2月26日

EPICソニー名曲列伝:小比類巻かほる「Hold On Me」にみる二次元戦略とは?

39
0
 
 この日何の日? 
小比類巻かほるのシングル「Hold On Me」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1987年のコラム 
みんな弱音くらい吐こう、そして「人にやさしく」を思いっきり歌おう!

人にやさしく、ブルーハーツのロックンロールは今も鳴りやまない!

つねに当事者であれ。ブルーハーツが教えてくれた危うくも純粋な青い心

小比類巻かほる、基地の街から来たマニッシュなヴォーカリスト

80年代にハマったビートルズ、70年代生まれのボクはもちろん後追い世代

EVE「恋はパッション」昭和ポップスでインパクト抜群のコーラスグループ!

もっとみる≫




EPICソニー名曲列伝 vol.16
小比類巻かほる『Hold On Me』
作詞:麻生圭子
作曲:大内義昭
編曲:土屋昌巳
発売:1987年2月26日

絶大なる名字のインパクト、青森出身 “こひるいまき” ?


「こひるいまき―― 変わった名前だなぁ」
おそらく多くの人と同じく、私もまずは名字のインパクトに驚いた。「国生さゆり」の「こくしょう」、「網浜直子」の「あみはま」にも驚いたが、「小比類巻」の漢字4文字とその読み「こひるいまき」のインパクトは絶大だった。

その「こひるいまき」女史は、ニックネームが「KOHHY」(コヒー)で、青森の三沢基地の近くに生まれ、青森の三沢基地のFEN(米軍向けラジオ、現「AFN Misawa」)を聴いて育ったと、繰り返し伝えられた。

青森出身という事実をベースにしつつも「青森→津軽→吉幾三→演歌」ではなく「青森→三沢→FEN→洋楽」という文脈を強調するイメージ戦略があったのだろう。

音楽とビジュアルの抜かりなきブランディング


手元にあるのは、1988年に発売された大判の写真集『KOHHY'S STORY』(角川書店)。ニューヨークで撮影された小比類巻かほるの、いかにも「かっこいい」「男前」な写真にはさまって、三沢時代を中心とした彼女のバイオグラフィが語られる。

例えば、三沢の「LINQUEUR」という「ジャズ喫茶」で、クインシー・ジョーンズのライブビデオを見ながら、少女時代の小比類巻かほるは、こんな夢想をする。

――愛のコリーダ。ああ、こんな風になれたらなぁ。パティ(註:オースティン)はいいな。私が黒人だったら……そしたら、アメリカに行って…、ストリート・ミュージシャンでもいいな。

ニューヨークでの「男前」な写真に、この語り口である。この段階で「吉幾三成分」はみじんも無く、「KOHHY」ワールドが広がっていくのである。

しかし当時の若者、特に男子は見逃さないのだ。「男前ヴェール」に包まれた「KOHHY」の写真をしげしげとよく見たら、実はめっちゃええ女=「かほる」だったということを。

小比類巻かほるが開拓した、アイドルとロックの中間市場


言いたいことはまた、渡辺美里『My Revolution』の項で書いた「歌謡曲とニューミュージックとロックの真ん中」市場の話である。ここではもう少しシンプルに「アイドルとロックの中間市場」と言い換えてもいいだろう。

三沢基地の FEN を聴いて、クインシー・ジョーンズのビデオを見て、アメリカに行くことを夢見ていた「KOHHY」、というロック性。でも、ふわっとした髪型にクリクリの瞳、すらりとしたスタイルの「かほる」というアイドル性。その融合。

もちろん、EPICソニー以外にも、渡辺美里以前にも、「アイドルとロックの中間市場」を狙った女性シンガーはいたと思う。たとえば杏里はまさにそうだった。しかし、偶発的ではなく、あくまで戦略的に、あくまで意図的にその市場を想定し、築き上げたのは、EPICソニーが初めてではなかったか。

そう考えると、小比類巻かほるの存在は、渡辺美里からの流れに、ぴったりと位置付けられる。さらには、アイドル性に対するロック性を高めながら、90年代的大衆性をどーんとトッピングしたところに咲いた大輪の花が、ドリームズ・カム・トゥルーの吉田美和ということになるのだが。

