1月21日
プリテンダーズの最高傑作、No.1女性ロックヴォーカルは彼女で決まり!
105
0
 
 この日何の日? 
プリテンダーズのアルバム「ラーニング・トゥ・クロール」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1984年のコラム 
ジャンプ!今日もヴァン・ヘイレンは無責任に誰かの背中を押している

ヴァン・ヘイレン、アナタはデイヴ派? それともサミー派?

シブがき隊 “ヤンチャ語尾” の秘密!ジタバタするなよ 世紀末が来るぜ

テレサ・テン、国境を越え人々を魅了したアジアの歌姫

ラウドネス史上最大の衝撃!見えない壁を打ち破った「撃剣霊化」

挿入歌は主題歌より強烈、グザヴィエ・ドランの映画とコリー・ハートの歌

もっとみる≫

photo:FANART.TV  

「一番好きな女性ロックヴォーカリストは誰?」

こんな質問されたら、僕は迷わずこう答える。

「プリテンダーズのクリッシー・ハインドだよ。彼女を超える女性ロックヴォーカリストを僕は未だに知らない。男性ヴォーカリストを加えてもTOP10入りするかもしれない。そのくらい彼女の才能は凄いし、カッコいい。」


1980年、プリテンダーズの最初のヒット曲「恋のブラス・イン・ポケット(Brass In Pocket)」で僕はクリッシー・ハインドに出会う。この時はまだ、全英1位を記録した新しいバンドのヒット曲、という程度の認識で、いい曲だなとは思ったけど、特にプリテンダーズに嵌ることは無かった。

ド嵌りしたのは1984年、アルバム『ラーニング・トゥ・クロール』を聴いた時だ。ありがたい事にこの時既に貸レコード屋全盛期。手軽に興味のあるアルバムを聴くことが出来たので、1983年のヒット曲(ビルボード最高5位を記録)「チェイン・ギャング(Back On the Chain Gang)」が収録されたこのアルバムを借りてみたんだ。

針を落とした瞬間の衝撃は未だに忘れない。1曲目の「ミドル・オブ・ザ・ロード」で僕はぶっ飛んだ。

「ちょっと待て、なんて、カッコいいんだ・・・。」

僕は一瞬でプリテンダーズの、いやクリッシー・ハインドの虜になってしまった。当然、デビューアルバム『愛しのキッズ(Pretenders)』とセカンドアルバム『プリテンダーズⅡ』を速攻借りに行く。

ヒット曲を連発するプリテンダーズだけど、アルバムを聴かないとこのバンドの凄さ、カッコ良さはわからない。少し時間が掛かったけど、僕は敬意を表して『ラーニング・トゥ・クロール』を含めた3枚を自分のライブラリーに買い揃えた。

何故、プリテンダーズではなく、敢えて “クリッシー・ハインドの虜” という表現を僕がするかというと、彼女がバンドのリーダーだからだ。そう、プリテンダーズはクリッシー・ハインドのバンドであり、他のメンバーは彼女のために集められる。

クリッシー・ハインドは変わった経歴の持ち主だ。彼女は1951年9月7日生まれのアメリカ人。そう、プリテンダーズはロンドンで生まれたバンドにも関わらず、主役の彼女はアメリカ人なのだ。彼女がイギリスに渡ったのは23歳の時で、イギリスで有名な音楽雑誌のライターとして働き始める。キンクスの大ファンを公言していた彼女には、アメリカより、イギリスの方が理想の場所だったのかもしれない。

ちなみに、プリテンダーズのデビュー曲はキンクスのカバー「ストップ・ユア・ソビン」である。しかも、彼女はミュージシャンとして有名になった後、なんと、キンクスのリーダー、レイ・デイヴィスと結婚してしまうのだから凄い。

音楽好きが高じて音楽活動を開始したクリッシー・ハインドは、その才能を有名なプロデューサーであるクリス・トーマスに見出され、慎重にデビューの準備を重ねた後、満を持して28歳でプリテンダーズとしてデビューする。

これはかなりの遅咲き。しかも元々ミュージシャンでもないのにこのクオリティ。この経歴を見ても、彼女が如何に天才であるかが証明されていると僕は思う。

クリッシー・ハインドが作りだすサウンドは実に多彩で多様だ。ロックであったり、パンクであったり、ポップスであったり、彼女の曲作りの引き出しの多さは尊敬に値する。

だからアルバムで聴かないとダメなんだ。プリテンダーズのアルバムは玉手箱のようなもの。何度聴いても飽きることはない。こんなバンドはそうはない。

そんなアルバムの中でも『ラーニング・トゥ・クロール』は僕にとって神アルバムだ。何故このアルバムが神アルバムか。実はバンドが大変な状況の中で制作されているにも関わらず、素晴らしい完成度で仕上がっているからだ。僕は、ここにクリッシー・ハインドの凄み、カリスマ性(神)を感じる。

1982年、プリテンダーズは、ドラッグ中毒となってしまったベーシストのピート・ファーンドンを泣く泣く解雇することになる。ところが、その翌日、ギタリストのジェイムス・ハニーマン・スコットがヘロインの過剰摂取により亡くなってしまうのだ。さらに、クリッシー・ハインド自身がレイ・デイヴィスと離婚してしまうという最悪な状況となる。

普通ならここでバンドは空中分解、挫折を迎えるのが普通。しかし、クリッシー・ハインドは、この苦境の中、「ミドル・オブ・ザ・ロード」、「チェイン・ギャング」、「ショウ・ミー」を含む最高傑作『ラーニング・トゥ・クロール』を世に送り出す。

ね、クリッシー・ハインドって凄いでしょ。そこら辺の男では太刀打ちできないでしょ。メンバーは変わっても彼女がいる限りプリテンダーズは存在し続けます。2016年にリリースされたアルバム『アローン』も相変わらずカッコいい。

2017.08.19
105
  YouTube / skappyj


  YouTube / DiscoBar80


  YouTube / CLASSIC HITS
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1965年生まれ
藤澤一雅
コラムリスト≫
15
1
9
8
0
キンクスのライヴ盤「ワン・フォー・ザ・ロード」に叱られた中学生!
カタリベ /  白石・しゅーげ
21
1
9
8
6
サンタクロース、金よこせ!ひねくれ者のクリスマスはキンクスで決まり!
カタリベ /  白石・しゅーげ
27
1
9
8
1
みんなの洋楽ナイト — 忘れじのツバキハウス、とびっきりのニューウェイヴ
カタリベ / 本田 隆
11
1
9
8
3
歳をとるほど混乱はヒドくなる… キンクスから教わった人生訓
カタリベ / ソウマ マナブ
41
1
9
8
3
あくなき反骨精神、マドンナの知られざるパンク・スピリット
カタリベ / 後藤 護
23
1
9
8
4
ロックとパンクの壮大なパロディ、キッチュが売りのフランキーとジグジグ
カタリベ / ジャン・タリメー
Re:minder - リマインダー