの」といったベタな要素(これ、週刊少年ジャンプの「友情・努力・勝利」にも通じますナ)が物語に盛り込まれているのが特徴だ。

ベトナム戦争の終結、かつての娯楽映画に立ち返るハリウッド


だが、ここで、ルーカスに追い風が吹き始める。1975年4月にサイゴンが陥落、ベトナム戦争が終結したのである。若きアメリカ兵たちは故郷に戻り、心の傷を癒すために、太陽の下でテニスやサーフィン、マウンテンバイク、フリスビーなどのスポーツに打ち込むようになり、西海岸を中心にアウトドア文化が花開く。ちなみに、日本人でその空気の変化にいち早く気付いたのが平凡出版(現・マガジンハウス)の木滑良久サンで、彼は翌76年6月、『POPEYE』を創刊する。

ベトナム戦争後の時代の空気の変化は、アメリカ人の映画の嗜好にも影響をもたらした。いわゆる「アメリカン・ニューシネマ疲れ」だ。代わって台頭したのが、古き良きアメリカン・ドリームを真正面から描いた1976年の映画『ロッキー』だった。同映画は、アカデミー作品賞に輝き、脚本と主演を務めたシルベスター・スタローンは一躍スターになった。

そう、ハリウッドは、かつての娯楽映画全盛期に立ち返ろうとしていた。エンタテインメントの基本は、温故知新である。旧作を学び、リスペクトして、現代風にアップデートする――。

まさに、その方法論を体現しようとしたのが『スター・ウォーズ』だった。ルーカスは尊敬する黒澤明監督の『隠し砦の三悪人』や『椿三十郎』をオマージュしつつ、それらの要素を取り入れ、新しい時代のSF冒険活劇へとアップデートを図った。時代劇の殺陣をヒントに、ライトセーバーを生み出した。オビ=ワンは当初、かつて黒澤組だった三船敏郎にオファーを出すが、断られたので、「顔の出ない役ならどうか」と今度はダース・ベイダーの役をオファーする。しかし、これも断られた。

音楽にもこだわったジョージ・ルーカス、巨匠ジョン・ウィリアムズの起用



ルーカスは音楽にもこだわった。彼が温めていたアイデアは、『ポセイドン・アドベンチャー』や『タワーリング・インフェルノ』、『ジョーズ』などのパニック映画で知られる巨匠、ジョン・ウィリアムズだった。この時の頼み方が面白い。

「この映画は、映像は全て目新しいもので構成されています。だから音楽は逆に、観客に馴染みがあるものにしたい――」

かくしてウィリアムズは、電子楽器は使わず、フル・オーケストラによる「スター・ウォーズのテーマ」を作曲する。そして、ロンドン交響楽団に演奏させたところ、一聴したルーカスは大感激。かの有名な彼自身の言葉「映画の半分は音楽で出来ている」は、この時に生まれたものと言われる。

事実、僕らが映画館で『スター・ウォーズ』シリーズを見る時、冒頭でお馴染みの「A long time ago in a galaxy far, far away...(遠い昔 はるかかなたの銀河系で…)」の文字が無音で数秒間流れたあと、突然、フル・オーケストラの音楽と共に、スクリーンいっぱいに「STAR WARS」のタイトルが現れた瞬間、僕らのアドレナリンは一気に高まる。「映画の半分は音楽で出来ている」は、あながち大袈裟な話じゃない。

試写後は罵倒大会… ただ一人絶賛したスティーブン・スピルバーグ


1977年5月。映画の公開に先だって、ルーカスは親しい映画仲間を自宅に招いて、完成前のラッシュフィルムの上映会を催した。しかし、2時間後、部屋にいる誰からも拍手はなく、皆、沈黙した。しばらくすると、口々に忌憚のない罵倒大会が始まった。ルーカスは意気消沈する。

しかし、その中で一人、絶賛する者がいた。「いや、素晴らしい! この作品はきっと1億ドル以上を稼ぎ出すよ」―― スティーブン・スピルバーグだった。

なんと、この時点で、スピルバーグはルーカス以上に『スター・ウォーズ』を評価していた。そこで2人は奇妙な取り決めを交わす。それは、同時期に公開される互いの映画―― 『スター・ウォーズ』と『未知との遭遇』の印税の2.5%を交換するというもの。おかげで、今日までスピルバーグは巨額の印税収入を受け取っているという。

1977年5月25日、全米で『スター・ウォーズ』が公開された―― と言いたいところだが、この時点で封切られた上映館はわずか32館。配給元の20世紀フォックスの期待値の低さを表していた。当のルーカスはと言うと、不入りを恐れる余り、ハワイに避難。電話にも一切出なかったという。

