7月
ジョン・クーガー、懐メロになんかならない「ジャックとダイアンの物語」
27
0
 
 この日何の日? 
ジョン・クーガーのシングル「ジャック&ダイアン」がリリースされた月
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1982年のコラム 
僕にとっての耳の虫、フリートウッド・マックの「ホールド・ミー」

胸に沁みるビブラート、ビートたけしのバラードは静かに聴け!

ジャニーズの王道 近藤真彦、生で1日6回聴いたハイティーン・ブギ!

スウィート路線なのに甘くない、PANTAのサマーソングは「人類最後の日」

教えて明菜ちゃん、前髪のウェーブってどんな感じ?

2019年を描いた二つの映画、ブレードランナーとAKIRA

もっとみる≫

photo:EIL.COM  

ジャック&ダイアン、この曲を初めて聴いてからかなりの月日が経つが、未だに聴き続けている理由は一体なんだろう。アメリカ中西部の田舎町に暮らす「ジャックとダイアンの物語」は、30年以上前の高校生にアメリカへの憧憬を抱かせ、知名の今となっても感情のひだを揺さぶり続けている。

曲の冒頭から飛び出てくるのはこんなワードだ。アメリカンキッズ、グローイングアップ、ハートランド、フットボールスター、バックシート、チリドッグ、テイスティフリーズ、ボビーブルックス。今となっては何てことないありふれた言葉だが、当時は実に新鮮な響きだった。アメフトやチリドッグは僕の周りに無かったし、テイスティフリーズやボビーブルックスなんて何のことか全く分からなかった(ファストフードのチェーン店と服のブランドであることが後に判明)。

ともあれ、彼の歌に出てくる英単語を丁寧に紡ぎ合わせていくと「いかにも」といったアメリカの田舎町に暮らすティーネイジャーの情景が目に浮かんでくる。80年代初頭はアメリカに対する憧れがとても強い時代ではあったが、キラキラと輝くウエストコーストやアーバンなニューヨークよりも、僕にはこんな朴訥としたアメリカがとても魅力的に映った(実際の環境は恐ろしく保守的な土地柄なんだろうが)。

そんな古びた田舎町を捨て都会への逃避行を企てるジャックとダイアン。ただ、実行したかどうかを歌詞から読み取ることはできない。ジョン・クーガーにとって、ビッグシティに飛び出そうがスモールタウンに留まろうが、そんなことは大きな問題ではなかったのだろう。いずれを選ぼうとも、生きていく限り大人にならなくてはならないし、子供のままでいることは不可能なのだ。その上で「ジャックとダイアンの物語」はこう歌われる。

Oh yeah, Life goes on(人生は続いていく)
Long after the thrill of livin is gone(スリルが去った後もずっと)
They walk on(歩き続けよう)

永遠と瞬間、若さと老成、退屈と興奮、疾走と停滞、ネガティブとポジティブ。そんなアンビバレントな気持ちを行ったり来たりさせながら、ギリギリのところで折り合いをつけて懸命に生きるジャックとダイアン。でも、そんな感情はティーネイジャーだけのものではない。必死にもがきながらもベストを尽くす人間の物語は、いつの時代もサヴァイヴできる力を持っている。リリースから何十年経とうが、時間という荒波を越え、決して懐メロなんかにはならずに生き残るのである。


豆知識:
ジョン・クーガーはデヴィッド・ボウイのマネジャーであったトニー・デフリーズに見出されました。そんな縁もあって、この曲のギターには「ジギー・スターダスト」などでも名プレイを披露したミック・ロンソンが参加しています。

2016.06.21
27
  YouTube / JohnMellencampVEVO


  YouTube / 1980'sRare&Unreleased
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1966年生まれ
太田秀樹
コラムリスト≫
22
1
9
8
2
ちょっとイナタいあんちゃん風情、いよいよブレイク!ジョン・クーガー
カタリベ / KARL南澤
22
1
9
8
5
全米ナンバー1のシンガーソングライターが河合奈保子に提供した王道AOR
カタリベ / 千代田区のUra
40
1
9
8
8
氷室京介の本質、シングルB面はデヴィッド・ボウイとモップスのカヴァー
カタリベ / ジャン・タリメー
23
1
9
8
7
80年代のクリスマスアルバムは「クリスマス・エイド」で決まり! #3
カタリベ / 太田 秀樹
45
1
9
9
0
東京ドームのデヴィッド・ボウイ、これが最後の「ロックンロールの自殺者」
カタリベ / 宮木 宣嗣
59
1
9
8
7
80年代のクリスマスアルバムは「クリスマス・エイド」で決まり! #1
カタリベ / 中川 肇
Re:minder - リマインダー