4月1日

和風テイストのケイト・ブッシュ? 遊佐未森との出会い

33
0
 
 この日何の日? 
遊佐未森のデビューアルバム「瞳水晶」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1988年のコラム 
廃墟となったネバーランド、マイケルはリアル・スリラーだったのか?

神秘の氷島アイスランドから世界へ、若き日のキュートなビョークの魅力

ショットガンからのカーチェイス、これがJBのアイム・リアル!?

トレイシーは歌う。ここを出ていくのか、死ぬまでこうして生きていくのか

久保田利伸 全面フィーチャリング「噂の達人」はマニア番組の先駆け!

くじらの海外レコーディング 録音テープ忘れ事件、そのとき私は…!(後編)

もっとみる≫







遊佐未森と出会ったのはデビューの1年ほど前だったかな。

自ら作ったデモテープをあちこちに渡していたようで、EPICソニーの女性スタッフ、薬師寺真紀さん経由、私にも届きました。和風テイストのケイト・ブッシュ、といった音楽性で、ちょっとあざとさも感じましたが、嫌いじゃなかったし、声はよかった。

高橋くんという、EPICソニーでアルバイトをしていた青年に、「この新人、なかなかいいよ」と話したら、「それ、こないだ僕が福岡さんにテープを渡した人じゃないですか!」と叱られました。全然記憶になかった。ひどいもんです。薬師寺さんがくれなかったら、遊佐に会ってなかったかもしれません。運命ってこうやって、気まぐれに進んでいくんですね。

本人には高橋くんから紹介されたんだっけかなぁ。なんかのライブ会場でちらっと挨拶しました。清楚なたたずまいと、ピュアで真面目そうだけど温かい光をたたえた瞳が印象的でした。

既にヴァーゴミュージックでマネージメントする話が進んでいたので、社長の坂野雄平さんに会いに行きました。ヴァーゴは作家マネージメントもしていたので、スタッフさんたちには知り合いもいましたが、坂野さんに会うのは初めてでした。

エッジの効いた低音がよく響く声が素敵な、2歳上の坂野さんと、私は初対面からなんだか馬が合い、さっそく飲みに行きました。なぜか当時、ズブロッカが瞬間的なブームで、二人でへべれけになって盛り上がり、夜更けにはもうすっかり、「いっしょにやっていこう!」てなノリになっていました。

実は、遊佐のこと、ミディレコードで少し話が進んでいたのでした。ミディは、YMO や矢野顕子さんをマネージメントしていたヨロシタ・ミュージックの大蔵博さんと、大貫妙子さんや EPO を輩出していた RVCレコード・ディアハートレーベルの宮田茂樹さんが作ったレコード会社で、坂野さんと宮田さんは EPO でガッツリ組んでいた仕事仲間だったのです。

ある程度、契約条件も具体的に交渉していたみたいで、ソニーは基本的に条件の厳しい会社ですから、ミディのほうが待遇はかなりよかったようです。しかも、気心の知れた宮田さんは副社長ですから、いろいろやりやすいでしょう。

片やこちらは、“ケイト・ブッシュ的な” というだけで、“マニアック” というレッテルを貼られる会社でしたから(だからやるな、ということではありませんが、勝手にやれって感じ…)、条件の上乗せも認めてもらえず、明らかに私のほうが不利でした。

ところが、坂野さんは、EPIC を選んでくれたのです。よかった…。その時は「よかった」くらいの感覚だったんですが、考えてみると、人間関係のある宮田さんに、断る気苦労はあったでしょうし、何回か飲みに行って、いっしょに酔っ払っただけの私を、よくぞ信頼してくれたなぁ、と改めて感慨にふけってしまいます。でも、これが人と人との出会い。人生の醍醐味ですね。ありがとう。坂野さん。

ということで、デビューに向けて、どういうものを作って、どう動いていこうか、というミーティングが始まりました。登場人物は、坂野さんと、(RVC からヴァーゴ、後に “Chara” を育てる)マネージャーの山中聡さん、坂野さんの要望で座組に入った、フジパシフィック音楽出版の柿崎譲二さん(“くじら” も担当でした)、そして遊佐本人と、彼女に以前から音楽的なアドバイスをしてきた外間(そとま)隆史くんです。

外間くんには既に “コンセプト” として考えていることがいろいろあって、それをズンズン提案してきます。遊佐本人はまだ遠慮もあったのか、おとなしいのですが、外間くんを信頼しきっており、外間くんの考えに異議なし、と無言で主張しているようでした。結論から言うと、デビューからしばらくのファンタジー路線は、すべて外間くんのコンセプトで、私もそれをよしとするのですが、当初は、一度 “白紙” から考えたかったので、おもしろくありません。だんだん外間くんと私が、何かにつけて対立するような格好になっていきました。

最初にもめたのは名前です。本名は「遊佐〇〇〇」で、下は極めて平凡な名前なのですが、「遊佐」は、東北にはけっこういらっしゃるものの、珍しい名字なので、私は本名でいい、と言ったのです。しかし、外間 / 遊佐組は「未森」というアーティストネームを考えていて、それを主張します。この件だけでも何度もミーティングを重ねましたが、平行状態が続きました。

ついにしびれを切らした山中さんが、「もうこの辺で僕がジャッジメントしていい? 本名で行こう!」と言い出したのですが、当然、外間 / 遊佐組は猛反発、私も強権的に決めたくはなかったので、すぐにその山中提案は却下となりましたが、「Judgement」というその言葉はなかなかインパクト強くて、しばらく我々の間で、そこはかとなく流行したのでした。

2019.01.08
33
  Apple Music


  YouTube / KateBushMusic
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1954年生まれ
福岡智彦
コラムリスト≫
25
1
9
7
8
嵐が丘で踊ってみた!ケイト・ブッシュの足跡をたどるハワースへの旅
カタリベ / Polco
24
1
9
8
8
遊佐未森ヒストリー:セカンドアルバム「空耳の丘」外間隆史時代の始まり
カタリベ / 福岡 智彦
37
1
9
8
8
遊佐未森の世界が見えた… 外間隆史の天才に気づく
カタリベ / 福岡 智彦
29
1
9
8
8
あきない、たいくつ、遊佐未森 — 作詞家を探しもとめて大分へ
カタリベ / 福岡 智彦
20
1
9
8
8
遊佐未森ヒストリー:「空耳の丘」レコーディング・エンジニア物語
カタリベ / 福岡 智彦
16
1
9
8
8
遊佐未森ヒストリー:滞在期間中の嬉しい偶然、ジェイン・シベリーのロンドン公演
カタリベ / 福岡 智彦
Re:minder - リマインダー