1月18日

80年代は洋楽黄金時代【カバー曲 TOP10 番外編】やっぱり音楽は記録より記憶?

27
1
 
 この日何の日? 
ヴァン・ヘイレンのシングル「オー・プリティ・ウーマン」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1982年のコラム 
元祖 “じゃない方芸人” うなずきトリオ、大瀧詠一が手掛けた「うなずきマーチ」

近藤真彦「情熱☆熱風☽せれなーで」時代を映す鏡だったマッチの異色作?

登場人物全員悪人!欲望渦巻く「けものみち」フィクサーの玩具になった名取裕子

ジョーン・ジェットを思わせるハードロック、本格派ヘイルストーム

ソニーのウォークマンとジョーン・ジェットのアイ・ラヴ・ロックンロール

決定!!全日本歌謡選抜、小川哲哉に「くん」呼ばわりされた有名シンガーは!?

もっとみる≫




記録ではなく “記憶” に残るカバー曲は?


僕は仕事柄、クライアントに何かを説明したり、提案したりする際に「ファクトベース」で語ることを心掛けている。「ファクトベース」とは、要するに「ファクト=事実」に基づくということだ。話が客観的な事実に基づくことで、相手を納得させやすくなるという訳である。そもそも、クライアントは僕の個人的な「思い」を訊きたいのではなく、自分たちにとって合理的な「解」が知りたいだけなのだ。

…で、僕にはこういう癖(へき)があるので、リマインダーのコラムを書く時でさえ「ファクトベース」な語り口になってしまう。ちなみに、ここでの「ファクト」とは、音楽メディアが発表したランキングだったり、楽曲のチャートアクションだったりする訳だが、とにかくデータや記録といった「ファクト」を重視してきたのである。

だが、「ファクト」が常に僕たち一人一人の感覚に合致しているかというと、全くそんなことはない。個人が入手できる情報の量や範囲はその人の立場・状況によって異なるし、入手した情報をどう消化するかもその人の能力や嗜好(志向)に大きく依存する。

これは僕自身にも当てはまる話で、僕が見聴きできる音楽、知りうる音楽情報に限界はあるし、それらを個人的な好みによって取捨選択している以上、僕の頭に残ったり心に刻まれたりする音楽は、良くも悪くも偏っているに違いない。

僕は今年5月にリマインダーで『80年代は洋楽黄金時代【カバー曲 TOP10】一粒で二度おいしいのがポップスの基本?』を発表したが、そこで紹介した楽曲は全て全米・全英チャート上の「記録(という名のファクト)」に基づいて選んでいる。つまり、僕個人の好みや実感値は必ずしも反映されていない。だが、実際にはこれらとは別に、僕の「記憶」に強く残っている楽曲がたくさん存在している。

そこで、今回は【カバー曲 TOP10 番外編】と題して、必ずしもシングルとして大ヒットした訳ではないが、僕にとって印象的だったバージョンを紹介したいと思う。つまり客観的な「記録」より僕の個人的な「記憶」を優先した訳だが、1980年代当時の日本のロック少年には、ある程度は共感してもらえるのではないだろうか。

【第10位】 スティング / リトル・ウィング


ソロアルバム第2弾『ナッシング・ライク・ザ・サン』に収録。シングルリリースはない。オリジナルはジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスの1967年の作品で、米国の音楽誌『Rolling Stone』が2021年に発表した「The 500 Greatest Songs of All Time」では188位に選ばれている。数々のアーティストにカバーされているが、スティングのバージョンは何と言っても、マイルス・デイヴィスとの共演・共作でお馴染みのギル・エヴァンスによるアレンジと、ブランフォード・マルサリスによるソプラノサックスのソロが秀逸で、耳の肥えたジャズファンにも十分に受け入れられる出来だと思う。

【第9位】 U2 / ヘルター・スケルター


彼ら自身を描いたドキュメンタリー映画『魂の叫び(Rattle And Hum)』のサウンドトラックに収録されたライブバージョン。オリジナルはもちろんザ・ビートルズ。1968年にリリースされた『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』のC面6曲目。彼らの作品の中で最もハードロックな曲であり、ポール・マッカートニーのボーカリストとしての凄さを思い知らされる。多くのカバーバージョンが存在するが、中でもU2は原曲に忠実なアレンジで演奏していて、彼らの先達への敬意がとても感じられる。



【第8位】 エリック・クラプトン / ビハインド・ザ・マスク


アルバム『オーガスト』に収録。オリジナルは我らがYMO。1979年にリリースされ、爆発的ブームのきっかけになったアルバム『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』の一曲。それがマイケル・ジャクソン、グレッグ・フィリンゲインズを経由してエリック・クラプトンの元に辿り着いた。坂本龍一の作曲だが、まるでギターで作ったかのようなコード進行である。当初は高橋幸宏の名前もクレジットされていた記憶があるが、海外に行ったら何故か消えてしまった。いずれにせよ、世界で知られる数少ない “日本人の楽曲” の一つである。



