9月30日

芳本美代子「雨のハイスクール」記憶がよみがえる大村雅朗の胸キュンアレンジ!

22
1
 
 この日何の日? 
芳本美代子のサードシングル「雨のハイスクール」がオリコンチャートで最高位(15位)を記録した日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1985年のコラム 
MTV全盛期、ダイアー・ストレイツが放った風刺の効いた一撃?

都会のきらめきとTHE 芸能界「夜のヒットスタジオ」の光と影

本田美奈子の勝負曲「Temptation」がお茶の間の心を捉えたのはなぜ?

トム・ウェイツの愛すべき臭気「レイン・ドッグ」と僕のバーボン修行

トライアンフはなぜ来日しなかったのか? 80年代 HM/HR シーン最大級の謎

【R.I.P.】歌声に人柄が表れていたモーリス・ホワイトの「I Need You」

もっとみる≫




心に沁みる、芳本美代子「雨のハイスクール」


コロナ禍の影響で在宅ワークとなってから約半年。コロナ禍以前は、当然会社まで電車通勤していたわけなのですが、家から会社まで片道2時間かかるんで、道中長いんですよね。その間、いつも当然のようにウォークマンで音楽を聴いていたわけで。その時に聴いてる音楽も、ロック、ニューミュージックからアイドルまで多岐にわたります。

まぁ、ヘッドフォン越しとはいえ、いい年したオッサンが電車の中でアイドルの曲を聴くってのは、少し勇気が要りますね… それでも、以前ほど感じてた “恥じらい” は、今となっては気にならなくなってきましたけどね。周りの “目” ってやつも。

でね、コロナ禍で在宅ワークになる直前、いつものように通勤の電車の中で聴いて思わず「感動!」しちゃった曲があるんですよ。

それが芳本美代子さん「雨のハイスクール」。

いい曲ぢゃん! いや、これホント! お世辞抜きで!「うーむ… どうして1985年当時、もっとちゃんと、この曲キチンと聴かなかったんだろう… ワタシ」と、後悔しきり。いや、音源は持っているし、だから昔から耳にしているはずなのに、なぜか、今になって、急に心に沁みるんです。音楽って不思議なものですよね。

胸が締め付けられるようなアレンジは大村雅朗


松本隆氏の繊細で胸キュン(死語!)ものの歌詞。そして、文句のつけようのない、財津和夫氏のキャッチーなメロディ。さらに、一番 “キュン” と来るのは、大村雅朗氏のアレンジですね。

この胸が締め付けられるような “胸キュンもの” の淡い味付けのアレンジは、今の季節には最高だよね!

松田聖子さんの「SWEET MEMORIES」からしてそうなんだど、秋の日の切なさを表現させたら、大村雅朗氏のアレンジの右に出る人はいないんぢゃないかなぁ。

ある秋の寂しい雨の日… そんなシチュエーションに、この曲はとってもよく似合うんだよね。

高校時代の青春の1ページに “胸キュン”


私がこの曲を聴くとフラッシュバックしてくるのは、1985年のある雨の秋の日だ。当時私は高校1年。

同系列の高校の野球部が秋の関東大会決勝まで進み、急遽、我が高校の吹奏楽部も野球応援に借り出され、山梨の甲府まで応援に行ったことがある。あいにくの雨だった。

あの時、頭の中を駆け巡っていたのがこの曲だった。今でもこの曲を聴くと、あの秋の、雨の中での野球応援の情景がフラッシュバックしてくる。

この曲の本来の光景としては、例えば、歌詞に出てくる学校の図書館だったり、色とりどりの傘の花が咲く校門の前の風景だったり… というところなのかもしれないけど、私的にはどうしても、あの雨の中の野球応援の風景が出て来てしまう。

まあ、いずれにしても高校時代の青春の1ページというところは変わりないんだけどな。そう、“青春の1ページ” というキーワード。もう戻りたくても戻れない遠い記憶。50過ぎとなった今、ココに “キュン” としてしまうんだろうね。

おニャン子クラブの台頭によるアイドル戦線の変化、1984年以前だったら…


しかしさ、こんなにキュンキュンさせるのに、この曲、なんでもうひとつ売り上げが伸びなかったんだろう… って感じなんだよねぇ。

いや、今聴いても、絶対、もっと売れてしかるべき曲だと思いますよ。楽曲の完成度から考えても、ベストテン入りしても不思議ではなかったと思う。ほんと、当時のアイドルポップスの水準からしても、全く見劣りしないですもんね。

もっとも、“これは1984年以前だったら… という但し書きがついて…” と今だから書けるんだけど… この曲がリリースされた時点でのミッチョン(芳本さんのニックネーム)のアーティストパワーもあるけど、おニャン子クラブの台頭、これが大きかったんだよな。

おニャン子クラブは、アイドルフリークの意識を大きく変化させてしまった、ある意味 “黒船” でしたからね。そんなアイドル戦線の変化の渦に大きく巻き込まれたのが、既存の80年型アイドルとしてデビューした1985年デビュー組だったろうし、その1人である、ミッチョンだったんだろうな。


Song Data
■ 芳本美代子 / 雨のハイスクール
■ 作詞:松本隆
■ 作曲:財津和夫
■ 編曲:大村雅朗
■ 発売:1985年9月11日
■ 発売元:テイチク
■ オリコン最高位:15位(1985年9月30日付)
■ 売上枚数:4.5万枚
■ タイアップ:グリコ「コロン」CM曲



リマインダーのおすすめコラム
■ 黄金の6年間:編曲家 大村雅朗と松田聖子の「SWEET MEMORIES」
… も併せてお楽しみください!


2020.09.30
22
  Apple Music
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1969年生まれ
かじやん
コラムリスト≫
56
1
9
8
8
大江千里と大村雅朗、完全タッグで制作された80年代3枚のアルバム
カタリベ / 彩
39
1
9
8
7
80年代の吉永小百合、南野陽子が放っていた崇高かつ孤高のオーラ
カタリベ / KARL南澤
41
1
9
8
5
全米ナンバー1のシンガーソングライターが河合奈保子に提供した王道AOR
カタリベ / 千代田区のUra
35
1
9
8
6
21才の中森明菜が歌う「Fin」頂点を極めた者にしか解らない孤独
カタリベ / 古木 秀典
56
1
9
8
4
林哲司とシティポップ、新しいアイドル・ポップスの世界を開拓したヒットメーカー
カタリベ / 鈴木 啓之
26
1
9
8
1
テクニクスの薬師丸ひろ子に釘付け、涙がポロリとこぼれるワケは?
カタリベ / やっすぅ