12月

死にもの狂いのエアチェック♪ 追憶のヒロイン、カースティ・マッコール

29
0
 
 この日何の日? 
カースティ・マッコールのシングル「ニュー・イングランド」が全英でリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1984年のコラム 
幻の1曲、バンド・エイドの向こうを張ったクイーンのクリスマスソング

クリスマスミュージックが嫌いな人のためのクリスマスミュージック?

まさにワーカホリック、80年代に世界で最も活躍したアーティストは?

カセットテープで曲をプレゼント、そして僕は霧雨で途方に暮れる

時を超えても止まらない「ゴーストバスターズ」のワクワク感!

UKオールスターズ「バンド・エイド」で締めくくられた1984年のクリスマス

もっとみる≫






photo:kirstymaccoll.com  

音楽の魅力に憑かれた80年代の中高生にとって、FMラジオのエアチェックは必修科目だった。

田舎だったので FM といえば当時は NHK しかなかったが、それでも FM情報誌に蛍光ペンで印をつけて、オンエア曲をチェック。ラジカセを一時停止状態にして DJ の喋りが途切れる瞬間に集中するあのときのドキドキ、どうしても録音したい曲を録る “死にもの狂い” を懐かしく思う。

当時もっともエアチェックに利用した番組は、毎週日曜の18時から放送されていた『リクエストコーナー』という番組。名前のとおり、リスナーのリクエストに応える番組ではあるが、月に一度の企画番組を除いて、全米チャートを上昇している曲をいち早くかけてくれるのがありがたかった。

パーソナリティの石田豊氏は確か NHK の本職アナウンサーだったと思う。声の感じから、けっこう年配の方なのだろうか… と思ったものだが、今となってはよくわからない。とにかく、当時の洋楽番組らしくない落ち着いた口調の DJ。そのおかげで喋りと曲の切れ目がわかりやすく、録音をミスることはほとんどなかった。

この番組の極私的な目当ては、最後の10分ほどで UKチャートの注目曲を2曲かけてくれることだった。全米チャートに上がるような曲は、だいたい国内盤もリリースされる。しかし UKチャートは、そうはいかない。リリースされたとしても、本国からかなり遅れての発売というのはザラだ。田舎だから輸入盤も気軽には買えない。

以前コラムに書いたが、ザ・ジャムの最後のシングル「ビート・サレンダー」は一年、ザ・スタイル・カウンシルの「ソリッド・ボンド・イン・ユア・ハート」はそれ以上、国内盤が出るまで待たねばならなかった。どちらも『リクエストコーナー』でエアチェックした曲だ。

そこで録音してベタ惚れした UKチャートのヒット曲リストに、85年早々、新たな曲が加わった。カースティ・マッコールの「ニュー・イングランド」。これがとてつもなく良い曲で、何度も何度も繰り返し聴くことになった。

カースティ・マッコールという名を意識したのはこのときが初めてだが、前年に大ヒットしたトレイシー・ウルマン「夢みるトレイシー(They Don't Know)」のオリジネイターと知り、俄然興味が湧いた。もう少し後になって、「ニュー・イングランド」が “ひとりクラッシュ” の異名を取っていたビリー・ブラッグのカバーであることを知り、さらにのめりこんだ。

―― が、この曲もまた、国内盤レコードが出なかった。このシングルだけではない。他のシングルはもちろん、81年に出たというデビューアルバムさえ日本ではリリースされていない。87年暮れにイギリスで大ヒットした、ザ・ポーグスとのコラボ曲にしてクリスマスソングの定番「ニューヨークの夢(Fairytale Of New York)」が、マッコール名義による日本初上陸の曲となった。

86年に上京した自分は、UKリリースから一年以上を経て、都内の輸入盤屋でこのレコードを手に入れた。国内盤としての「ニュー・イングランド」のリリースは結局、90年代のベスト盤を待たねばならなかった。

情報も楽曲も手軽に楽しめる今となっては笑い話だが、レコードを買うのはもちろん、たった一曲のエアチェックにしても必死の時代があった。必死だったから、30年以上を経た今でも記憶に残っている。だからこそ、カースティが2000年12月に突然、事故死したのはショックだった。

“死にもの狂い” を懐かしく思うのは、あの頃の情熱が失せたから… なんて年寄りくさいことは言わないでおこう。

2019.01.09
29
  Apple Music
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1966年生まれ
ソウママナブ
コラムリスト≫
24
1
9
8
7
クリスマスソングの裏名曲「ニューヨークの夢」を描くポーグス!
カタリベ / DR.ENO
14
1
9
8
8
すべての人に訪れるクリスマスの夜 ー ポーグスが奏でるニューヨークの夢
カタリベ / 本田 隆
35
1
9
8
3
ひときわ輝いた瞬間の記録、トレイシーとカースティのドリーミーな名曲
カタリベ / 宮井 章裕
50
1
9
8
4
クリスマスミュージックが嫌いな人のためのクリスマスミュージック?
カタリベ / 中川 肇
21
1
9
8
6
プリティ・イン・ピンク、映画ほど知られてないサイケデリック・ファーズ
カタリベ / DR.ENO
32
1
9
8
3
元旦といえば「ニュー・イヤーズ・デイ」失敗だって成功の場合もある!
カタリベ / 阿野仁マスヲ
Re:minder - リマインダー