まさに和製洋楽、4枚目のシングル「Hold On Me」


前段が長くなった。そのような「KOHHY」の売り出し方に、今回の曲『Hold On Me』は、見事に応えている。英語のタイトルやメジャーセブンス、高いキーのボーカルはロック的。でも憶えやすいメロディや、「♪ 今のままの あなたでいて」と懇願する歌詞はアイドル的。

特に工夫を感じるのはメロディだ。「♪ メロディ カタチのない 贈りもの」の「♪ 贈(おく)」で音程がすっと上がるところは実にキャッチー。まさに「和製洋楽」という感じがする。作曲は、後に藤谷美和子とのデュエット『愛が生まれた日』(94年)で大ヒットを放つ大内義昭。

先の『KOHHY'S STORY』に戻ると、歌手としてデビューが決まり、EPICソニー主催のコンベンションで、シェリル・リンのカバーを歌った小比類巻かほるが、その後、同じくEPICソニー所属の佐野元春や大沢誉志幸、バービーボーイズ、ザ・ストリート・スライダーズなどの面々と音楽論議を交わして、感動するシーンが描かれている。

このシーンを想像して、私は「あっ」と思ったのだ―― 「めっちゃええ男・ええ女ばかりの集団やん!」。

日本初の二次元戦略、EPICソニーの黄金時代


要するに、渡辺美里や小比類巻かほるらによる「アイドルと洋楽の中間市場」は、EPICソニーの一断面に過ぎず、もっと本質的な事実は「EPICソニーの音楽家は美男美女ばかり」ということではないだろうか(『SACHIKO』の人など、一部例外もあるが)。

その言い方が身も蓋もなさすぎるとすれば、サウンドという「一次元」に、ビジュアルという「二次元」を組み合わせる戦略を徹底した、日本初の「二次元戦略」レーベルがEPICソニーだったということになる。

今でこそ当たり前な「二次元」の重要性にいち早く気付いた EPICソニーが、「一次元」にこだわっている他のレーベルを出し抜いていく―― ここに「EPICソニー黄金時代」の本質があったのではないだろうか。そうして EPICソニーは、その後の J-POP 市場の基礎を作っていくのである。


※ スージー鈴木の連載「EPICソニー名曲列伝」
80年代の音楽シーンを席巻した EPICソニー。個性が見えにくい日本のレコード業界の中で、なぜ EPICソニーが個性的なレーベルとして君臨できたのか。その向こう側に見えるエピックの特異性を描く大好評連載シリーズ。

■ EPICソニー名曲列伝:渡辺満里奈「深呼吸して」そのアイドルはサブカルに向かう
■ EPICソニー名曲列伝:バービーボーイズの新感覚ギターはもっと評価されるべき!
■ EPICソニー名曲列伝:渡辺美里「My Revolution」エピック黄金時代がやって来た!
etc…

2019.11.16
39
  YouTube / Kahoru Kohiruimaki
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1966年生まれ
スージー鈴木
コラムリスト≫
90
1
9
8
0
EPICソニー名曲列伝:佐野元春「アンジェリーナ」大村雅朗とのガチンコ対決
カタリベ / スージー鈴木
109
1
9
8
1
連載開始! EPICソニー名曲列伝:80年代と書いてEPICソニーと読む
カタリベ / スージー鈴木
80
1
9
8
6
EPICソニー名曲列伝:渡辺美里「My Revolution」エピック黄金時代がやって来た!
カタリベ / スージー鈴木
56
1
9
8
2
EPICソニー名曲列伝:土屋昌巳のロックンロール性と「すみれ September Love」の先進性
カタリベ / スージー鈴木
91
1
9
8
4
EPICソニー名曲列伝:大沢誉志幸「そして僕は途方に暮れる」の見事なチームプレイ
カタリベ / スージー鈴木
41
1
9
8
9
EPICソニー名曲列伝:佐野元春「約束の橋」が与えてくれた肯定感について
カタリベ / スージー鈴木
Re:minder - リマインダー