9月17日

ガンズ・アンド・ローゼズ 来日公演中!前代未聞の長編2部作は動と静のコントラスト

60
0
 
 この日何の日? 
ガンズ・アンド・ローゼズのアルバム「ユーズ・ユア・イリュージョンⅠ」「ユーズ・ユア・イリュージョンⅡ」が米国でリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1991年のコラム 
ピチカート・ファイヴのストーリー、書くことによって現実が変わる?

チェッカーズ「ミセス マーメイド」不良少年が奏でた世界に通じる洗練された音楽

呼べよ嵐、吹けよニルヴァーナ旋風!初ロンドンのクラブで行く年来る年

11月の雨 — YouTube の再生回数が10億を超えたガンズの秋曲

マライア・キャリー「エモーションズ」のルーツをたどってみたら?

プライマル・スクリーム「スクリーマデリカ」に宿る雑食性とロックンロールスピリット

もっとみる≫




デビュー作から大ブレイク! ガンズ・アンド・ローゼズに課せられた期待と重圧


大ヒットしたアルバムの次なる展開。どんなアーティストにとっても、キャリアにおいて乗り越えなければならない重要なキーポイントだ。ましてやデビュー作から大ブレイクしたガンズ・アンド・ローゼズのようなバンドにとっては、困難の度合いは格段に大きくなる。

勿論ガンズの場合、当時の勢いから壁にぶち当たるとは到底思えなかったけど、次なるフルアルバムに対するファン、メディア、関係者の期待は桁違いに大きかった。バンド側に課せられるプレッシャーは、計り知れないものだったに違いない。

普通のバンドならば、デビュー作と違わぬ “二匹目のドジョウ” を狙う、無難な選択をするのが常套手段だ。ガンズにしても、まずは『アペタイト・フォー・ディストラクション』に倣い、マイク・クリンクをプロデューサーに起用する体制で制作を進めていった。

ところが、好事魔多し。90年代に突入して間もなく、ガンズらしさを生み出してきたビートの要であるドラマーのスティーヴン・アドラーが、ドラッグ問題で解雇されてしまう。バンドの2枚看板のアクセル・ローズ、スラッシュ、ソングライティングの要であるイジー・ストラドリン(彼もその後脱退してしまうが)らは不動にせよ、同じラインナップが揃わない状況は、前作と全く同じ流れを汲む続編を生み出すのに、暗雲が立ち込め始めたことを意味していた。

結局、新ドラマーとしてザ・カルトのマット・ソーラムが加入。さらにキーボード奏者のディジー・リードを迎えて作業は続行されたが、そこにきて意外なニュースが届く。ニューアルバムがなんと2部作としてリリースされるというのだ。インターネットのない時代、限られたメディアを通じたわずかな情報が伝わっては、様々な憶測が飛び交った。それはガンズの新作への注目度が、それだけ高い証でもあった。

動の “Ⅰ” と静の “Ⅱ”。コントラストを描く力作「ユーズ・ユア・イリュージョン」


奇しくもガンズを輩出した80sメタルバブルにとどめを刺した、ニルヴァーナの『ネヴァーマインド』と同タイミングの1991年9月、新しいフルアルバム『ユーズ・ユア・イリュージョン』が遂にリリースされた。『GN'Rライズ』を挟みつつも、デビュー作から約4年もの歳月が経過していた。

実際に手にしたCDは2枚組ではなく、別個の2部作として『ユーズ・ユア・イリュージョンⅠ』『ユーズ・ユア・イリュージョンⅡ』とタイトルされていた。ジャケットのアートワークは全く同じで、それぞれ赤オレンジとブルーの色味だけが違いを主張していた。

どちらから聴こうか、敢えて『Ⅱ』から? なんて一瞬迷ったけど、まずは気をてらわず『Ⅰ』をCDプレイヤーにセットした。1曲目の「ライト・ネクスト・ドア・トゥ・ヘル」が流れ始め、ギターの生々しいトレブリーな歪みが耳をつんざく。アクセルのヴォーカルは勿論、パンキッシュな勢いを感じさせるナンバーで、初っ端からエンジン全開だ。守りに入らずガンズはもっと攻めてる! そんな好印象を受けた。

それぞれのアルバム全体を通した楽曲の方向性から、『Ⅰ』は激しめな方、『Ⅱ』は静かめな方と、“動と静” の対比で評された。それぞれ1曲目の印象の違いによるところも大きかっただろう。作風の違いはあれど、2枚ともガンズにしか成し得ないロックンロールの刻印をしっかりと感じ取れた。

