2月15日

歌うの大好き!エルヴィス・コステロ「ゲット・ハッピー」のエネルギー

7
0
 
 この日何の日? 
エルヴィス・コステロ&ジ・アトラクションズのアルバム「ゲット・ハッピー!!」が英国でリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1980年のコラム 
資生堂 vs カネボウ CMソング戦争 〜 ピーチパイの迷い道クネクネ

ロック史上最強キャラ!殺人鬼からジェット機になったエディ・ザ・ヘッド

ターニング・ジャパニーズ、40年前の日本人イメージを再確認せよ!

エルヴィス・コステロ「ゲット・ハッピー」魔法の詰まった玉手箱♪

地獄の黙示録、ワルキューレの騎行が鳴り響くときボクはテンパっている

コロナ禍に思う「地獄の黙示録」狂ってるのは自分なのか、世の中なのか!?

もっとみる≫



photo:UNIVERSAL MUSIC   

リ・リ・リリッスン・エイティーズ ~ 80年代を聴き返す ~ Vol.12
Elvis Costello / Get Happy!!


ロックの殿堂にも入っているエルヴィス・コステロ


英国の男性ソロアーティストの中で、エルヴィス・コステロはまぎれもないビッグネームですね。あの「ロックの殿堂(Rock and Roll Hall of Fame)」にも入っているし、いろんなランキングで名高いローリングストーン誌の「史上最も偉大な100組のアーティスト(the 100 Greatest Artists of All Time)」(2004年)のひとりとして選ばれてもいます。活動は実に活発で、1977年のデビュー以来、オリジナルのスタジオ録音アルバムだけでも31作、2020年の最新作『Hey Clockface』に至るまで、コンスタントにリリースを続けています。

だけど音楽的には、どうも初期のインパクトが強すぎて、私の中では今もそのイメージのままです。好きな曲は、バラードならば「Alison」、アップテンポなら「Pump It Up」。これはもう“超”がつくほど好きなレベルですが、前者はデビューアルバム『My Aim Is True』、後者は2nd アルバム『This Year's Model』の曲なので、初期も初期。そして、アルバムとしては3rdの『Armed Forces』、なぜか象のイラストのジャケットのアレがとても好きです。13曲も入っているのに、捨て曲はゼロ、どの曲もメロディ、サウンドともにフックがある。もちろん歌唱は天下一品。頭から最後まで、ワクワクしながら聴けてしまいます。

ところが、その次のアルバム、すなわち今回のターゲット作品『Get Happy!!』は、ピックアップしておいて何ですが、なんだかイマイチなのですよ。歌唱は相変わらず素晴しいですが、メロディやアレンジの詰めが甘く、20曲も入っているのに、これといった曲がありません。

その後も、『Trust』(1981年)とか『Punch the Clock』(1983年)とか、たまに買ってたのですが、だんだん新鮮味が薄れ、12th アルバム『Spike』(1989年)以降は、すっかり遠ざかってしまいました。

類まれなる声質と抜群の歌唱力なのに、売上が実力に伴わない理由とは?


話題もほとんど聞こえてこなかったですね。映画「ノッティングヒルの恋人」(1999年)の主題歌になった「She」くらいですか。

調べてみたら意外にも、英国チャートでも、シングル、アルバムともに、1位獲得作品はありません。シングルでは「Oliver's Army」(1979年)の2位、アルバムでも2位が最高(でも3作あって、『Armed Forces』『Get Happy!!』『Brutal Youth』)で、米国ビルボードでは「Veronica」(『Spike』収録)のシングル19位、『Armed Forces』のアルバム10位が最高です。

これだけのビッグネーム、作品数、何よりあの類まれなる声質と抜群の歌唱力の持ち主にして、このヒットの少なさは珍しい、と言うか不思議な気さえします。

その“謎”を解きたくて、最近、コステロのすべてのアルバムを聴き返してみました。たいへんだった。

で、まず感じたのが「変わらないなー」ということ。これには感心する気持ちもあるし、呆れてもいます。たぶん本人はいろいろ変えてみようとはしていて、カントリーとかクラシックに挑戦したり、ジャズオーケストラとコラボしたり、デュエットしたり、いろいろやってはいるんですが、まとめてひたすら聴いていると、高い空から見る森が緑色であるように、すべてが“コステロ色”の下に隠れてしまう。コステロ色とはあの声の強力なキャラクターです。

それを強く感じたのが、バート・バカラック(Burt Bacharach)と組んだ『Painted from Memory』(1998年)というアルバム。バカラックという稀代の名作曲家のメロディをもってしても、コステロが歌うと、いつものコステロとそんなに違わない。いや、もちろんよいことはよいのですが、どうも、コステロの声がメロディに勝ってしまって、歌しか印象に残らないのです。バカラックのメロディにも、もう以前のような力はなかったとも思いますが。

とにかく歌いたい! とにかく作りたい!


