8月27日

ハウンド・ドッグと真夏の大冒険「ROCKS」のビデオに宿るスピリッツ!

35
1
 
 この日何の日? 
ハウンド・ドッグのシングル「ROCKS」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1986年のコラム 
人種の壁を飛び越える音楽、ナイロビのクラブで流れていたポール・サイモン

ショック!ポール・マッカートニーのアルバムが全米チャート最高30位!?

ボン・ジョヴィが勝負を賭けた名盤「ワイルド・イン・ザ・ストリーツ」

河島英五「時代おくれ」魂を込めた阿久悠のスタンダードナンバー

秋元康の手腕が唸る “うしろゆびさされ組” の逸品!読みは「なぎさのかぎかっこ」

躍動するスティーヴ・ウィンウッド、至高の愛はどこにある?

もっとみる≫




夏休みの少年少女に必要なもの“真夏の大冒険”


夏休みの少年少女に必要なものは、いつの時代でもたったひとつ―― それは “真夏の大冒険” だ。

「13才! 真夏の大冒険~~!!」

… という名実況が生まれた、東京オリンピック・スケートボード女子ストリート決勝の、西矢椛さんの金メダルシーンは記憶に新しい。僕もその瞬間をテレビの前で固唾をのんで見守っていたが、この “真夏の大冒険” というフレーズを聞いて、なぜか熱いものが胸の奥からこみ上げきてしまった。なぜだろう。きっと、彼女の笑顔、真夏の青空、そしてコロナ渦での五輪、色んな要素が混ざり合った中で、あの実況が自然にフィットしたからだと思う。

思い起こせば、映画『スタンド・バイ・ミー』が、青春映画の金字塔として支持されるのも、“真夏の大冒険” が描かれているからかもしれない。今でも、ベン・E・キングの「スタンド・バイ・ミー」が流れてくるとウルっときてしまう(歳をとると涙もろくなりますね)。

では、僕が13才だった頃の “真夏の大冒険” って何だっただろう―― そんなことを考えていた時に、ふと思い出したのが、ハウンド・ドッグの「ROCKS」のMVだ。金メダルを獲った西矢椛さんと同じ、僕が中2の夏休みにこの曲はリリースされたのだけど、映像の中から発せられる彼らのロックスピリッツに、僕はたちまちくぎ付けになってしまったのだ。まぁ、オリンピアンの大冒険とは話のスケールが違いすぎるかもしれないが、今回は、このMVに宿っている “真夏の大冒険” について、ちょっと書かせて欲しい。

人口約5,000人の町にハウンド・ドッグがやってきた!


愛媛県に松野町という町がある。四万十川の支流が流れ、全面積の8割以上が森林で占めている自然豊かな町だ。1986年の時点で人口5,842人、過疎化に悩む自治体である。当時、そんな町の現状に危機感を募らせた若者たちが、町おこしの起爆剤として野外コンサートを企画した。そこで白羽の矢が立ったのがハウンド・ドッグだった。

1986年のハウンド・ドッグと言えば、バンドにとって起死回生の大ヒット曲となった「ff(フォルティシモ)」を引っ提げて『CATS&DOGS TOUR』で全国を縦断中。まさに乗りに乗っている時期だ。そんな多忙な彼らに松野町の若者の熱意が届いたのだ。町の歴史上、初となる野外コンサートが実現。奇跡は起きた。

 野球場も強大な体育館も
 この町にはないけれど
 熱くたぎるロックへの想いは同じ。
 オレたちをつきうごかしてやまない
 オレはこの町でロックする。
 大友康平

開催決定の反響は大きく、チケットは飛ぶように売れ、当日には隣町まで大渋滞が発生、町を挙げての一大イベントに発展した。こうして1986年7月19日、四国の片隅で開催されたコンサートは、後世まで語り継がれる伝説的イベントとなったのだった。

11thシングル「ROCKS」松野町の伝説野外ライブがMVに!


