8月27日

魂を込めた阿久悠のスタンダード、早すぎた「時代おくれ」

59
0
 
 この日何の日? 
河島英五のシングル「時代おくれ」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1986年のコラム 
人種の壁を飛び越える音楽、ナイロビのクラブで流れていたポール・サイモン

ショック!ポール・マッカートニーのアルバムが全米チャート最高30位!?

ボン・ジョヴィが勝負を賭けた名盤「ワイルド・イン・ザ・ストリーツ」

躍動するスティーヴ・ウィンウッド、至高の愛はどこにある?

ボストンのデモ音源はゴミ箱から見つけたんだぜ!

フュージョンファンクも悪くない「TUTU」は私にとっての初マイルス!

もっとみる≫






photo:SonyMusic  

地球の地層には、6500万年前のところに「K-Pg境界」と呼ばれる幅1cm ほどの線がある。その線から下が中生代で、上が新生代。

そう―― 恐竜が絶滅したことを表す境界線だ。

音楽の世界にも、これと似たようなものがある。「1980年の境界線」だ。ざっくり言うと、70年代以前が歌謡曲の時代なのに対して、80年代以降がポップスの時代。不思議と、その境界線が1980年なのだ。

ポップスの時代とは、いわゆる「シンガーソングライター」系の人たちが台頭した時代である。彼らは自分たちが歌うだけに飽き足らず、アイドルを始め、他の歌手たちにも積極的に楽曲を提供した。その代表格がユーミンであり、サザンの桑田佳祐だった。

一方、それ以前の歌謡曲の時代―― ヒットチャートを賑わせていたのは、「職業作詞家」や「職業作曲家」と呼ばれる人たちによる楽曲だった。作詞家と言えば、阿久悠、安井かずみ、岩谷時子、山口洋子、なかにし礼、川内康範、山上路夫、千家和也、阿木燿子らのことであり、作曲家と言えば、筒美京平、平尾昌晃、都倉俊一、森田公一、中村泰士、穂口雄右、加藤和彦、大野克夫らと同義語だった。ヒットソングは大抵、彼らの任意の組み合わせから生まれたものである。

中でも、“キング・オブ・歌謡曲” として君臨したのが、作詞家の阿久悠先生だ。生涯、手掛けた作品は、実に5000曲以上。シングルの売上げ総数は、作詞家歴代2位となる6834万枚で、扱うジャンルも歌謡曲を始め、アイドル、演歌、フォーク、アニメソングと幅広かった。

圧巻は、1976年から80年にかけての5年間である。レコード大賞で4度の栄冠に輝き(都はるみ「北の宿から」、沢田研二「勝手にしやがれ」、ピンク・レディー「UFO」、八代亜紀「雨の慕情」)、中でも77年は、オリコンチャートの年間53週のうち、実に39週を制した。

ところが、である。

そんなキング・オブ・歌謡曲が、80年代になると、パタリと売れなくなったのだ。先に書いたように、シンガーソングライター系の人たちが台頭し、彼ばかりか、60~70年代に栄華を極めた職業作詞家や職業作曲家の人たちも、こぞって失速してしまった。気が付けば、“歌謡曲” というジャンル自体が絶滅の危機に瀕していた。

そう、彼らは “時代おくれ” になりつつあった――。


 目立たぬように はしゃがぬように
 似合わぬことは無理をせず
 人の心を見つめつづける
 時代おくれの男になりたい


少々前置きが長くなったが、今日8月27日は、今から32年前の1986年に河島英五の「時代おくれ」がリリースされた日である。その作詞家こそ誰あろう、阿久悠だった。作曲は朋友、森田公一である。

1986年というと、バブル景気が始まった年と言われる。その年、西武ライオンズに清原が入団し、7月にドラマ『男女7人夏物語』が始まり、秋には菊池桃子が「Say Yes!」を歌った。何となく世の中が明るい方へ向かっているのは肌感覚で分かった。

