6月21日

ベタでもいい!佐野元春「サムデイ」は私にとってかけがえのない名曲

143
4
 
 この日何の日? 
佐野元春のシングル「サムデイ」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1981年のコラム 
単なるお化粧バンドではない?デュラン・デュランのカッコ良さ

カーペンターズ最後の全米トップ40ヒット!隠れた名曲「タッチ・ミー」

ビートルズ来日から15年、スターズ・オン45 によるメドレーブーム勃発!

日本における「カノン進行」の源流を探る旅(その2)

西城秀樹の新境地「セクシー・ガール」ソングライティングは横浜銀蝿

伊藤銀次が語る「サムデイ」制作秘話、佐野元春のMCにじんじんきてた理由

もっとみる≫



photo:佐野元春データベース  

中学生の頃の自分に教えてあげたい、「佐野元春さんに会えるんだよ!」と。

2年前、私はラジオ界の大御所の方のあるパーティーで、あの、あの、佐野元春さんと、2人きりで3分ぐらいの会話をしたのです。

35年前、中学生になった私は、新しい環境で、新しい友達を作ることがなかなか出来ないでいました。登校しても、2時間目ぐらいで静かに教室を抜け出し、まっすぐ自宅に帰り、自室で音楽を聴いたり、好きな時間を過ごしていました。

私の母は、東京日野市の某大学のすぐ近くの自宅の横で喫茶店を開いていて、大学のいくつかのサークルは、うちの喫茶店を溜まり場にしていたので、いつも大学生のお兄ちゃん達が集まっていました。

私がいつものように、早めに帰宅すると、軽音楽サークルのお兄ちゃん達が、ギターを弾きながら、大きな声で喫茶店の中で歌っていました。

「サムデイ! この胸にサムデイ!」と。

お兄ちゃんたちの後ろから流れてくるレコードの曲、歌。
それは… 佐野元春さんの「サムデイ」でした。

突然、優しい、そして強い温かさの想いが、さみしかった13才の私の胸に入り込んで、涙が出そうだったのを覚えています。

私はすぐに、ギターを弾いて歌っていたお兄ちゃん達からカセットテープを借りて、「サムデイ」の曲を毎日、リピート、リピートで、ずっと聴いていました。前向きに捉えられない日々を送っていた13才の私は、不思議な力を貰った感じがして、その後、なぜか学校も楽しめて、馴染んでいけるようになりました。好きな男子までも出来たりして。中学生活3年間は、佐野元春さんのすべての曲をいつも聴いていました。

そして2年前、46歳の私は、パーティーで談笑が終わったほんの隙の佐野元春さんに、清水の舞台から飛び降りる思いで、声をかけさせていただきました。

私の呼びかけで、私の顔を見てニコッとしてくださった佐野元春さんを見た瞬間に、私の目からは涙が溢れ、そして、私は13才の時の、あのさみしい世界から抜け出せたのは、佐野さんの音楽のお蔭ですと、声を絞り出しながら、そして「ありがとうございました」と伝えました。

「こちらこそ、ありがとう。」

佐野元春さんのあの声、あの声で…
私の目を見て、言ってくださいました。そして、更に「嬉しい」とも、言ってくださいました。私はすぐさま、タイムマシンに乗って、33年前の不安だらけの13才の私に、言ってあげたくなりました。「つらいことが多い10代を過ごすけど、生きていれば良いことあるからね! 絶対あるからね、すごいことが待っているからね、がんばるんだよ!」と。

「サムデイ」という曲は、佐野元春さんの代表曲としては有名過ぎて、ベタな印象がありますが、本当に、本当に素晴らしい、私にはかけがえのない名曲です。そして、声に出して歌いたくなるんですよね…


 いつかは誰でも 愛の謎が解けて
 ひとりきりじゃいられなくなる
 ステキなことはステキだと無邪気に
 笑える心がスキさ

 SOMEDAY
 この胸に SOMEDAY
 ちかうよ SOMEDAY
 信じる心いつまでも



2017.03.04
143
  YouTube / 佐野元春 - DaisyMusic
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1970年生まれ
inoby
私にとってもかけがえのない一曲です!
2020/09/10 00:07
7
返信
カタリベ
1968年生まれ
稲田雪路
コラムリスト≫
74
1
9
7
9
松原みき「真夜中のドア」世界中から共感されるシティポップ・ブームの核心とは?
カタリベ / 指南役
54
1
9
8
4
【1984年の革命】佐野元春「VISITORS」ニューヨークのヒップホップとロックの初期衝動!
カタリベ / 馬飼野 元宏
21
1
9
7
7
おすすめシティポップ【夏の都会の夜景編】カセットテープで聴くドライブソング
カタリベ / 彩
27
1
9
8
1
80年代が持ち得た寛容性「の・ようなもの」シー・ユー・アゲイン・雰囲気
カタリベ /  白石・しゅーげ
42
1
9
8
4
1984年の伊藤銀次「BEAT CITY」 L.A.レコーディング事情 〜 その1
カタリベ / 伊藤 銀次
14
1
9
9
1
腕が折れるまで叩け!ヒートウェイヴ山口洋の一喝で目が覚めた
カタリベ / やっすぅ