9月21日

EPICソニー名曲列伝:THE MODS「激しい雨が」ラディカリズムとコマーシャリズムの最適比率

48
0
 
 この日何の日? 
ザ・モッズのシングル「激しい雨が」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1983年のコラム 
酒場からの叩き上げ、ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースのロックンロール!

レコオタのカルマは気まぐれ!? 旅行けば、そこはレコード屋

KISSの忠告♪「地獄の回想」に学ぶ、すっぴんはもったいぶるな!

SMAPの解散を想うとき、いつも私の脳裏に浮かぶのはチェッカーズ

ロックバンドの革命として語り継がれるザ・モッズ80年代の軌跡

平成生まれがハマった昭和:チェッカーズ「ギザギザハートの子守唄」

もっとみる≫







EPICソニー名曲列伝 vol.8

THE MODS『激しい雨が』
作詞:森山達也
作曲:THE MODS
編曲:THE MODS
発売:83年9月21日


――「EPIC を選んだのは要するにクラッシュとレーベルメイトになりたかったんよ(笑)。CBS(ソニー)からも話が来たけど、松田聖子とか郷ひろみのイメージしかないわけで、一方 EPIC は博多までスカウトに来た人が “LONDON CALLING” って書いたブルゾン着て来るわけよ。うわー、こんなんよく持っとるね、俺も欲しい! って思ったけど… 後で考えたらただの販促グッズなんよね(笑)」

『THE MODS Beyond the 35th Year』(シンコーミュージック・エンタテイメント)という本にあった、ザ・モッズのボーカリスト = 森山達也の発言。この言葉の中には、当時の EPICソニーの発していた匂いが詰め込まれている。

CBSソニーよりも若くて、小さくて、パンクなレコード会社。でも、それでいてちゃんと商売にも目を向けていて、販促グッズにも気が利いている――。

そんな EPICソニーが、福岡の「めんたいロック」の代表格だったバンドに手を出すとどうなるのか。その答えが、マクセルのカセットテープ『UD Ⅰ』(ユーディー・ワン)の CM タイアップである。

画面の中には大樹の枝に座ったザ・モッズのメンバー4人。次に森山達也のアップ、「THE MODS」と書かれたバスドラムのアップ、白バックで演奏する4人の姿へと続く。キャッチコピーは「音が言葉より痛かった。」。

カセットテープの拡販にも効果はあっただろうが、それ以上に、福岡からやって来たパンクバンド = ザ・モッズのお披露目として理想的な CM だったと思う。

前回(EPICソニー名曲列伝:ラッツ&スター「め組のひと」と井上大輔の湿ったロックンロール)で私は、70年代の資生堂のタイアップ CM が放っていた「ハイカルチャー感」が80年代に入って減衰していったと書いた。

資生堂に代わって、いくつかの企業によるタイアップ CM が、その「ハイカルチャー感」を引き継ぐのだが、その代表選手がマクセルだったと思う。

山下達郎『RIDE ON TIME』(80年)に始まり、ザ・モッズ、村田和人、久保田利伸、渡辺美里などの邦楽勢に加えて、ワム!、スタイル・カウンシル、トンプソン・ツインズ、ナイル・ロジャースと来るのだから、豪勢この上ない「ハイカルチャー感」 = 「ハイ・ロックンロール感」である。

さらに、その CM の中で流れた、この『激しい雨が』のメロディが実にキャッチーだったことも、ザ・モッズの鮮烈なお披露目に機能したと思う。この曲のサビの音列。


 激しい雨が(ドド・ドド・ドド・シッ)
 俺を洗う(ララ・ララ・ラッシッ)
 激しい風が(ドド・ドド・ドド・シッ)
 俺を運ぶ(ララ・ララ・ラッシッ)
 激しいビートが(ドド・ドド・ドー・シシ)
 俺に叫ぶ(ララ・ララ・ラッシッ)
 (キーはC#m)