しかし―― そのタイミングで「時代おくれ」は発売されたのである。案の定、時代の波に乗れず、話題にもならず、4万枚程度のセールスに終わった。

河島英五は大阪出身のシンガーである。生まれは1952年。同年代に、さだまさしや坂本龍一、中島みゆき、浜田省吾、タケカワユキヒデらがおり―― 要するにフォーク世代だ。あの時代、猫も杓子も髪を伸ばし、ギターを買った。河島もその一人だった。

高校卒業後、彼は「ホモ・サピエンス」というバンドの結成を経て、76年にソロデビューする。その第一弾で出したシングルが、自身の作詞作曲による「酒と泪と男と女」だった。同曲は清酒「黄桜」の CM ソングに使われるなどスマッシュヒット。いきなりのオリコンベスト10入りを果たす。

だが、その後、時代が進んで80年代の “ノンポリの時代” を迎えるころになると、同年代のミュージシャンらは続々とポップス路線へ転向。頑なにソウル(魂)を歌に込める彼のスタイルは “時代おくれ” になりつつあった。

そして―― 運命の年、1986年を迎える。


 一日二杯の酒を飲み
 さかなは特にこだわらず
 マイクが来たなら 微笑んで
 十八番を一つ 歌うだけ


作詞・阿久悠、作曲・森田公一。かつて70年代に活躍した職業作詞家と職業作曲家が再び組んで、文字通り “時代おくれ” の楽曲を作った。歌の主人公は控えめな男で、バブル時代に反して物静かだった。歌う河島英五も、フォーク青年がそのままオヤジになったような、時代おくれの堅物だった。


 妻には涙を見せないで
 子供に愚痴をきかせずに
 男の嘆きは ほろ酔いで
 酒場の隅に置いて行く


だが、奇跡が起きる。

リリースから5年後の1991年6月。NHK で特番『阿久悠 歌は時代を語り続けた』が放送され、番組内で河島英五が「時代おくれ」を披露すると、NHK や所属する CBS ソニー(当時)へ問い合わせの電話が殺到する。それを受け、急遽9月にシングルを再販。更に、同年12月の『第42回 NHK 紅白歌合戦』への出場も決まり、第1部の白組トリで、河島はピアノを弾きながら熱唱した。


 目立たぬように はしゃがぬように
 似合わぬことは無理をせず
 人の心を見つめつづける
 時代おくれの男になりたい


翌92年3月、経済企画庁はバブル景気が91年春には既に終焉していたと正式発表する。

人々は再び、地に足の着いた生活に戻っていた。何のことはない。「時代おくれ」が早すぎたのだ。ようやく世間が「時代おくれ」に追いついたのである。自分のことを後回しにする、真の男の生き様に気づいたのだ。

2001年4月16日、河島英五永眠。享年48。
2007年8月1日、阿久悠永眠。享年70。

そして今――「時代おくれ」は、オヤジたちのスタンダードナンバーとなった。松本人志サンを始め、元・朝青龍サンなど、同曲の熱狂的ファンは多い。

みんな、時代おくれの男になりたいのだ。



歌詞引用:
時代おくれ / 河島英五


2018.08.27
59
  Spotify
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1967年生まれ
指南役
コラムリスト≫
41
1
9
8
8
言葉の魔術師、阿久悠の80年代仕事 — 円熟を極めた素晴らしき作品群
カタリベ / 鈴木 啓之
13
1
9
7
8
フォークソングの終焉、ポップスの平原を自在に駆け抜けた伊勢正三
カタリベ / 藤本 真
17
1
9
8
0
さだまさし「道化師のソネット」とサーカスの裏側にある深い悲しみ
カタリベ / ミチュルル©︎
38
1
9
8
2
歌が大好きだった父、阿久悠の書いた「居酒屋」と甘いキャンディーの記憶
カタリベ / 蘭 華
43
1
9
8
1
月夜は自分を照らし出す。中島みゆきの「悪女」と映画「ムーンライト」
カタリベ / かいなってぃー
68
1
9
7
8
さだまさしの「檸檬」リスペクト、僕も聖橋から喰べかけの檸檬を投げた
カタリベ / 藤澤 一雅
Re:minder - リマインダー