2月20日

映画「ブレックファスト・クラブ」とシンプル・マインズが忘れさせないもの

8
3
 
 この日何の日? 
シンプル・マインズのシングル「Don't You (Forget About Me)」が全米リリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1985年のコラム 
今週のスポッ・・・トライト! 回転扉の向こうからやってきたヒット曲

永遠のスタンダード「ふられた気持」私的ベストカヴァーはコレ!

いきなりの従姉妹越え、ホイットニー・ヒューストンの鮮烈デビュー!

どうなる!? 鼻歌検索アプリでディスコクラシックをハミングしてみた!

唯一無二な歌声の魅力、斉藤由貴はまるでシャーマン

斉藤由貴「卒業」80年代に誕生した昭和の卒業ソング

もっとみる≫



photo:IN THE STUDIO  

僕が高校生の時『glee』というテレビドラマを観ることが、友人の間で流行した。今でも中高生の支持を集めているそのストーリーは、ハイスクール生活に溶け込めない、はみ出し者が中心。そのDNAは『ビバリーヒルズ高校白書』譲りのものであろう。それをさらに辿れば、「高校生」の「等身大」の悩みを扱うという手法の原点にして最良の映画である、85年公開の『ブレックファスト・クラブ』に出会うことになる。

土曜日の朝、補講に呼ばれた5人の問題児。それぞれが強烈な個性を持っていて、思春期の悩みがすべて集まったかのようだ。物語はデヴィッド・ボウイの素晴らしい箴言から始まる。もうその時点で、初めてこの映画を観た17歳の僕の心はガッツリと掴まれてしまった。『フットルース』や『フラッシュダンス』など、ロックと映画の素敵な出会いが生まれた80年代の映画の中でも、この映画は際立って優れている。何しろロックの初期衝動である「思春期の鬱憤」それ自体が映画のテーマなのだから! 

登場人物のうちの一人、「バスケット・ケース」(どうしようもないビョーキなヤツという意味のスラング)の女の子がプリンスのレコードを取り出したり、「例の」マッドネス・ダンスが出てきたり、小道具にも凝っている。ロック好きとして知られる監督のジョン・ヒューズらしいお遊びだ。

しかし、なんといってもこの映画はシンプル・マインズの『Don't You (Forget About Me)』なしには語れない(逆もまた然り)。ラストシーンに「君の悩みを教えてよ・僕はそれを受け入れるよ・だから僕を忘れないで」と歌うこの曲がかかるのだから、完璧である。しかし、その「出来過ぎ」具合に、素直にこの映画が好きだと言えなかったのが若さというもの。この映画が好きだという思いは、自分の隠していた弱さを認めてしまうようでイヤだったのだ。

今になって素直に「好き」と言えるようになった僕はそんな「青さ」を忘れ『心が死んだ』のだろうか。そんな思いを、今でもあの目頭と心を熱くさせる「ヘイ!ヘイ!ヘイ!ヘイ!」というシャウトが、バッサリ否定してくれる。

2016.05.13
8
  YouTube / SimpleMindsVEVO
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1991年生まれ
 白石・しゅーげ
「ブレックファスト・クラブ再会!」みたいな記事がかなりありましたね。初めてスクールカーストを前面に出した映画ということで、ノーベル賞的な価値を持っていると思います!
2016/05/13 20:06
1
返信
1967年生まれ
平マリアンヌ
私もこの映画大好き!スクールカーストばらばらの子たちが心通わせるんだよねー。この時期のジョン・ヒューズ映画はいい!
去年、公開から30周年とかで、アメリカではイベントあったけど、日本ではさっぱりでしたね。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」よりこっちよ、と思いました。
2016/05/13 15:23
1
返信
カタリベ
1991年生まれ
 白石・しゅーげ
コラムリスト≫
57
1
9
8
5
1985年の貸レコード事情♪ あの夏、スミスに出会った “友&愛”
カタリベ / 親王塚 リカ
19
1
9
8
4
双璧だったマイケルとプリンス、そしてスリラーとパープル・レイン
カタリベ / ジャン・タリメー
41
1
9
8
2
一発屋!? トニー・バジルとデヴィッド・ボウイの浅からぬカンケイ
カタリベ / 宮木 宣嗣
85
1
9
8
6
ボン・ジョヴィが勝負を賭けた名盤「ワイルド・イン・ザ・ストリーツ」
カタリベ / 藤澤 一雅
82
1
9
8
0
宝焼酎「純」デヴィッド・ボウイが CM 撮影に指定した枯山水庭園の深遠
カタリベ / 宮木 宣嗣
55
2
0
2
0
ジョン・レノン生誕80周年記念ベストアルバム、プロデューサーは愛息ショーン
カタリベ / 宮木 宣嗣