9月13日

世界的大ヒット! J. ガイルズ・バンド「堕ちた天使」の七不思議

23
1
 
 この日何の日? 
J. ガイルズ・バンドのシングル「センターフォールド」が全米でリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1981年のコラム 
伝説のアルバム「タモリ3」~ ヒップホップとしてのタモリ論

映画「の・ようなもの」森田芳光が真空パックしたアーリー 80's の空気

80年代が持ち得た寛容性「の・ようなもの」シー・ユー・アゲイン・雰囲気

ストレイ・キャッツ初来日、いい席を取るにはプロモーターの事務所へ行け!

素晴らしきパロディソングの世界(その2)所ジョージ 篇

マッドチェスターの源流? ロンドン発のニューウェーヴ、パッションズ

もっとみる≫



photo:Discogs  

とかく日本人というのは七という数字が好きな民族だ。八百万もいる神様からわざわざ七福神を選んだり、有象無象ある草花から七草を選んだり、一回転べばもう十分なのに七回も転んだりする。森羅万象と言われる神秘の世界にも「七」不思議がある。

思い出して欲しい、あなたの小学校にも七不思議はあったはずだ。三不思議でも、五不思議でもなく、七不思議が……。誰も居ないはずの教室から人の話し声がとか、ホルマリン漬けになっているヘビがいる理科室とか、音楽室に飾られているシューベルトの肖像画がとか~(怖)。

私の小学校にも七不思議は存在した。しかし、みんなの話を聞いていると「あれ、その話で八つめだよ、あれれ、それを入れると九つになっちゃうよ」と、どんどん増えてしまう。それ自体が七不思議なのだが、その中でも全員が一致する中央階段(怪談)の怪という話があった。

その小学校は木造二階建ての古い校舎で、横長の校舎の真ん中に中央階段という、そのまんまのネーミングの階段があった。大晦日の日、その階段を昇るときは十四段なのだが、七回上り下りをすると、最後に降りるときは十三段になっているというモノだった。恐らくこの話は、夏休みのとある日でも13日の金曜日でも良かったのであろうが、最初にしゃべった奴が何となく大晦日にしたのだろう。

いずれにせよ日本人は七という数字が好きなのである。

さて、ここまで話を引っ張って申し訳ないのだが、J. ガイルズ・バンドの「墜ちた天使(Centerfold)」も「七」を連発する名曲である。この曲は、みんなの憧れであるクラスのマドンナが、ある日雑誌のピンアップに下着姿で出ており、純粋な恋心を打ち砕かれた(意訳)というストーリーだ。

大抵の日本人に「あれ、この曲どんなのだっけ」と聞くと、「Nanana……」とハミングすることだろう。もうすぐ2017年ですね。お後がよろしいようで。

2016.12.21
23

J. Geils Band - Centerfold 投稿者 jpdc11
  Daily Motion / jpdc11 
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1965年生まれ
ユパ
なんと強引な・・・
でもおもしろい!
2016/12/21 09:48
3
返信
カタリベ
1967年生まれ
時の旅人
コラムリスト≫
20
1
9
8
2
J.ガイルズ・バンド「堕ちた天使」ララが愛の言葉ならナナナはロックの言葉
カタリベ / ソウマ マナブ
65
1
9
8
1
スタート・ミー・アップでわかるミック・ジャガーの商才と商魂
カタリベ / 中川 肇
31
1
9
7
9
NYの伝説的ディスコ「スタジオ54」セレブの集まるクールな社交場
カタリベ / 中川 肇
105
2
0
0
9
ミュージカルTVドラマ「glee/グリー」で蘇った80年代の名曲たち
カタリベ / 中川 肇
54
1
9
7
8
ブロンド好きのスーパースターがカープール・カラオケにやってきた!
カタリベ / 中川 肇
26
1
9
9
0
人生転がりっぱなし、まさにローリングストーン状態
カタリベ / 時の旅人