同時期に『ブラックアルバム』を発表したメタリカは、スラッシュメタルからヘヴィネスへと軸足を移し、巧みに時代の流れを反映させて、綿密に構成された作品を生み出した。一方で、ガンズのスタンスは全く真逆だ。「ユークッド・ビー・マイン」「ノーヴェンバー・レイン」をはじめとしたキラーチューンを随所に散りばめながらも、ハードなロックンロールから大仰なバラード、カヴァー、そして長尺曲に至るまで、持てる音楽性のすべてを思いつくままにぶち込んでいった。幅広い指向を放つ楽曲が意表をついて次々に飛び出す、まるでおもちゃ箱をひっくり返したような作品を呈示したのだ。



CDフォーマットをギリギリまで使い倒した2部作・トータル30曲!


なんといっても驚いたのは、収録曲数と収録時間だ。『Ⅰ』が16曲、『Ⅱ』が14曲、どちらも測ったかのように、CDフォーマットで許されるギリギリの約76分付近まで収められていた。

通常アルバムを作る場合、多めに楽曲を用意して、その中から絞っていき、曲順を決めて構成していくのが一般的だ。ところが、『ユーズ・ユア・イリュージョン』で実践した方法論は、あり余る創作意欲の末に生み出された大量の楽曲を、削ぎ落とすどころか1枚に収めることすら放棄し、いわゆる捨て曲的な類に至るまで、余す所なく盛り込み収録したのだ。その結果として完成した作品は、一般的なロックアルバムのフォーマットを逸脱した、前代未聞のものになった。

自分たちの赴くままに、やりたいようにやる。それは『アペタイト・フォー・ディストラクション』の再現を願う周囲の要求すらも、まるであざ笑うかのようだった。スラッシュが後年、“ユーズ『Ⅰ』と『Ⅱ』のどちらにどの曲が入ってるか、自分達も把握していない”―― という主旨の発言をしたのは、あまりに面白すぎる。

できたものは熱いうちに全て聴かせる、次作に向け楽曲をストックしようという発想すらない大胆さ、その潔さが何ともロックしているではないか。



サブスク時代到来を、30年前に予見?


発売から30年後の今年、『ユーズ・ユア・イリュージョン』の新装盤に加え、限定でスーパーデラックスエディションが用意された。CDの方もお腹一杯の内容だが、輸入限定のLP盤はなんと12枚! に渡り、音源部分だけでも笑ってしまうほどの特盛感が満載だ。

これだけ多くの楽曲を含んだ『ユーズ・ユア・イリュージョン』だけに、サブスクを活用して、ファンそれぞれが2枚の楽曲からチョイスし並び替えて、新たなトラックリストを作ってみる―― そんな楽しみ方も容易にできるだろう。

アルバムという概念がすっかり薄れてしまったサブスク全盛の今、ある意味、そんな時代の到来を予見したかのように、『ユーズ・ユア・イリュージョン』がサブスクと親和性が高い作品にも思えるのは、何とも興味深い。もちろん当時のガンズにそんな意図はなかったわけだが、恐らく世界中のガンズファンの多くが、自分だけの『ユーズ・ユア・イリュージョン』を、サブスクを通じて新たな思いで楽しんでいるに違いない。



▶ ガンズ・アンド・ローゼズのコラム一覧はこちら!



2022.11.05
60
  Songlink


  Songlink


  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1968年生まれ
中塚一晶
コラムリスト≫
35
1
9
8
3
追悼:エディ・ヴァン・ヘイレン、クイーンのブライアン・メイとビッグな共演!
カタリベ / 中塚 一晶
25
1
9
8
7
イジー・ストラドリン、ガンズ・アンド・ローゼズの曲作りの中心にいた男
カタリベ / 宮井 章裕
34
2
0
2
0
アイドルとヘヴィメタルの関係、80年代メタルファンを虜にするBABYMETALの共感力!
カタリベ / 中塚 一晶
22
1
9
8
3
ブラック・サバス「悪魔の落とし子」混沌のメタル界とイアン・ギランの加入
カタリベ / DR.ENO
9
1
9
8
5
西海岸のハイウェイで聴いたドッケン、シスコ ↔ ロスの日帰りドライヴ!
カタリベ / KazーK
58
1
9
8
7
米米CLUB「浪漫飛行」を印象付けた傑作ベース・リフの<ファ>
カタリベ / スージー鈴木