そして、ハウンド・ドッグの11thシングル「ROCKS」は、このコンサートから39日後の8月27日にリリースされた。このMVには松野町コンサートの一部始終が刻銘に収められており、これは記録映像として見ても大変貴重な内容になっている。

夏の青空と広大な森林。5人の乗る単線の電車がゆっくり鉄橋を渡る。子供たちがその電車を追いかけて全力疾走。そんな場面から歌が始まる。駅に降り立った彼らを出迎えてくれたのは、名産品の桃を持った少女達、郷土芸能の五つ鹿踊り、そして「よう来たったねー」と頭を下げる麦わら帽子のおじいちゃん。町中のいたる所に彼らを歓迎するポスターや旗が見られ、まさに町中ハウンド・ドッグ一色である。

駅前から町を抜け歩いて会場に向かう道中には、彼らを追って多くの少年少女達が続く。とても過疎の町とは思えない熱気だ。会場に到着するやいなや、神主さんによるお祓いや鏡開きがあったかと思うと、場面は町役場への訪問、そして地元青年会に囲まれた歓迎会へと移り変わり、とにかく忙しい。“おもてなし” は、する側もされる側も真剣勝負なのだ。

とにもかくにも人口約5,000人の町に6,000人の観客である。映像の前半で全力疾走していた子供達は、会場でハウンド・ドッグの雄姿を瞳に焼き付けることが出来ただろうか。MVの終盤では、子供達が線路の上を「I WANNA ROCKS! 胸にROCKS」と歌いながら行進。ラストは、メンバーが乗る電車に子供達が大きく手を振って、別れを告げる光景で幕を閉じる。映像に出てきたこの子達は、今頃40代の働き盛りだろうか。大人になった彼らは今日も「胸にROCKS」を秘めながら、日本の、いや、世界のどこかで日々の仕事を頑張っているのだろう。

行ける町には全部行く!ハウンド・ドッグがくれた物


5人は、この『CATS&DOGS TOUR』を経た後、今でも伝説のツアーとして語り草となっている、足掛け3年、全207公演にも及ぶ『BLOODS LIVE TOUR』を決行する。人口5万人以上の町で行ける町には全部行く! という訳だ。この、気力と体力の限界に挑戦しているとしか思えないようなツアーを手掛けるに際して、この松野町コンサートの成功が大きな糧となったのは間違いないだろう。

「ある時は下町の太陽、ある時は庶民のヒーロー」

これは、ある日のライブMCで大友康平がハウンド・ドッグについて表現した言葉だ。

今回改めて、この「ROCKS」のMVを観て、大友康平の言ったこの言葉の意味がよく分かった。そう、彼らはいつだって、日本の津々浦々まで会いに来てくれたヒーローなのだ。きっと、松野町の少年少女達にとっても、1986年7月19日は、かけがえのない “真夏の大冒険” だったに違いない。そして、この “リアル体験” こそが2021年の日本において… コロナ渦でごっそり失われてしまった大切なものに他ならない。

―― そうそう、あの映像にくぎ付けになった、中2の時の僕自身の話に戻ろう。実は中3の夏休み、僕は生まれて初めてコンサートという物に足を運ぶことになる。それが、八王子市民会館でのハウンド・ドッグ『BLOODS LIVE TOUR』だった。同級生と2人で行ったその公演は、野外でもなければ町おこしでもないので、さしずめ “真夏の小冒険” といったところであったが、2階席前方のど真ん中の席から見たステージの光景と、あの、耳鳴りがするほどの爆音の衝撃は今でも忘れられない。

中でも一番忘れられないのが、ステージ上で熱唱する大友さんと一瞬目が合ったことだ。曲は「BAD BOY BLUES」の時だったと思う。その時僕は、拳を振り上げながらステージ上の大友さんを睨み返した。なぜって?それは「初めてコンサートに来た青臭い奴」だって大友さんにバレたくなかったからだ(笑)。

―― そして月日は流れ、あれから30年以上経った今、やっぱり僕は青臭い奴のままだ。2021年も夏が終わる。


2021.08.28
35
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1972年生まれ
古木秀典
コラムリスト≫
110
1
9
8
8
男闘呼組 ― 今こそ再評価したい80年代最強のアイドルハードロックバンド
カタリベ / 中塚 一晶
73
1
9
7
9
レッド・ツェッペリンの最期、最強のロックバンドにしては寂しすぎ?
カタリベ / 中川 肇
46
1
9
9
8
伝説ライヴ!80年代の福岡から数多くのロックバンドが旅立った理由
カタリベ / 安藤 広一
24
1
9
8
6
メイクアップ「ペガサス幻想」ロックバンドによるアニソンのパイオニア
カタリベ / 中塚 一晶
18
1
9
9
0
追悼:伊藤耕 — 誰も話題になんてしないロックバンドの曲だけど
カタリベ / ジャン・タリメー
50
1
9
8
9
ユニコーン「服部」ロックを嗤うロックバンドの覚醒
カタリベ / 山口 順平