ところが―― 公開初日、ロサンゼルスのチャイニーズ・シアターは、観客が幾重にも取り囲む非常事態に。皆、『スター・ウォーズ』を見に来た人々だった。映画は初日から大ヒット。その知らせをハワイにいるルーカスに一番に知らせたのは、友人のスピルバーグだった。結局、スピルバーグが予言した1億ドルの稼ぎも3ヶ月で達成し、同映画は最終的に全米で4億6000万ドル、全世界で8億ドルという空前絶後の記録を打ち立てる。

日本での劇場公開は1年後、黄金の6年間が幕を開けた1978年!


さて―― そんな『スター・ウォーズ』の噂は早速日本にも伝わるが、日本公開はずっと焦らされ、映画雑誌などで断片的な情報を得るしか、当時の僕らに術はなかった。むしろ日本では、既に『ジョーズ』で名が知られていたスピルバーグ監督の『未知との遭遇』の方が前評判は高く、テレビでしばしば特集が組まれた。

そして時代は1978年を迎える。まず2月に『未知との遭遇』が封切られるが、一部に熱狂的なファンを生むも、意外に難解なストーリーに、僕ら小学生の間では今ひとつの評判に留まる。一方、『スター・ウォーズ』は飢餓感も手伝い、日に日に期待値が高まった。僕らは公開日を今か今かと待ち受けた。

その日がやってきた。本国から遅れること実に1年1ヶ月―― 今から44年前の1978年7月1日、満を持して、映画『スター・ウォーズ』が日本で封切られたのである。

今思えば、それは「黄金の6年間」の幕開けの年でもあった。時代の転換期の波に乗れたことが功を奏したのか、同映画は日本でも大ヒットする。結果的に、本国との1年1ヶ月のタイムラグは、むしろプラスに働いたのかもしれない。

実際、『スター・ウォーズ』はその後、続編の『帝国の逆襲』が1980年、3作目の『ジェダイの復讐(現・ジェダイの帰還)』が83年公開と、見事に初期3部作が「黄金の6年間」と同調する軌跡を見せる。スペースオペラをベースとしたストーリーは10代の僕らにも分かりやすく、もちろん、全て劇場で見た。

そして気が付けば、僕らは『スター・ウォーズ』を通して、ハリウッド映画のファンになっていた。角川映画を除けば、当時の邦画はどこか暗く、ユーモアに欠け、それでいて濡れ場があり――、デート・ムービーと言えば、ハリウッド映画の独擅場だった。ハラハラして、キュンとして、最後にスカッとハッピーエンド。その後の彼女との会話も弾んだ。これが、アメリカン・ニューシネマだったら、どうなっていたことやら。

ありがとう、ルーカス!


編集部より:
リマインダーの人気連載『黄金の6年間』が待望の書籍化


音楽、テレビ、映画、文学の各分野がクロスオーバーを始め、新しい才能が芽生えた1978~1983年。この「黄金の6年間」になぜエンタメ界が進化し、優れたクリエイターや話題作が次々と生まれ、今につながるスタンダードになり得たのか。その深層を読み解いていくリマインダーの人気連載が『黄金の6年間 1978-1983 ~ 素晴らしきエンタメ青春時代』として書籍化されました。全国の書店、電子書籍にてお買い求めいただけます。


※2019年7月1日に掲載された記事をアップデート

▶ 映画・ミュージカルに関連するコラム一覧はこちら!



2022.05.04
103
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1967年生まれ
指南役
コラムリスト≫
72
1
9
7
9
日本映画最強タイトル「戦国自衛隊」薬師丸ひろ子も出演した青春群像劇!
カタリベ / 指南役
52
1
9
8
1
新しいクルマ文化の始まり「ホンダ・シティ」とマッドネスのムカデダンス
カタリベ / 指南役
74
1
9
7
8
前時代の歌番組を葬った「ザ・ベストテン」それは黄金の6年間が幕開けた瞬間!
カタリベ / 指南役
72
1
9
7
8
黄金の6年間:映画「男はつらいよ」変化の時代に繰り返される黄金の様式美
カタリベ / 指南役
53
1
9
7
8
黄金の6年間:成りあがった矢沢永吉「俺、矢沢。ヨロシク!」
カタリベ / 指南役
73
1
9
8
2
黄金の6年間:サザンの「チャコの海岸物語」は桑田佳祐の確信犯的照れ隠し?
カタリベ / 指南役