9月8日
プリンス初来日公演30周年記念、歴史に残る横スタ狂乱のオープニング!
20
0
 
 この日何の日? 
プリンスの初来日公演が「横浜スタジアム」で開催された日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1986年のコラム 
私とハマショーのめぐり逢い、ガール・ミーツ J.BOY!

J.BOY 30th Anniversary:少年だった大人たちよ、今こそこのアルバムを!

マリーンの「ジャスト・ア・ウーマン」、凛とした女子力に一目惚れ!

80s音楽にビジネスを学ぶ:シンディのアトラクション&リテンション #2

魂を揺さぶる加藤登紀子の歌声「時には昔の話を」はノスタルジーを超える

田中泰延が会社を辞めたもう一つの理由、ジグ・ジグ・スパトニックと布袋寅泰

もっとみる≫

photo:WIRED  

プリンスの初来日公演は1986年9月。『パープル・レイン』(’84年)ツアーではなく、『アラウンド・ザ・ワールド・イン・ア・デイ』(’85年)の後にはツアーが無く、この年発表の『パレード』を受けてのツアーであったが、クリエイティビティ的には引き続きピークの中での来日だった。

よって人気もまだまだ凄く、朝刊で新聞発表を見て友人にプロモーターに整理券を取りに行ってもらったのだが、結果は横浜スタジアムのスタンド、それも18列めだった。

横スタ2デイズの初日9月8日(月)、前座のシーラ・Eはやはりスタンドからは小さく見えた。35分の休憩が入る。ここで奇跡が起こった。僕と友人の所に女性が2人やって来て、アリーナの後方だとステージが全く見えないので席を交換して欲しいというのだ。なぜスタンドの最前列ではなく中程の僕らに? そんな野暮なことを聞く間も惜しんで僕らはアリーナに降り立った。オレたち “わらしべ長者!?” 53列めと後ろも後ろだったが、プリンスをアリーナで観られるのだ!

18時55分、前作のタイトル曲「アラウンド・ザ・ワールド・イン・ア・デイ」でライブは幕を開けた。が、実際には曲が始まっても幕は閉じたままでプリンスの姿は見えなかった。これがまた場内の興奮をいやが上にも高めた。2コーラスめになっても幕が開かずこの曲はこのままなのかと思った矢先、間奏に突入すると同時に幕が開き、『パレード』のジャケットと同じコスチュームのプリンスがシャウトと共に現れ、軽快なダンスを見せた。

その瞬間、総立ちだった周りの観客は皆歓声を上げながら椅子の上に立ったのである。アリーナ後方でただでもステージが見辛く、この席を譲ってくれた女性達の気持ちがよく分かったのだが、いよいよ何も見えなくなってしまい僕らも椅子の上に立たざるを得なかった。曲は『パレード』のオープニングナンバー「クリストファー・トレイシーのパレード」そして「ニュー・ポジション」とメドレーで続いたが、この間皆椅子の上に立ち続け、足許が不安定な中身体を揺らし声を上げた。

続くスローな「アイ・ワンダー・ユー」で漸く係員に制され皆椅子から降りたのだが、後にも先にもこんなに混沌としたオープニングは無かった。このライブが歴史的なものになるのはこの時既に約束されていたのである。もちろん、風吹く中でプリンスがギターをかき鳴らした最後の曲「パープル・レイン」も、多くの人が語るように30年経った今でも鮮明に覚えている。

僕らは間違い無く歴史を目撃したのだ。そして翌9日のコンサートは、奇しくもザ・レヴォリューション最後のコンサートとなっている。伝説は完成した。

2016.09.08
20
  YouTube / Nils de Bruin
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1965年生まれ
宮木宣嗣
コラムリスト≫
43
1
9
8
6
四月に雪が降ることもある、ありがとうプリンス… 感謝してる
カタリベ / 太田 秀樹
28
1
9
8
2
プリンスとエロ、ランジェリー姿のヴァニティ6から始まった女達への賛歌
カタリベ / ソウマ マナブ
15
1
9
8
4
双璧だったマイケルとプリンス、そしてスリラーとパープル・レイン
カタリベ / ジャン・タリメー
10
1
9
8
2
プリンスとマイケルはコインの裏表、その始まりは「1999」!?
カタリベ / ジャン・タリメー
102
1
9
8
4
中学時代の英語教師はミネアポリス出身でプリンスの同級生だった!
カタリベ / 瑠璃土
14
2
0
0
7
さよなら殿下、ハーフタイムショーでの感動的エンディングは忘れない
カタリベ / DR.ENO
Re:minder - リマインダー