8月30日
躍動するスティーヴ・ウィンウッド、至高の愛はどこにある?
14
0
 
 この日何の日? 
スティーヴ・ウィンウッドのシングル「ハイヤー・ラヴ」が全米1位になった日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1986年のコラム 
ショック!ポール・マッカートニーのアルバムが全米チャート最高30位!?

ボン・ジョヴィが勝負を賭けた名盤「ワイルド・イン・ザ・ストリーツ」

魂を込めた阿久悠のスタンダード、早すぎた「時代おくれ」

ボストンのデモ音源はゴミ箱から見つけたんだぜ!

フュージョンファンクも悪くない「TUTU」は私にとっての初マイルス!

ゲイリー・ムーアの泣きメタル演歌「愛の十字架」は本田美奈子の情念の炎

もっとみる≫

photo:stevewinwood.com  

洋楽を聴き始めた頃から、スティーヴ・ウィンウッドの名前は知っていた。

「ユー・シー・ア・チャンス(While You See A Chance)」と「青空のヴァレリー(Valerie)」が、よくラジオでかかっていたからだ。どちらも良質なポップミュージックで、一過性のヒット曲にはない普遍性を感じた。だから、きっとこの人は本物なのだろうと思っていた。

調べてみると、スティーヴは60年代から活躍しているベテランミュージシャンで、かつては天才少年と呼ばれ、エリック・クラプトンとスーパーグループを結成するなど、そのキャリアはとても華やかなものだった。にもかかわらず、あまり派手な印象がないのは、きっと控え目な性格なのだろうと僕は考えた。元来、そういうアーティストに肩入れする傾向もあり、スティーヴは僕の中でますます気になる存在となっていった。

スティーヴがかつて在籍していたスペンサー・デイヴィス・グループのベスト盤を入手したのは、高校2年の春だった。60年代の録音とはいえ、僕が知っているスティーヴ・ウィンウッドの音楽とは大分違うように感じた。明らかに黒人音楽の影響を受けており、初期のローリング・ストーンズやアニマルズと同系列のバンドだとわかった。でも、違和感はまったく感じなかった。それはスティーヴのヴォーカルが、なにひとつ変わっていなかったからだと思う。

その年の夏、スティーヴ・ウィンウッドは待望のニューアルバム『バック・イン・ザ・ハイ・ライフ』をリリースする。僕はすぐにカセットテープに録音して、繰り返し聴くようになった。相変わらずセンスのいい良質なポップミュージックだったが、そこにスペンサー・デイヴィス・グループの頃から変わらない黒人音楽へのリスペクトが見え隠れし、そこが僕にはたまらなく魅力的だった。ブルーアイドソウルなんて言葉を覚えたのも、ちょうどこの頃だったと思う。

アルバムのオープニングナンバーでありファーストシングルとなった「ハイヤー・ラヴ」は、まさしくそんな曲だった。リズムのせいだろうか? それともヴォーカルだろうか? 曲が進むにつれどんどん躍動していく様が、とても黒っぽく思えた。ラジオの DJ が「歌詞が素敵なんです」と言って紹介したのを覚えている。それはラヴソングというよりは、もっと大きな愛について歌っていて、ゴスペルのようでさえあった。


 考えてみなよ
 至高の愛はきっと存在するはずだ
 心の奥底か星空の彼方に隠れている
 それなしでは人生が無駄になる
 君の心の中をよく見てみなよ
 僕も自分の中を見てみるから


おそらく「ハイヤー・ラヴ」とは、揺らぐことのない絶対的な愛なのだろう。そこには、この歌詞を書いたウィル・ジェニングスの宗教観が反映されているのかもしれない。この歌詞をスティーヴがあのソウルフルな声で歌い上げることで、強い説得力が生まれ、多くの人達の胸を打ったのだと思う。「ハイヤー・ラヴ」は大ヒットし、全米ナンバーワンに輝いたばかりか、グラミー賞のレコード・オブ・ザ・イヤーも獲得している。

ラジオの DJ が歌詞を読み上げた時、16歳だった僕にはぼんやりとしか意味がわらなかった。でも、不思議とよく覚えているのは、何かが僕の心の扉を叩いたからだと思う。歌詞はこう続く。


 どこを見渡してもひどい状況
 この世界では一体何がフェアなのだろう?
 僕らは暗闇の中を歩き
 何かを見つけようとしてはいるけれど
 それだけだと事態は悪くなるばかり

 至高の愛を僕に
 至高の愛を僕に
 至高の愛を僕に
 僕がずっと考えている至高の愛は
 どこにあるのだろう


僕は宗教的な人間ではないから、今をもってこの歌の意味を理解できていないのかもしれない。でも、あの時も、そして今も、この歌が有効であり続けているのはわかる気がする。それは何か大きなものにすがるとか、そういうことではなく、自分の中にあるはずの揺るぎない愛を見つけ出すことが、いつの時代の人にとっても重要だということだ。

もしこの世界に救いがあるとするならば、その鍵はひとりひとりの心の中にあるのだと、僕も信じていたい。

2018.09.11
14
  YouTube / Steve Winwood


  Spotify
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1970年生まれ
宮井章裕
コラムリスト≫
22
1
9
8
0
日本ではいまひとつ? スティーヴ・ウィンウッドの再評価を祈念する!
カタリベ / DR.ENO
35
1
9
8
4
英国三大ギタリスト「クラプトン、ベック、ジミーペイジ」それぞれの40代
カタリベ / 中川 肇
27
1
9
8
3
映画館で観てから30年、やっとたどり着いたローリング・ストーンズ
カタリベ / 本田 隆
33
1
9
8
4
ポール・ウェラーの魅力、華やかなファッションセンスと骨太のメッセージ
カタリベ / inassey
33
1
9
8
5
人はなぜライブに行くのか? 生まれて初めて観た外タレはポール・ヤング
カタリベ / Polco
43
1
9
8
6
ブレイクショットの定番曲は、エリック・クラプトンの「ザ・ギフト」
カタリベ / 藤澤 一雅
Re:minder - リマインダー