【第7位】 ジェフ・ベック / ピープル・ゲット・レディ(With ロッド・スチュワート)


アルバム『フラッシュ』に収録。オリジナルはカーティス・メイフィールドを擁するR&Bコーラスグループ、インプレッションズの1965年のヒット曲で、2021年発表の「The 500 Greatest Songs of All Time」で122位に選ばれている。ジェフ・ベックのバージョンのクライマックスは、何と言っても旧友ロッド・スチュワートとの16年振りの共演だろう。息の合ったパフォーマンスはもちろん、ミュージックビデオを観るだけでもジーンと来てしまう。ちなみに、ロッド・スチュワートは1993年の『MTV Unplugged』でもこの曲を披露した。



【第6位】 ザ・ローリング・ストーンズ / ゴーイング・トゥ・ア・ゴー・ゴー


ジャケットデザインを日本人画家のカズ・ヤマザキが担当したライブアルバム『スティル・ライフ(アメリカン・コンサート'81)』に収録。オリジナルはスモーキー・ロビンソンを擁するミラクルズの1966年のヒット曲。ザ・ローリング・ストーンズのバージョンでは81年の北米ツアーの音源が使われていて、シングルリリースもされている。このツアーはアルバム『刺青の男(Tattoo You)』のリリース後にプロモーションを兼ねて行われたが、もの凄い盛り上がりで、この頃が彼らのキャリア上のピークだと言う人もいるくらいであった。



【第5位】 コミュナーズ / さよならは言わないで(Never Can Say Goodbye)


セカンドアルバム『レッド』に収録。1985年に英国で結成されたシンセポップデュオで、カテゴリ的にはペット・ショップ・ボーイズに近い。オリジナルはジャクソン5の71年のヒット曲だが、74年にはグロリア・ゲイナーがカバーしてヒットさせている。コミュナーズのバージョンは、どちらかと言えばグロリア・ゲイナーを踏襲した、完全なディスコサウンドである。また、サビでマイケル・ジャクソンが「I never can say goodbye girl」と歌っているところをコミュナーズは「I never can say goodbye boy」に変えていて、そんなところもこのデュオの特徴と言える。

【第4位】 シンディ・ローパー / ホワッツ・ゴーイン・オン


セカンドアルバム『トゥルー・カラーズ』に収録。オリジナルはマーヴィン・ゲイで、彼の政治意識が色濃く反映されていると言われるが、サウンド的には1971年のリリース当時最も洗練されたソウルミュージックだったと思う。2021年発表の「The 500 Greatest Songs of All Time」では6位。シンディ・ローパーのバージョンは、エイドリアン・ブリューがアレンジとギターで参加しているせいか、原曲とは一風変わった雰囲気だ。また、大の日本贔屓としても知られる彼女は、東日本大震災直後の2011年3月21日、大阪NHKホールで日本の国旗を背中に羽織ってこの曲を歌ったそうである。

【第3位】 ザ・パワー・ステーション / ゲット・イット・オン(Get It On(Bang a Gong))


アルバム『ザ・パワー・ステーション』に収録。ロバート・パーマー(ボーカル)、デュラン・デュランのジョン・テイラー(ベース)とアンディ・テイラー(ギター)、元シックのトニー・トンプソン(ドラムス)の4人によるプロジェクトで、1984年に結成された。オリジナルはT・レックスで、71年リリースのアルバム『電気の武者(Electric Warrior)』に収められている。グラムロックの代表格として英国や日本では大人気だったが、米国ではこの曲しかヒットしなかった。ザ・パワー・ステーションのバージョンは原曲に忠実ながらも、プロデューサーのバーナード・エドワーズによってデュラン・デュラン寄りの味付けがなされている。



【第2位】 ヘイガー、ショーン、アーロンソン、シュリーヴ / 青い影(Whiter Shade Of Pale)


アルバム『炎の饗宴(Through The Fire)』に収録。後にヴァン・ヘイレンに加入することになるサミー・ヘイガー(ボーカル)が、ジャーニーのニール・ショーン(ギター)と共に、ケニー・アーロンソン(ベース)とマイケル・シュリーヴ(ドラムス)に声を掛けて実現したプロジェクトで、4人の頭文字を取って “HSAS” とも記載される。1984年に本作をリリースしただけで自然消滅した。オリジナルはプロコル・ハルムの67年のヒット曲で、曲を通して流れるハモンドオルガンのサウンドが印象的だ。それに比べると、HSASのバージョンは原曲の素晴らしさを全く踏襲していないが、とにかく彼らはこの曲を演りたかったのだろう。

