5月22日
真夏のCMソング、サンディー&ザ・サンセッツの「だって夏よっ」
36
7
 
 この日何の日? 
サンディー&ザ・サンセッツのシングル「だって夏よっ」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1985年のコラム 
志穂美悦子は来なかった、二代目はクリスチャンにまつわるちょっとした話

ディープ・パープル再結成!武道館に「ハイウェイ・スター」が鳴り響く

セクシャルな角松敏生!喘ぎ声に驚き、東京タワーのオシャレさに憧れた夜

映画スターがチャート席巻! “ワルの帝王” リック・ジェームスの大仕事

80年代を代表するヒットメーカー、ホール&オーツの夢が叶った夜

スプリングスティーンが歌う「栄光の日々」今が過去になる前に…

もっとみる≫

photo:HIP TANK RECORDS  

1980年代前半、数多の欧米のミュージシャンが日本のテレビCMに上陸を果たした―― サントリーウイスキーのCMではデュラン・デュランが西洋人形と踊りながら「プリーズ・テル・ミー・ナウ(Is There Something I Should Know)」や「ザ・リフレックス」を歌い、マクセルカセットテープUDシリーズにはワム! が登場した。

そんな洋楽全盛のCMソングに交じって、よく耳にしていたのがポーラ化粧品のCMソング、サンディー&ザ・サンセッツの「だって夏よっ」だ。

同曲は日本の曲だったが、洋楽っぽい洗練されたニューウェイヴサウンドがとても印象的。浮遊するように乗せられた日本語とは思えない色っぽいヴォーカルも洒落ていて、バブル前夜のウキウキとした高揚感が伝わってくる。CMのコピーは『夏恋方程式:夏―水―紫外線=サザンコール… だって、夏よ。』

サンディー&ザ・サンセッツは、日本のバンドだったけれど、他の日本のミュージシャンとは違い、当時としては珍しく海外の活動が目立っていた。『スネークマンショー』に収録され、サンディーが歌った「ジミー・マック」やオーストラリアでヒットした「スティッキー・ミュージック」のように歌詞が英語で歌われている曲が多かったし、米英チャートの楽曲と混じっても全く遜色がなかったので、こいつは凄いと、当時はカセットテープが擦り切れるほど毎日のように聴いたものだ。

そしてこの頃、僕はヴォーカルのサンディーがたまらなく好きだった。彼女はスペイン系ハーフらしいのだが、その妖しさというか… デヴィッド・ボウイ、デュラン・デュラン、ヒューマン・リーグ、カルチャー・クラブのような独特の艶と雰囲気があった。

「BATTERY」のプロモーションビデオではニューロマっぽさ全開のヴィジュアル。ダンスにこっそり忍者が印を切るポーズのほか、正拳突きや蹴りなどの空手アクションなんかも入っていてメチャクチャカッコイイ。そう、サンディーのすべてに悩殺されていましたネ。

その後、ソロとなったサンディーは10代を過ごしたハワイの音楽へと回帰。なんだか久しぶりにまた彼女の美しい声が聴きたくなった。

だって、(もうすぐ)夏よっ!


Song Data
■だって夏よっ Babes In The Woods / サンディー&ザ・サンセッツ
■作詞:サンディー(補作詞:Jonah Pashby)
■作曲:久保田麻琴
■発売:1985年5月22日


※2016年4月1日に掲載された記事をアップデート


2018.05.22
36
  YouTube / goodies.cmch


  YouTube / Lawrence Richardson


  YouTube / Lawrence Richardson
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1967年生まれ
porepore67
サンディー&ザ・サンセッツ懐かしい!私は「Dreams of Immigrants」のイントロが大好きでした。
https://www.youtube.com/watch?v=cbgtKdqzd0Y
2017/06/05 19:45
2
返信
1966年生まれ
鎌倉屋 武士
porepore67さん、この動画最高です。1982年の演奏ですネ。それにしても二人の声がセクシーすぎる
2017/06/25 11:24
1
1965年生まれ
トシちゃん25歳
紙芝居が始まるよ~♪
https://www.youtube.com/watch?v=AxSV8Xu0RUk
2016/04/04 16:50
0
返信
1965年生まれ
高野 悠
サンディーは最高ですよ。アイドル、バンド、ソロ、そしてハワイアンミュージックと、どの時点の彼女を切り取っても素晴らしい。そして、その中心にあるのが彼女の「うた」。ヴィジュアルも一流。もっとブレイクしてもいいと思うが、恐らく、完璧なまでの隙の無さゆえにそうならない。
2016/04/03 05:02
1
返信
1966年生まれ
鎌倉屋 武士
BANZAI BABY もよく聞いていましたよ。この曲もなかなか・・・いいでしょw
https://www.youtube.com/watch?v=iQ9bVyk5S4o
2016/04/02 23:39
0
返信
1965年生まれ
高野 悠
こちらのスタジオライブ(海外のTVショー)も素晴らしいです。
飛ぶ鳥を落とす勢いというか、この凛とした感じはなかなか出せるものではない、
と思う。
https://www.youtube.com/watch?v=cbgtKdqzd0Y&index=2&list=RDafK2UQo034w
2016/04/02 02:13
2
返信


カタリベ
1966年生まれ
鎌倉屋 武士
コラムリスト≫
21
1
9
8
4
デュラン・デュランとナイル・ロジャース、蜜月時代の始まりは?
カタリベ / KARL南澤
30
1
9
8
1
単なるお化粧バンドではない?デュラン・デュランのカッコ良さ
カタリベ / DR.ENO
80
1
9
8
4
UKオールスターズ「バンド・エイド」で締めくくられた1984年のクリスマス
カタリベ / 中川 肇
30
1
9
8
4
3人のテイラー(仕立て屋)がいるバンド、王者デュラン・デュラン
カタリベ / inassey
55
1
9
8
1
スネークマンショー、80年代のラジカルさを体現した意識高い系ユニット
カタリベ / 本田 隆
76
1
9
8
4
中川勝彦、カルチャークラブの前座を飾った“しょこたん”の父
カタリベ / 親王塚 リカ
Re:minder - リマインダー