4月10日
先輩からの愛のムチ?ゴーゴーズのトップを阻んだジョーン・ジェット
17
0
 
 この日何の日? 
ゴーゴーズのシングル「ウィ・ガット・ザ・ビート」がビルボードHOT100で最高位(2位)を記録した日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1982年のコラム 
フォークランド紛争勃発!「喜多郎」はロンドン在住日本人の清めの儀式!?

J-POP界の開発屋、なぜ角松敏生はいつも早すぎるのか? vol.1

道玄坂の渋谷緑屋、東京ホリデーボールで気分はゲームセンターあらし!

糸井重里の「YOU」教授の奏でるピアノソロと誰かの声に耳を傾けた夜

ありふれたアメリカを映し出すロックサウンド、それがジョン・クーガー

角川三人娘・渡辺典子、デビューから「晴れときどき殺人」に至るいばら道

もっとみる≫

photo:Discogs  

共有感満載の80年代洋楽ヒット!ビルボード最高位2位の妙味 vol.20
We Got The Beat / The Go-Go’s


女性メンバーのみで構成された、いわゆるガールズグループ(バンド)の歴史は1960年代まで遡ることができる。70年代でいえば日欧で大きな人気を博したスージー・クアトロ(バンド)や、瞬間的に地上波テレビをも席巻したランナウェイズ(衝撃の下着演奏!)あたりは、50代以上の日本人にとっては強烈な印象に残っているだろう。

では80年代のガールズロックバンドといえば… 全米ナンバーワン2曲を含む多くのヒットを80年代後半に輩出したバングルスが筆頭に挙げられるが、バングルス出現以前の80年代前半はゴーゴーズの存在抜きには語ることはできない。

LAで結成されたゴーゴーズは81年にメジャーデビュー、スペシャルズのテリー・ホールが在籍した英グループ、ファン・ボーイ・スリーが関与した初シングル「泡いっぱいの恋(Our Lips Are Sealed)」が中ヒット、続く翌年のシングル曲でグループ史上最大のヒットソングを放っている。それが80年代18番目に誕生したナンバー2ソング「ウィ・ガット・ザ・ビート」(82年4月2位)だ。

ゴーゴーズ・レパートリーの中では、セカンドアルバム『ヴァケイション』からのファーストカットで底抜けに明るい極上ポップチューン「ヴァケイション」が、日本において最も認知度の高い作品だろうが、それに勝るとも劣らぬヒット感を伴っていたのが「ウィ・ガット・ザ・ビート」である。

アンダーグラウンドなテイストを絶妙に醸し出させたストレートロックな作風に、あくまでもポップさへの追及と(演奏テクよりも)フレッシュさや勢いを印象付けることに腐心した感じを前面に押し出して、ある意味痛快な一撃がヒットチャートを見舞ったというわけだ。

それほどこの曲には、粗削りながらも到底抗えない鮮烈な魅力が溢れていたし、ゴーゴーズ史上最大のヒットというのも納得できよう。「ウィ・ガット・ザ・ビート」のヒットからほどなくして、粗削りな魅力満載なデビューアルバム『ビューティ・アンド・ザ・ビート』(秀逸なタイトル!)はアルバムチャートのトップに躍り出て、シングルでは成しえなかった全米制覇をアルバムで達成している。

ちなみに「ウィ・ガット・ザ・ビート」のトップ到達を阻んだのは、ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ「アイ・ラヴ・ロックンロール」。そう、ジョーン・ジェットは、ガールズロックバンドとしてはゴーゴーズの先輩であるランナウェイズの元メンバー。これは先輩の愛のムチだったのだろうか。

しかし、リード・シンガーだったべリンダ・カーライルは86年にソロデビュー、「ヘヴン・イズ・ア・プレイス・オン・アース」で悲願の全米シングルチャート1位を獲得している。

2017.03.30
17
  YouTube / emimusic 
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1962年生まれ
KARL南澤
コラムリスト≫
23
1
9
8
2
眩しすぎた西海岸の夏、ゴーゴーズのバケーションはヴェイケイション!?
カタリベ / 太田 秀樹
20
1
9
8
2
憂鬱度200パーセント増!そこがよかったFB3とテリー・ホール
カタリベ / ソウマ マナブ
21
1
9
8
1
1981年夏、アイスクリーム・エクスプレスとビートを手に入れたゴーゴーズ
カタリベ / 時の旅人
14
1
9
7
9
地味ながらセンス抜群、天才テリー・ホールの魅力「スペシャルズ」篇
カタリベ / DR.ENO
22
1
9
8
2
ブラック・キャッツ!ゴーゴーズに抜擢された原宿ロカビリーレジェンド
カタリベ / 本田 隆
8
1
9
8
5
地味ながらセンス抜群、天才テリー・ホールの魅力「カラーフィールド」篇
カタリベ / DR.ENO
Re:minder - リマインダー