10月1日

大村雅朗との仕事 ー 効率の悪い、こだわりと追求の積み重ね。

34
2
 
 この日何の日? 
太田裕美のアルバム「I do, You do」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1983年のコラム 
私とBOØWYの奇妙な因縁、松井恒松が作った丁寧で真面目なオムレツ

スーパースターとスーパーモデル、華麗なるミュージシャンのヨメたち!

泣くがいい。声をあげて泣くがいい。アルカトラズは初のお取り寄せ!

天才・銀色夏生との出会い、彼女が書きためた100編の作品

YESのロンリー・ハート、その後は猫も杓子もオケヒット「ギャッ!」

曲とビデオの相乗効果、新生イエスの「ロンリー・ハート」

もっとみる≫







前回に続き、1983年秋に発売された太田裕美の17th アルバム『I do, You do』にまつわるお話です。

歌詞は銀色夏生でということの他に、もうひとつ決めていたことがありました。アレンジを大村雅朗さんメインでいく。大村さんには前作『Far East』でB面の5曲をお願いして、そのセンスのよさは確認済み、今度は彼にもっと本領を発揮してもらって、「和風ニューウェイブポップサウンドによる大人の童話的世界」なんてものを創りたいと思っていました(それまでの太田裕美の路線は完全無視です……)。

当時、大村さんはプログラマーの松武秀樹さんと組んで、“打込み”、すなわちコンピュータにしかできない正確なビートや繰り返しの均一性を活かして、ポップスのサウンドに新風を吹き込んでいました。

もちろんコンピュータの導入は、70年代末から “YMO” などが、それこそ松武さんも先頭に立って、推進してきましたが、ここにきて “サンプリング” という新たな概念が出現していました。

“サンプリング” とは、音源をデジタルファイル化して、トリガーひとつで再生できるようにする機能ですが、これはコンピュータミュージックを大きくステップアップさせるものでした。

なぜなら、それまではコンピュータで演奏するといえばシンセサイザーやドラムマシーンに限られていたのが、“サンプリング” により、楽器音であろうが自然音であろうが機械音であろうが、ありとあらゆる音をコンピュータで演奏することができるようになったからです。

1980年の直前に「フェアライト CMI」と「シンクラヴィア」というサンプリング機能を持ったシンセサイザーが登場し、アフリカ・バンバータやトレヴァー・ホーンらが盛んにそれを使い始めたのがこの1983年です。ただし「フェアライト」が1200万円、「シンクラヴィア」など数千万円という高嶺の花だったので、サンプリングが一気に普及するのは、1985年にAKAIが「S612」という “サンプラー” を約20万円で発売して以降となります。

まさに “サンプリング黎明期” の1983年でしたが、松武さんはなんとサンプラーを自作していました。「Apple-II」というアップル社の最初のヒット商品だったパソコンを改造していたので、それを「オレンジ」という名前で呼んでいました。

まだ機能がごく限られており、サンプリングタイムは1秒もなかったんじゃないかな? つまり打楽器くらいしか取り込めず、ストレージもできなくて、Aの次にBをサンプリングしようと思ったらAは消さないといけない、という仕様でした。

おまけにまだMIDIじゃなく、CV/GATEという制御方式でしたから[※註](MIDIができたのは82年末)、曲の頭からプレイしないと「何小節目の何拍目で音を出す」という命令が実行できず、おしりの方にだけちょこっと録音したい場合であっても、頭からテープを回してずーっと待ってる、ということをしないといけなかったのでした。

今から思えば面倒極まりないですが、その時はそれしかやりようがなかったし、新しいサウンドを創るんだという気持ちの前では、そんなこと “屁の河童”(死語(^^))なのでした。

極端だったのは「葉桜のハイウェイ」という曲でのこと。青山純をブッキングして生ドラムをきちんと録音し、それからその音を、スネア、ハイハット、キック、タム…… とひとつずつサンプリングして、それを彼が叩いた通りにプログラミングして、すべて録り直す、ということをやったのです。彼のプレイが悪かったわけでは全然ないですよ。青山純の音色とフレージングを、コンピュータのジャストなビートで演奏させたかっただけなんです。

これには私もさすがに驚きました。お金も時間も倍以上かかりますしね。ここまでする必要があるのか。でもこういう、効率の悪い、こだわりと追求の積み重ねが、面白い音楽を生み出す土壌をしっかり耕していた、とは思うのです。


※註(2018.1.13 追記)
すみません。この部分は間違いです(レコーディングエンジニアの松田龍太さんが教えてくれました)。曲の頭からプレイしないとシンクしてくれないのは「MIDI」じゃなかったからではなくて、その時使っていたシンク用の信号がそれに対応していなかったからです。「SMPTE」と呼んでいたタイムコード信号ができて、それに対応した1984年に「Roland SBX-80」という器械が登場して以降は、曲の途中から出してもシンクできるようになりました。「SMPTE」についてはややこしいのでここでは説明は省略(^^)。


2017.12.29
34
  YouTube / cantlemin
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1954年生まれ
福岡智彦
コラムリスト≫
25
1
9
8
1
ウィンター・ライヴ 1981、ブレイク後の YMO が選んだサンプリングという手法
カタリベ / KZMX
42
1
9
8
3
太田裕美の担当になりました。実は全然合わなかった吉田保と大村雅朗…
カタリベ / 福岡 智彦
30
2
0
1
7
YMO だけじゃない! 日本音楽史上最強、80年代の音を作った松武秀樹
カタリベ / 蘭 華
41
1
9
8
3
天才・銀色夏生との出会い、彼女が書きためた100編の作品
カタリベ / 福岡 智彦
29
1
9
8
1
知られざる名盤「さてこそ」チャクラは早すぎたニューウェイブ・バンド
カタリベ / 福岡 智彦
19
1
9
8
2
これぞ運命の出会い!マイコンとテクノポップとYMOのライディーン
カタリベ / デーモン大久保
Re:minder - リマインダー