10月
泣くがいい。声をあげて泣くがいい。アルカトラズは初のお取り寄せ!
32
0
 
 この日何の日? 
アルカトラズのアルバム「ノー・パロール・フロム・ロックンロール」がリリースされた月
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1983年のコラム 
KISSの忠告♪「地獄の回想」に学ぶ、すっぴんはもったいぶるな!

ロックバンドの革命として語り継がれるザ・モッズ80年代の軌跡

SMAPの解散を想うとき、いつも私の脳裏に浮かぶのはチェッカーズ

YESのロンリー・ハート、その後は猫も杓子もオケヒット「ギャッ!」

これぞ、ひとりクイーン! ジム・スタインマンが作った究極のラブソング

モブキャラたちの翼クン賛歌!? キャプテン翼の『燃えてヒーロー』

もっとみる≫

photo:OKMusic  

ある日、ラジオから聞き覚えのある歌声が…

その独特な歌声に、リーゼントにサングラス、白のスーツ姿のグラハム・ボネットが思い浮かんだ。そして、それまで聴いたことのなかった曲に「これは何だ? 誰だ?」と思わせるギター、どうしても曲名を知りたくなった。今のように簡単にネット検索できる時代ではなかったが、FM情報誌というラジオの番組内容やオンエアリスト、オンエアタイムまで載っている、いわゆるエアチェックに便利な雑誌があった。

急いで調べると、アルカトラズの『アイランド・イン・ザ・サン』という曲だと分かり、早速近くにあった、店の片隅にレコードが置かれてる街の楽器店へ行ってみたが、アルカトラズは見つからなかった。そこで、店員さんに「アルカトラズはありますか?」と聞くと、「それは誰ですか? どこの人ですか? ジャンルは? 何という曲ですか? 英語の綴りは?」等々、逆に聞かれまくったのを覚えている。

とにかく、こちらも分かっていることはアルカトラズと『アイランド・イン・ザ・サン』ただそれだけ。それでも「ボーカルはたぶんグラハム・ボネットという人で、外国のバンドで、ジャンルはハードロックで、とにかくアイランド・イン・ザ・サンっていう曲が入ってるLP」と伝えてはみたが、田舎の店員さんは全くわからず、「調べてみるので見つかったら取り寄せておきます。ここにお名前をお願いします」と注文書を書くことに。そう、このアルバムは僕にとって初めての取り寄せ注文のレコードとなったのだ。

数週間後!にそのアルバム『ノー・パロール・フロム・ロックンロール』がお店に入荷、アルカトラズだけに牢獄に入ったようなジャケットのレコードを買って帰った。そして、針を落とした1曲目がまさに『アイランド・イン・ザ・サン』、「そうそうこの曲!」と思ったのもつかの間、2曲、3曲と聴き進める頃にはイングヴェイ・マルムスティーンというギタリストの名前がしっかりと頭の中に刻み込まれる展開に。

その後、この『ノー・パロール・フロム・ロックンロール』というアルバムは、ネオクラシカルというメタルのジャンルとイングヴェイ・マルムスティーンというギタリストの名を世界中に広めることとなり、個人的にもより思い出深いものとなっていった。

2016.04.10
32
  YouTube / mark graeff
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1965年生まれ
KazーK
コラムリスト≫
12
1
9
8
1
孤独の男の叫びを聴け!ハードロック界の横山やすし、グラハム・ボネット
カタリベ / DR.ENO
41
1
9
8
9
ヘビメタクイーン浜田麻里、渾身のバラードは珠玉のクリスマスソング!
カタリベ / goo_chan
25
1
9
8
4
リッチー・ブラックモアとレインボー、黒の美学・ハードロックの美学
カタリベ / ジャン・タリメー
1091
1
9
8
4
マイケル・シェンカーの泣き叫ぶギターとヘビメタまわりのおかしな邦題
カタリベ / 田中 泰延
12
1
9
8
5
美伝説・ジェフリア、産業ロックの波に乗り遅れたシンセの実力派!
カタリベ / KazーK
18
1
9
8
7
酔い覚ましのモトリー・クルー「ガールズ、ガールズ、ガールズ」
カタリベ / 鎌倉屋 武士
Re:minder - リマインダー