7月4日

エアロスミスを世界にリマインドした RUN DMC「ウォーク・ディス・ウェイ」

37
1
 
 この日何の日? 
RUN DMC のシングル「ウォーク・ディス・ウェイ」が全米でリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1986年のコラム 
小比類巻かほる、両手いっぱいのジョニーとアンニュイな夏の昼下がり

アニメ「めぞん一刻」は神曲ばかり、心に響くピカソのエンディングテーマ

河合その子「再会のラビリンス」は「青いスタスィオン」の続編?

ランDMCから教わった「ウォーク・ディス・ウェイ」は自業自得のお説教

ブラジル青春グラフィティ「ウォーク・ディス・ウェイ」と一目惚れの彼

ウォーク・ディス・ウェイ!ロック×ヒップホップ、歴史を塗り替えた1曲

もっとみる≫







3月26日はエアロスミスのボーカリスト、スティーヴン・タイラーの誕生日だそうだ。1948年生まれだから、今年(2019年)で何と御年71歳。そりゃあ僕たちも歳を取るわけだ。

… で、スティーヴンには全くもって申し訳ない話だが、僕は彼の名前を聞くと、どうしても『セレブリティ・デスマッチ』を思い出してしまう。

『セレブリティ・デスマッチ』とは、1998年から2007年まで MTV で放送されていた人気クレイアニメのことで、粘土で作られた有名人たち(政治家、俳優、ミュージシャン等)がプロレスで対決させられる… という番組内容だった。もちろん「デスマッチ」を名乗っている以上どちらかが死ぬまで闘う訳で、ビジュアル的にもかなりグロテスクだったが、僕はこの番組が面白くて仕方なかった。

スティーヴン・タイラーが登場したのは、98年5月の「シーズン1」3回目の放送で、試合の相手はミック・ジャガーだった。言わば「タラコ唇対決」だ。結果は、ミックがスティーヴンの胸部を巨大な舌でズブっと刺して勝利。舌を凶器にする設定は、きっとザ・ローリング・ストーンズのシンボルであるベロマーク(Lips and Tongue)に対する皮肉を含んでいたに違いない。このように、スティーヴン・タイラーは何かにつけてミック・ジャガーと比較され、エアロスミスは良くも悪くも「ザ・ローリング・ストーンズの米国版」的なイメージを持たれてきた。

RUN DMC のダリル・マクダニエルズ(DMC)は「ウォーク・ディス・ウェイ」で共演するまでエアロスミスの存在を知らなかったそうで、初めてスティーヴン・タイラーとジョー・ペリーに会った時のことを米国の音楽サイト『LOUDWIRE』のインタビューでこう答えている。

「プロデューサーのリック・ルービンがザ・ローリング・ストーンズを連れて来たと思った」

だが、90年代にグラミー賞の最優秀ロック・パフォーマンス賞(Best Rock Performance by a Duo or Group with Vocal)を4回も受賞し、2001年にはロックの殿堂(The Rock and Roll Hall of Fame and Museum)入りも果たした偉大なバンドのことを、まるで「ザ・ローリング・ストーンズの二番煎じ」のように扱うのは、さすがに失礼というものだろう。

73年にデビューしたエアロスミスは、3rdアルバム『闇夜のヘヴィ・ロック(Toys In The Attic)』と4thアルバム『ロックス』のヒットでスタジアム級のバンドになった。今では信じられない話だが、当時は日本でクイーン、KISS と共に「御三家」と呼ばれることもあった。ところが、バンドは程なくして、メンバーの脱退劇、解散状態、セールス不振と「どん底」に陥ってしまう。そんな彼らを救ったのが、かつてのヒット曲「ウォーク・ディス・ウェイ」だった(蛇足だが、この曲には発売当初「お説教」という邦題が付けられていた!)。

実は、当時この曲はヒップホップの定番ブレイクとして、イントロの4小節(あの有名なギターのリフ)をループしてラップを載せる… という風によく使われていた。にもかかわらず、RUN DMC はそうしなかった。普通にラップするのではなく、エアロスミスのオリジナルと同じリリックで “そのまんま” カバーしたのだ。

これがエアロスミスにとって奏功した。“そのまんま” だったことで、スティーヴンとジョーが自然にレコーディングに参加できたし、その結果あの有名なビデオにも出演できた。壁をぶち破って出てくるスティーヴンの姿を、皆さんも覚えているだろう。お陰で世の音楽ファンたちは、忘れかけていたエアロスミスの存在を思い出したのだった。

それもこれも、オリジナルのスティーヴンのボーカルが、そもそもラップ的だったことが大きい。ラッパーが “そのまんま” カバーするのに「うってつけ」だったのだ。彼のこのようなボーカルスタイルは、ミック・ジャガーとは全く異なる、スティーヴン・タイラー独自のものである。


Song Data
■Walk This Way / RUN DMC
■作詞・作曲:Steven Tyler, Joe Perry
■プロデュース:Russell Simmons, Rick Rubin
■発売:1986年7月4日


Billboard Chart
■Walk This Way / Aerosmith(1977年1月29日 全米10位)
■Walk This Way / RUN DMC(1986年9月27日 全米4位)

2019.03.26
37
  RUNDMCVEVO / RUN-DMC - Walk This Way (Video)


  YouTube / Aerosmith
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1965年生まれ
中川 肇
また、HIKAKINがシンガポールでAerosmithのライブに出演した時のドキュメンタリー動画も併せてご覧下さい↓
Hikakin × Aerosmith × Nonstop - Walk This Way - YouTube
https://youtu.be/2GmcMqHCuS4
1万5000人の前でライブ!エアロスミスのコンサートに出演しました! - YouTube
https://youtu.be/l58txWr2En4
2019/03/26 13:35
0
返信
1965年生まれ
中川 肇
Run-D.M.C.のDMCが「Walk This Way」について語っているインタビュー動画が面白いので紹介します↓
DMC: The Real Story of Aerosmith + Run-D.M.C.'s 'Walk This Way' - YouTube
https://youtu.be/5ikJrtxRovI
2019/03/26 13:34
0
返信
カタリベ
1965年生まれ
中川肇
コラムリスト≫
15
1
9
8
6
ランDMCから教わった「ウォーク・ディス・ウェイ」は自業自得のお説教
カタリベ / 時の旅人
12
1
9
8
6
音楽が聴こえてきた街:RUN DMC の登場と原宿独自のヒップホップ・カルチャー
カタリベ / 本田 隆
8
1
9
8
6
ウォーク・ディス・ウェイ!ロック×ヒップホップ、歴史を塗り替えた1曲
カタリベ / DR.ENO
26
1
9
8
9
エアロスミスの傑作アルバム「パンプ」ロック史に残る大復活劇!
カタリベ / 宮井 章裕
30
1
9
9
0
エアロスミスとスティーヴン・タイラー、武道館に響く「アイム・ダウン」
カタリベ / 宮木 宣嗣
20
1
9
8
6
ブラジル青春グラフィティ「ウォーク・ディス・ウェイ」と一目惚れの彼
カタリベ / clake
Re:minder - リマインダー