6月18日
僕にとっての耳の虫、フリートウッド・マックの「ホールド・ミー」
38
0
 
 この日何の日? 
フリートウッド・マックのアルバム「ミラージュ」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1982年のコラム 
稲刈りなのか安来節か!? ブライアン・フェリー紙一重のダンディズム

【R.I.P.】デヴィッド・ボウイは最高のムービー・スターマン!

手品師御用達!スティーヴ・ミラー・バンドの「アブラカダブラ」

胸に沁みるビブラート、ビートたけしのバラードは静かに聴け!

ユーミンの都市伝説と女子高生、ショッピングモールでトレンドを摑め!

ジャニーズの王道 近藤真彦、生で1日6回聴いたハイティーン・ブギ!

もっとみる≫

photo:FANART.TV  

「イヤーワーム(耳の虫)」という現象をご存じだろうか。そう、頭(心)の中で特定の曲が繰り返される、俗にいう “音楽が頭にこびりついて離れない” という現象のことだ。

このイヤーワームという言葉は、神経科学や心理学の分野での言葉で、一般的には不快感を訴える人が多い現象で、その不快感を解消するために研究されているとのこと。寝ようと思って布団に入っても、頭の中で音楽が鳴っていて眠れなくて困った、という経験をかなりの人がしていると思うけど、僕はこのイヤーワームという現象が嫌いではない。むしろ大歓迎で、どんな曲が流れてくるだろうかと楽しんでいるくらいだ。

フリートウッド・マックの「ホールド・ミー」は1982年に発売されたアルバム『ミラージュ』に収録され、初めにシングルカットされた曲だ。この曲は僕にとって非常に印象に残っている曲で、出会ってから33年、僕のイヤーワーム登場回数No.1の曲と言ってもいいと思う(多分だけど)。何故、この曲がイヤーワーム登場回数No.1なのか。ちょっと自分なりに考えてみた。

まずは、もちろん曲そのものが美しく大好きであること。クリスティン・マクヴィーとリンジー・バッキンガムのツインヴォーカルが魅力的で、ピアノが印象的なこの情熱的なラブソングを初めて聴いた時、僕は一瞬で虜になってしまった。一度聞いただけで忘れない、初めて聴いたのに初めて聴いた気がしない、という僕が名曲と認める定義にピッタリ嵌っている。初めて聴いた(観た)のはMTV、発売から2年後の1984年だ。誰の曲だろうとクレジットを見たらフリートウッド・マックの曲だと知って、かなりビックリしたのを覚えている。なぜビックリしたかを説明するには、僕とフリートウッド・マックとの出会いに遡る必要がある。

僕がフリートウッド・マックの存在を知ったのは高校1年生の時。ハードロックに出会い、ディープ・パープルに嵌り、いろいろ調べたりしている時のこと。僕が最も尊敬するピアニストでありキーボード奏者であるジョン・ロードが、ステージ上で操るハモンドオルガンは、フリートウッド・マックのジョン・マクヴィーから譲り受けたものだと知った時だ。

すぐにフリートウッド・マックについて調べ始めた。あのジョン・ロードにオルガンを譲るくらいだからきっと凄いグループに違いないと。確かに凄いグループだった。フリートウッド・マックの事を語るにはとてもスペースが足らないので割愛するけど、結局僕はフリートウッド・マックには嵌ることができなかったんだ。1977年に発売され、現在までに全世界で5,000万枚近いセールスを誇る伝説のアルバム『噂』も何回も聴いたけど嵌らなかった。自分から嵌りたいと思い、結果嵌れなかった(好きになれなかった)ビックネームのグループは、フリートウッド・マックとレッド・ツェッペリンくらいかもしれない。

ホールド・ミーは、フリートウッド・マックの80年代最初の曲。60年代から70年代の彼らに嵌ることは出来なかったけど、80年代の彼らに嵌ることが出来たといううれしさ。この曲が未だに印象に残っている最大の理由は、このうれしさからかもしれない。

この曲のPVもこの曲が印象に残っている理由のひとつだ。フリートウッド・マックが自身の演奏シーン以外で初めて作ったPVとなっている。そうか、MTVの時代、ベテランのフリートウッド・マックもこうきたかと、ちょっと寂しく思ったことを覚えている。MTVの出現は、彼らのようなベテランバンドにも商業性を求めることになる。僕はこの曲で、ハッキリと音楽業界が新しい時代に入ったと確信したんだ。

大好きだった70年代に別れを告げるきっかけになり、80年代という新しい時代に突入したことを僕に認識させた「ホルドー・ミー」。今夜もイヤーワームに登場するだろうか。僕はいつでも大歓迎です。

2017.02.22
38
  YouTube / StevieNicks
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1965年生まれ
藤澤一雅
コラムリスト≫
46
1
9
8
9
ティアーズ・フォー・フィアーズ、UKロックの結晶的作品がコレだ!
カタリベ / 中川 肇
51
1
9
8
0
デイヴィッド・カヴァデールは僕の中に君臨するNo.1ヴォーカリスト!
カタリベ / 藤澤 一雅
25
1
9
8
5
ディープ・パープル再結成!武道館に「ハイウェイ・スター」が鳴り響く
カタリベ / 宮井 章裕
61
1
9
8
5
ディープ・パープル再結成、僕はその時5人のレジェンドを目撃した!
カタリベ / 藤澤 一雅
23
1
9
8
0
爆走ロックンロール! スピードの魔力を教えてくれたモーターヘッド
カタリベ / 中塚 一晶
54
1
9
8
3
これぞアイアン・メイデンの完成形、アルバム「頭脳改革」を聴いてみて!
カタリベ / 藤澤 一雅
Re:minder - リマインダー