何とラ、シ、ドのたった3音で構成され、ラからドという短三度の狭い音域の中にすっぽり入っているのだ。

このサビのキャッチーさは異常だと思う。音を少なく・狭くすれば即キャッチーになるというわけではないだろうが、少なくともシンプルな方が記憶に残りやすいのも確かだろう。例えば、たった2音で作られたこのサビ。


 Ez Do Dance(ドッド・ッレ・レ)
 Ez Do Dance(レッレ・ッド・ド)
 踊る君を見てる(ドッド・ッレ・レド・レレ・ード・ドー)
 (trf『EZ DO DANCE』(93年)キーはA)


さらにシンプルに、たった1音で押してくるメロディとしては、浅香唯『恋のロックンロール・サーカス』(89年)がある。この「ミ」(キーはE)の音だけで続くサビも、やはり一度聴いたら忘れられない。


 C・I・R・C・U・S
 C・I・R・C・U・S
 C・I・R・C・U・S
 U・U・U・I・LOVE・U


話を戻すと、このような理想的にして鮮烈なタイアップ CM で、ザ・モッズは世に出て、数多くの音楽家からリスペクトされる独自のポジションを築きながら、デビューから38年経った現在まで、活動を続けているのである。

ここで冒頭に登場した、“LONDON CALLING” と書かれたブルゾンを着た EPICソニーの社員のことをもう一度考えたい。伝説のパンクバンド = クラッシュを愛するというラディカリズムと、クラッシュのブルゾンが販促グッズだったというコマーシャリズム。

そして、ザ・モッズのブレイクのキッカケとなったマクセルの CM のことも考える。4人が激しいサウンドを演奏する映像のラディカリズム、しかしその映像がカセットテープの宣伝となっているというコマーシャリズム、さらには、曲のサビが強烈にキャッチーだという強烈なコマーシャリズム――。

つまり、80年代に栄華を極めた EPICソニーの強みというのは、ラディカリズムとコマーシャリズムの見事なバランスだったのではないか。ラディカリズムの比率が高まるとインディーズになってしまう。しかし、コマーシャリズムが出過ぎると、コロムビアやビクターのような老舗レコード会社のようになってしまう。

70年代に、そのバランスの取り方で一世を風靡したはずの CBSソニーも、博多のロック少年 = 森山達也にとって見れば「松田聖子とか郷ひろみのイメージしかない」と見えてしまっていた(余談だが、松田聖子も郷ひろみも福岡出身なのが面白い)。そんな状況に現れた新勢力こそが、EPICソニーだったのだ。

83年秋の音楽シーン。ロックンロールと商業ポップスの間に、新しいマーケットが生まれ始めている。ラディカリズムとコマーシャリズムが最適比率でブレンドされたそのマーケットには「EPIC」の文字が刻印されている。

2019.06.29
48
  Apple Music


  YouTube / callfromthepast
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1966年生まれ
スージー鈴木
コラムリスト≫
64
1
9
8
4
ここにいる数少ない女の子のために… モッズが奏でる「バラッドをお前に」
カタリベ / 本田 隆
52
1
9
8
4
EPICソニー名曲列伝:「オーバーナイト・サクセス」洋楽と邦楽の間にある新しい音楽
カタリベ / スージー鈴木
53
1
9
8
3
ロックバンドの革命として語り継がれるザ・モッズ80年代の軌跡
カタリベ / 本田 隆
36
1
9
8
7
ルード・ボーイ、80年代後半 THE CLASH が日本で愛された理由
カタリベ / 本田 隆
109
1
9
8
1
連載開始! EPICソニー名曲列伝:80年代と書いてEPICソニーと読む
カタリベ / スージー鈴木
33
1
9
8
5
僕らが THE MODS に求めるもの。それは決して懐かしさなんかじゃない
カタリベ / 本田 隆
Re:minder - リマインダー