8月25日
ボン・ジョヴィが勝負を賭けた名盤「ワイルド・イン・ザ・ストリーツ」
39
0
 
 この日何の日? 
ボン・ジョヴィのアルバム「ワイルド・イン・ザ・ストリーツ」が日本でリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1986年のコラム 
ワン・ラヴ・マンチェスター 音楽は憎しみを越える。必ず越えられる。

真夏の炎天下に聴いたビートルズの曲「イット・ウォント・ビー・ロング」

資生堂 vs カネボウ CMソング戦争 〜 アイドル路線をまっしぐら!

ショック!ポール・マッカートニーのアルバムが全米チャート最高30位!?

ボストンのデモ音源はゴミ箱から見つけたんだぜ!

フュージョンファンクも悪くない「TUTU」は私にとっての初マイルス!

もっとみる≫

photo:FANART.TV  

1984年8月11日、『SUPER ROCK 84 IN JAPAN』のステージにボン・ジョヴィは立っていた。場所は埼玉の所沢にある西武球場。アリーナの中央あたりに陣取った僕には、ジョン・ボン・ジョヴィの少し緊張した表情が良く見えた。

日本初とも言っていいハードロック / ヘビーメタル(以下HR / HM)フェスティバル。この時の参加バンドは、アンヴィル、ボン・ジョヴィ、スコーピオンズ、ホワイトスネイク、そして我が神、ザ・マイケル・シェンカー・グループ(MSG)。今ではちょっと考えられないくらい豪華なラインナップだ。

しかも、この時のホワイトスネイクのドラマーはコージー・パウエルだし、スコーピオンズのルドルフ・シェンカー(兄)とマイケルシェンカー(弟)の兄弟共演の実現などなど、当時のHR / HMファンにとってのみならず、参加バンドのメンバーにとっても歴史的イベントだったわけで、本国アメリカでのデビューから僅か半年、日本でのデビューからたった3か月でそのステージに立つボン・ジョヴィのメンバーが、既に名古屋、福岡、大阪の公演を経験してきたとは言え、緊張するのは当たり前だ。

ボン・ジョヴィのデビューは前述の通り1984年。元々はジョン・ボン・ジョヴィのソロプロジェクトとして動いていたのだけど、ジョン本人の強い希望でバンドとしてデビューすることになる。

ブルース・スプリングスティーンの大ファンで、強い影響を受けたことを公言しているジョンだが、もし、ソロアーティストとしてデビューしていたら、ブライアン・アダムスやリック・スプリングフィールド、ジョン・メレンキャンプなどと並び立ち、一定の人気は得ただろうが、これほど成功できたどうかはわからない。トータルセールス1億枚プレイヤーになれたのは、バンドとしてデビューしたからこそだと僕は思う。

また、ジョンは、そのルックスの良さから映画フットルースの主人公にほぼ決定していたというのも有名な話。この話もジョン自らの意思で断っている。

この判断も大正解だったのではないかと僕は思う。余計なイメージや先入観もなく、いきなり現れた甘いルックスのしゃがれ声のヴォーカルのイカしたバンドとして彼らを迎えることが出来たのだから。

僕はジョンのような声が大好きなので、すぐにボン・ジョヴィが好きになった。もちろん、デビュー曲の「夜明けのランナウェイ」のすばらしいメロディにも一瞬で魅了されてしまった。アルバム『夜明けのランナウェイ(Bon Jovi)』もすぐに購入。『SUPER ROCK 84 IN JAPAN』の時には既に受け入れ態勢は万全に整っていたわけだ。当然、僕と同じように、彼らのファンは会場にもたくさんいたわけで、ボン・ジョヴィはその大歓迎振りに感動したと後に語っている。

そんな、ボン・ジョヴィが一発屋で終わるか否か。その真偽が試されることになる2枚目のアルバムが『7800° ファーレンハイト』。1985年に発売されたこのアルバムは残念ながらデビューアルバムを超えることが出来なかった。シングルカットも特になく、僕にとっても正直退屈なアルバムで、ボン・ジョヴィ熱は冷めていくのである。

そして、運命の3枚目のアルバムが『ワイルド・イン・ザ・ストリーツ(Slippery When Wet)』。ボン・ジョヴィNo.1アルバムはこれだ! と僕がお勧めするアルバムだ。ボン・ジョヴィは1986年に発売されたこのアルバムで、一発屋の汚名を返上することに成功する。

このアルバムは、彼らにとって初となる全米ビルボードチャート1位を獲得しただけでなく、なんと8週間1位をキープする。アメリカで1,200万枚、全世界では2,800万枚をセールスしたこのアルバムによって、ボン・ジョヴィの名前は本当の意味で世界に知れ渡ることになったのだ。

このアルバムの完成度は実に素晴らしい。僕のボン・ジョヴィ熱もここに復活。シングルカットされ、こちらも全米ビルボードシングルチャート1位になった「禁じられた愛(You Give Love A Bad Name)」と「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」だけでなく、全ての楽曲が実に良くできている。今聴いてもまったく色褪せない、1980年代のHR / HMシーンを代表する名盤と言っていい。

しばらくボン・ジョヴィから遠ざかっている方、是非このアルバムを聴き直してみて欲しい。かつての名盤をふと思い出すことが出来る、これもRe:minderの楽しみ方のひとつかと。

最後に、このアルバムのアートワークの話。女性の服にアルバムタイトルがデザインされているのが日本盤。これをメンバーが気に入らず、水をかけられたゴミ袋にジョンが指で “Slippery When Wet” と書いたものが海外盤。皆さん知ってました?

2017.07.15
39
  YouTube / BonJoviVEVO 


  YouTube / BonJoviVEVO 


  YouTube / BonJoviVEVO 
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1965年生まれ
藤澤一雅
コラムリスト≫
1091
1
9
8
4
マイケル・シェンカーの泣き叫ぶギターとヘビメタまわりのおかしな邦題
カタリベ / 田中 泰延
23
1
9
8
4
世界でいちばんドラムをカッコよく叩く男、それがコージー・パウエル
カタリベ / DR.ENO
11
1
9
8
4
青い瞳の聖ライフ&乳姉妹、大映ドラマ栄光の80年代と胸アツ!カヴァー主題歌
カタリベ / DR.ENO
25
1
9
8
6
ボン・ジョヴィが愛したドリフト・アウェイは永遠に引き継がれていく名曲
カタリベ / 鎌倉屋 武士
12
1
9
8
1
孤独の男の叫びを聴け!ハードロック界の横山やすし、グラハム・ボネット
カタリベ / DR.ENO
31
1
9
8
2
スコーピオンズを永遠にした立役者、マティアス・ヤプスの功績
カタリベ / 中塚 一晶
Re:minder - リマインダー