9月15日
酒場からの叩き上げ、ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースのロックンロール!
31
1
 
 この日何の日? 
ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースのアルバム「スポーツ」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1983年のコラム 
プログレメタル「クイーンズライク」の原点は4曲入りのミニアルバム

ラッツ&スター「め組のひと」からの、色褪せない「Tシャツに口紅」

キャラ変遷直前!? 長渕剛の飄々とした輝きを閉じ込めた「家族ゲーム」

KISSの忠告♪「地獄の回想」に学ぶ、すっぴんはもったいぶるな!

SMAPの解散を想うとき、いつも私の脳裏に浮かぶのはチェッカーズ

ロックバンドの革命として語り継がれるザ・モッズ80年代の軌跡

もっとみる≫

photo:FANART.TV  

僕にとってヒューイ・ルイス&ザ・ニュースのレコードは、まさしく『ベイエリアの風』だった。アメリカ西海岸の街から発信される骨太のロックンロールは明るく、爽やかなコーラスには青い空がよく似合っていた。音楽にそうした地域性を感じたのは、彼らが最初だったかもしれない。

「アイ・ウォント・ア・ニュー・ドラッグ」、「ハート・オブ・ロックンロール」、「イフ・ディス・イズ・イット」、「スタック・ウィズ・ユー」、「ジェイコブズ・ラダー」。他にもたくさん。

彼らのヒット曲は、僕が思い浮かべる日常のどの場面にも当てはまる気がした。男仲間とつるんでいる時も、好きな女の子のことを考えている時も、なにか面白いことが起きないかと期待している時も、いつだって僕を10代特有の甘酸っぱい気持ちにさせてくれたように思う。

ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースは、生粋のバーバンドだ。元々ヒューイ・ルイスはクローバーというカントリーロックバンドのメンバーで、イギリスのパブロックシーンで人気を集めていた。このバンドがエルヴィス・コステロのファーストアルバムでバックを務めたのは有名な話だろう。

クローバー解散後、ヒューイ・ルイスは地元サンフランシスコに戻り、ザ・ニュースの前身となるアメリカン・エキスプレスを結成。西海岸のバーで毎夜ライヴをするようになる。つまり、ヒューイ・ルイスの音楽キャリアは酒場での叩き上げなのだ。

酒場のライヴでなにより重要なのは、客を楽しませることだ。その点、ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースの音楽はとにかく明るかった。難しいことを考えずに、ただ楽しむことができた。それは1日の憂さを晴らすのにぴったりの音楽だった。

こうした下積みがヒューイ・ルイス&ザ・ニュースを全米を代表するライブアクトへと成長させることになる。最初のトップ10ヒットとなった「ドゥ・ユー・ビリーヴ・イン・ラブ」をリリースした時、ヒューイ・ルイスは既に30才を過ぎていた。機は熟しすぎるほど熟していたのだ。

とりわけ僕の心をがっちり掴んだのは、彼らのアカペラコーラスだった。毎週楽しみに観ていた音楽番組『ベストヒットUSA』で、彼らがザ・タイムズの「ソー・マッチ・イン・ラブ」を楽しそうに歌うのを観て、すっかりやられてしまったのだ。

1985年12月の日本武道館、僕は「ソー・マッチ・イン・ラブ」を期待していたが、残念ながら歌ってはくれなかった。その代わりザ・インプレッションズの「イッツ・オール・ライト」がアカペラで披露された。ハンドクラッピングをしながら歌うヒューイ・ルイスと、指を鳴らしながらコーラスをつけるメンバーは本当にかっこよかった。

そして、このときの来日公演は同郷の偉大なファンクバンド=タワー・オブ・パワーのホーンセクション5人を伴ったものだった。そう、あの夜、僕は彼らの名曲「ユーアー・スティル・ア・ヤングマン」を聴いているのだ。

ザ・タイムズもザ・インプレッションズもタワー・オブ・パワーも、ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースに教えてもらった。

また、彼らのレコードには古いカヴァーソングが収録されていて、そうした曲にも興味を惹かれた。「バズ・バズ・バズ」はハリウッド・フレイムス、「ホンキー・トンク・ブルース」はハンク・ウィリアムズの曲だった。そんなことを、僕は何年も後になって気づくことになる。

1980年代も後半になると、彼らの人気は次第に低迷していった。でも、ヒューイ・ルイスにしてみれば、そんなのはどうってことなかったのかもしれない。

だって、彼らは生粋のバーバンドなのだから。また馴染みのバーへ戻ればいいだけのこと。それが「帰る場所」をもっているバンドの強みだ。

今でも彼らはライヴ活動をつづけている。

明るくて楽しくて、1日の憂さを晴らすのにぴったりなロックンロールを、きっと演奏しているに違いない。

2017.06.16
31
  YouTube / nekoji6503


  YouTube / whatiship73
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1970年生まれ
宮井章裕
コラムリスト≫
30
1
9
8
5
80'sの象徴「バック・トゥ・ザ・フューチャー」と「パワー・オブ・ラヴ」
カタリベ / 太田 秀樹
31
1
9
8
5
ビートルズのいない80年代、そこにはニック・ロウがいた!
カタリベ / ソウマ マナブ
14
1
9
8
9
ポールが歌うべきだった!?「ヴェロニカ」はコステロ最大のヒット曲
カタリベ / 宮木 宣嗣
20
1
9
8
5
破格の待遇!本当にあった「エルヴィス・コステロ」のアルバイト
カタリベ / 時の旅人
20
1
9
8
2
ロバート・ワイアットの魔法、コステロが捧げた名曲と奇跡の声
カタリベ / DR.ENO
21
1
9
8
1
ジャパンパワーが世界を席巻!80年代はパックマンで始まった
カタリベ / 鎌倉屋 武士
Re:minder - リマインダー