そのように、言っちゃ悪いが何作ってもいっしょなのに、よくこれほどたくさんのアルバムを作ってきたものだと、これまた感心してしまいます。2010年まではほぼ毎年アルバムをリリースしていますし、しかも1作当たりの収録曲数が多い。この『Get Happy!!』なんて片面10曲ずつ合計20曲!曲は短めとは言えど、最短でも1分49秒、3分以上の曲も3曲あってこれですから、通常の倍、詰め込んでる感じですね。こんなに入れなくてもいいのに。

ふつうはアルバムごとに、前作はああだったから次はこうしよう、とかいろいろ考えて、それにそって一曲一曲練り上げて、レコード会社からはもっと売れそうな曲をとか突つかれつつつ、なんとか10曲くらい集めて、レコーディングでまた試行錯誤……などと苦労しながら作るものです。

でもコステロは絶対そんなことしてないでしょう。ちょっといいメロディを思いついたら、ささっとヘッドアレンジでレコーディングして、思い切り歌って、一丁あがり。もっと面白くしようとか、ヒットポテンシャルを高めようとか考えもしない。完成度への執着より歌いたいエネルギーがはるかに勝る、そんな感じでガンガン作っていったんじゃないでしょうか。

2nd アルバム以降80年代半ばまで、常にレコーディングをともにした“ジ・アトラクションズ(The Attractions)”が、あくまで「バンド」ではなく「バックバンド」だったのも、そのほうが面倒じゃなかった(自分のペースで進められる)からかも、と勝手に推測しています。

デビューから『Trust』まで、ニック・ロウ(Nick Lowe)がプロデューサーでいましたが、彼も細かいことは言わないタイプだったようです。アルバム『Imperial Bedroom』(1982年)でロウを外した際、コステロが「スタジオでちょっと試したいことがあって、ニックはそういうの面倒がるから」なんて発言をしているくらいですから。

「ゲット・ハッピー!!」が好成績だった理由


で、たまたま、前作『Armed Forces』ではいい曲がたくさんできて、本作『Get Happy!!』ではできなかった、ということじゃないでしょうか。もしかしたら前作で、曲のアイデアは使い果たしてしまったのかもしれません。

前述のように全英2位で自己最高位に並び、全米も11位と好成績を上げてはいますが、それは『Armed Forces』がよかったし、売れたから、その余韻じゃないかな。

世間の評価では「それまでの3作とは違い、R&Bの要素を大きく取り入れた」とされています。実は、リリース前年4月の米国ツアー時に、コステロが酒の席で酔っ払って、黒人ソウルシンガーたちへの差別発言をし、それが新聞ネタになって謝罪会見したという事件がありました。このアルバムは「ホントは彼らの音楽をリスペクトしてますよ」という彼の気持ちの表明だというわけです。

でも、さっきから言ってるように、私には違いはたいして感じられません。それまでよりオルガンがフィーチュアされていて、“ブッカー・T&ザ・MG's (Booker T. & the M.G.'s)”あたりを意識しているようなのと、“サム&デイヴ(Sam & Dave)”の「I Can't Stand Up for Falling Down」という曲をカバーして、シングルカットし、全英4位になったから、そういう印象だったんじゃないでしょうか。そもそも最初から、コステロの音楽にはR&Bテイストはたっぷり含まれていたと思います。

なんだかけなしてばかりですみません。全体的には凡作だと思いますが、「Clowntime Is Over」のメロディと「Five Gears in Reverse」のサウンドは好きです。そしてともかくコステロの、「歌うことが大好き!」という気持ちは、呆れるほどに伝わってきます。



2020.12.03
7
  Apple Music
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1954年生まれ
ふくおかとも彦
コラムリスト≫
31
1
9
8
0
エルヴィス・コステロ「ゲット・ハッピー」魔法の詰まった玉手箱♪
カタリベ / 宮井 章裕
15
1
9
8
7
エルヴィス・コステロ来日公演、スペシャルゲストはニック・ロウ!
カタリベ / ソウマ マナブ
55
1
9
8
9
ティアーズ・フォー・フィアーズ「シーズ・オブ・ラヴ」UKロックの結晶的作品!
カタリベ / 中川 肇
33
1
9
8
3
酒場からの叩き上げ、ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースのロックンロール!
カタリベ / 宮井 章裕
6
1
9
8
9
今ならわかる!年齢を重ねて知るエルヴィス・コステロの芳醇な魅力
カタリベ /  白石・しゅーげ
36
1
9
8
5
ビートルズのいない80年代、そこにはニック・ロウがいた!
カタリベ / ソウマ マナブ