2月14日

資生堂 vs カネボウ CMソング戦争 〜 パレットキャットとルージュマジック

42
2
 
 この日何の日? 
忌野清志郎+坂本龍一のシングル「い・け・な・いルージュマジック」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1982年のコラム 
もはやAORではない、ポール・デイヴィスと振り返る絶頂期のアメリカ

小田和正が見せた涙。言葉にできない ~ 前篇

XTC「イングリッシュ・セツルメント」40年間効きっぱなしのエクスタシー!

忌野清志郎の衝撃!タブーの扉が開いた「い・け・な・い ルージュマジック」

忌野清志郎+坂本龍一「ルージュマジック」を支えた80年代広告界のレジェンドたち

女優の歌うセクシーソング、坂口良子がウィスパー歌唱で男たちを悩殺!

もっとみる≫



photo:https://reminder.top/779914043/  

1980年代に入って1.2年も経つと、音楽とCMのタイアップは、早くも曲がり角にさし掛かる。あまりに巷にCMソングが出回り過ぎたためである。CMソングでオリコン年間シングルTOP50入りした数が、80年には17曲にも及び、81年頃には既に音楽のメディア展開としても、広告手法としても(飽きられ始めていた、とまでは云わないが)新鮮味が薄れていたのは事実だろう。

おりしも80年にフジカラーの広告コピー「美しい方はより美しく、そうでない方はそれなりに写ります」が流行語になったが、「それなりの大物で、それなりの曲で、それなりの露出をすれば、それなりにヒット…」は、もうしなくなっていた。CMタイアップには目新しさが必要となってきたのである。

そんな状況下の82年の元日にリリースされたのが、カネボウ春のCMソング「浮気な、パレットキャット」であった。例年の春の化粧品キャンペーン曲としては、かなり早い発売である。前年の「春咲小紅」が2/1発売だから、1ヶ月も前倒ししての登場である。歌うは仙台出身のバンド、ハウンド・ドッグだ。まず東北地方で人気爆発、さぁこれから東京で名を挙げるぞ、という勢いがみなぎっていた。

バンド同様にカネボウも、新商品の投入に意気込んでいた。『レディ80メイクアップコレクション』という商品で、業界初めての磁石式パレットメイク化粧品。メイクアップの主要四品目(ファンデーション、ほほ紅、アイシャドウ、口紅)と専用の化粧小物を、好み・目的・予算に応じて自由に組み合わせて 1つのパレットにセットできる画期的な商品であった。

そんなキャンペーンソングは、お好みで自由に「浮気な」「パレット」を作れる面白さ、その商品コンセプトを見事に歌詞にした作品となり、オリコン週間19位、13万枚を超えるセールスを記録。ハウンド・ドッグにとっても、初のシングルヒットになった。

対する資生堂も、今までにない大胆なイメージを打ち出した。2/14のバレンタインに合わせて発売されたキャンペーンソングは、忌野清志郎+坂本龍一「い・け・な・いルージュマジック」。曲調はいつものRCサクセション節なのだが、その見た目が人々の度肝を抜いた。「男が化粧する」のをここまで大ぴらにメディアで表現したことは無かったからだ。

広告モデルの津島要からしてが刈り上げで中性的だが、音楽パフォーマンスにあたって坂本龍一はデヴィッド・ボウイをはじめとする英国ニューウェイブ(デュラン・デュラン、カルチャー・クラブが代表)のビジュアル戦略をいち早く取り入れた。「男が化粧なんて…」という風潮をあざ笑うかのように、この歌はオリコン週間1位、年間20位の大ヒット。後の国内ビジュアル系バンドにも影響を与えることになる。

そして、もう一つ、私が考えているのは、この曲が日本での「LGBTの潜在的ニーズ」の掘り起こしに一役買ったのではないか、ということだ。とくにゲイの人々はコスメ消費のオピニオンリーダーでもある。かのフランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドが「リラックス」で鮮烈なデビューをするのは、それから1年ほど後である。

(つづく)

2016.12.15
42
  YouTube / nos 00


  YouTube / Glory 昭和CM チャンネル


  YouTube / 大場淨正
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1965年生まれ
@0onos
コラムリスト≫
35
1
9
8
8
1988年夏、RCサクセション、ブルーハーツ、佐野元春、そしてミュートビート
カタリベ / 太田 秀樹
16
1
9
8
2
モヤモヤ感が満載のゼルダ、でもファーストアルバムは全て歌えます!
カタリベ / 時の旅人
42
1
9
8
4
訪日外国人が2,400万人を越えた報道で「くちびるヌード」を思い出す私
カタリベ / 時の旅人
65
1
9
8
0
資生堂 vs カネボウ CMソング戦争 〜 ピーチパイの迷い道クネクネ
カタリベ / @0onos
60
1
9
8
0
永六輔と忌野清志郎、80年代に蘇った日本の有名なロックンロール!
カタリベ / 太田 秀樹
41
1
9
9
1
5月18日は槇原敬之の誕生日 − 時代が求めたメロディ「どんなときも。」
カタリベ / 指南役