【第1位】 ヴァン・ヘイレン / オー・プリティ・ウーマン


アルバム『ダイヴァー・ダウン』に収録。オリジナルはロイ・オービソンが1964年にリリースした大ヒット曲で、90年公開の映画『プリティ・ウーマン』の主題歌としても有名。だが、僕たちの世代にとっては、この映画が公開されるまでは、ヴァン・ヘイレンのバージョンの方がメジャーだったかもしれない。サウンド的には、お馴染みのギターリフが始まるまでの1分40秒の前奏が、何とも言えない絶妙な雰囲気を醸し出している。ただ、エドワード・ヴァン・ヘイレンの超絶ギターソロが出てこないのが、ちょっと残念。


Billboard Hot 100 / Official Singles Chart Top 100
■ (oh) Pretty Woman / Van Halen(1982年4月17日 全米12位)
■ Going To A Go-Go / The Rolling Stones(1982年6月26日 全英26位、7月17日 全米25位)
■ Whiter Shade Of Pale / Hagar, Schon, Aaronson, Shrieve(1984年5月26日 全米94位)
■ Get It On / The Power Station(Bang a Gong)(1985年6月1日 全英22位、8月3日 全米9位)
■ People Get Ready / Jeff Beck & Rod Stewart(1985年6月15日 全米48位、7月20日 全英81位)
■ Behind the Mask / Eric Clapton(1987年2月21日 全英15位)
■ What's Going On / Cyndi Lauper(1987年4月4日 全英57位、5月9日 全米12位)
■ Never Can Say Goodbye / The Communards(1987年11月21日 全英4位、1988年2月20日 全米51位)


Billboard 200 / Official Albums Chart Top 100
■ Diver Down / Van Halen(1982年5月8日 全英36位、6月12日 全米3位)
■ Still Life(American Concert 1981) / The Rolling Stones(1982年6月19日 全英4位、7月10日 全米5位)
■ Through The Fire / Hagar, Schon, Aaronson, Shrieve(1984年5月12日 全米42位)
■ The Power Station / The Power Station (1985年4月6日 全英12位、4月20日 全米6位)
■ Flash / Jeff Beck(1985年8月17日 全米39位、全英83位)
■ True Colors / Cyndi Lauper(1986年11月1日 全英25位、11月15日 全米4位)
■ August / Eric Clapton(1987年2月14日 全英3位、3月21日 全米37位)
■ Red / The Communards(1987年10月17日 全英4位、1988年2月27日 全米93位)
■ ...Nothing Like the Sun / Sting(1987年10月24日 全英1位、11月21日 全米9位)
■ Rattle And Hum (Soundtrack) / U2(1988年10月22日 全英1位、11月12日 全米1位)

▶ ヴァン・ヘイレンのコラム一覧はこちら!



2022.09.22
27
  Songlink


  Songlink


  Songlink


  Songlink


  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1965年生まれ
中川 肇
Top10の各楽曲のミュージックビデオです↓

[1位] Van Halen - (oh) Pretty Woman
https://youtu.be/FWQRDI7mTyw
[2位] Hagar, Schon, Aaronson, Shrieve - Whiter Shade Of Pale
https://youtu.be/ECc7lXP4lwA
[3位] The Power Station - Get It On (Bang a Gong)
https://youtu.be/O2vHbXI2p4k
[4位] Cyndi Lauper - What's Going On
https://youtu.be/BdXklYUJCxI
[5位] The Communards - Never Can Say Goodbye
https://youtu.be/Hvlv5qrhDUM
[6位] The Rolling Stones - Going To A Go-Go
https://youtu.be/y3PIQMWrV0w
[7位] Jeff Beck & Rod Stewart - People Get Ready
https://youtu.be/yC_j_dzkaVE
[8位] Eric Clapton - Behind the Mask
https://youtu.be/ik7WhBUzQIg
[9位] U2 - Helter Skelter
https://youtu.be/InTBgzAZOLg
[10位] Sting - Little Wing
https://youtu.be/4w-Tgx8voDw
2022/09/22 09:56
1
返信
カタリベ
1965年生まれ
中川肇
コラムリスト≫
23
1
9
8
7
80年代を代表するクリスマスアルバムは「クリスマス・エイド」で決まり! #2
カタリベ / DR.ENO
12
1
9
8
4
80年代洋楽の潮流、ジェリービーンといえば 12インチのリミックス!
カタリベ / ジャン・タリメー
154
1
9
8
4
上條淳士のロードムービー、スライダーズが越えた「金網」の向こう
カタリベ / 田中 泰延
25
1
9
8
3
YouTubeも筆の誤り、シーナ・イーストン「テレフォン」から続いた曲は?
カタリベ / 時の旅人
32
1
9
8
3
ポリス有終の美「シンクロニシティー」と3本の名作ビデオ ー 前篇
カタリベ / DR.ENO
12
1
9
8
7
イマジンにも匹敵!クラウデッド・ハウスが80年代に刻んだ永遠のナンバー
カタリベ / KARL南澤