5月23日

ホール&オーツの夢が叶った夜、憧れのテンプテーションズとアポロ・シアター

33
0
 
 この日何の日? 
ホール&オーツがアポロ・シアターでライヴを行った日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1985年のコラム 
ディープ・パープル再結成!武道館に「ハイウェイ・スター」が鳴り響く

セクシャルな角松敏生!喘ぎ声に驚き、東京タワーのオシャレさに憧れた夜

真夏のCMソング、サンディー&ザ・サンセッツの「だって夏よっ」

映画スターがチャート席巻! “ワルの帝王” リック・ジェームスの大仕事

中川勝彦、カルチャークラブの前座を飾った “しょこたん” の父

佐野元春が大フィーチャー! 伊藤銀次「夜を駆けぬけて」はエピックから大目玉?

もっとみる≫




1985年、アポロ・シアターで叶ったダリルとジョンの夢


1985年5月23日、ホール&オーツはアポロ・シアターのステージにいた。

バンドの強烈な演奏が始まると、ダリル・ホールは興奮した声でこう叫んだ。

「いいかい、ここからがスペシャルなショーの始まりだ。最高にスペシャルなゲストを呼ぼうじゃないか。オリジナル・テンプテーションズ! ミスター・エディー・ケンドリックス!」

そして、次の曲のイントロで今度はジョン・オーツがこう叫んだ。

「アポロ・シアターではもうお馴染みだよな! 誰もが愛する声の持ち主! デヴィッド・ラフィン!」

エディ・ケンドリックスとデヴィッド・ラフィンは、偉大なソウルコーラスグループ=テンプテーションズの元メンバーである。そんな彼らとの共演は、ソウルボーイとして育ったダリルとジョンにとって、夢が叶った瞬間だったのかもしれない。

1980年代を代表するヒットメーカー、ダリル・ホール&ジョン・オーツ


ホール&オーツは、1980年代を代表するヒットメーカーだ。とりわけ1981年に「キッス・オン・マイ・リスト」が全米ナンバーワンを獲得してからの5年間は、飛ぶ鳥を落とす勢いだった。この間に彼らが全米トップ40に送り込んだナンバーは16曲。そのうち12曲がトップ10入りし、5曲がナンバーワンを獲得している。同じ時期に彼ら以上にヒットを連発したアーティストは皆無だ。

そんな絶頂期にホール&オーツは活動休止を発表する。解散はしないが、しばらくの間お互いのソロ活動に専念するというのだ。そして、その区切りとして2人が選んだのは、自らのルーツに立ち返ることだった。アルバム『ライヴ・アット・ジ・アポロ』は、そんな時期の2人の記録だと言える。

ルーツはソウルミュージック、お気に入りはテンプテーションズのライヴ盤


ホール&オーツのルーツといえば、ソウルミュージックに他ならない。かつてダリル・ホールは「ティーンエイジャーだった頃の僕は完全なソウルボーイで、ロックにはあまり興味がなかった」と語っている。60年代のモータウンやアトランティック、そして地元フィラデルフィアのソウルミュージシャンこそが、ダリルとジョンの憧れだった。そして、あるインタビューで好きなアルバムを訊ねられたとき、彼らはテンプテーションズの1968年のライヴ盤をあげているのだ。

アポロ・シアターはブラックミュージックの殿堂のような場所だ。そこにテンプテーションズの2人をゲストに迎える。これ以上の区切りなど考えようもない。何度聴いても痺れてしまうし、ときに涙さえ出そうになる。憧れの人のバックでコーラスをつけて歌い踊る2人のなんと楽しそうなことか! 音楽愛に溢れた最高の瞬間だ。

JFKスタジアム「ライヴ・エイド」でも披露されたスペシャルショー


そして2ヶ月後、フィラデルフィアのJFKスタジアムにおいて、このときと同じシーンが再び披露されることになる。『ライヴ・エイド』だ。きっとご覧になった方も多いのではないだろうか? 考えてみると、アルバム『ライヴ・アット・ジ・アポロ』がリリースされたのはその後なので、僕が初めて伝統的なソウルレビューを目撃したのはこのときになる。今も僕の胸を締めつけて放さないソウルミュージック。その楽しさを最初に教えてくれたのが、ホール&オーツの2人だったのだ。

それともうひとつ。アポロ・シアターにて。4曲のテンプテーションズ・メドレーの後、今度はテンプスの2人をバック・コーラスに従え、ホール&オーツはソウルフルなオリジナルナンバー「エヴリタイム・ユー・ゴー・アウェイ」を演奏する。当時この曲はポール・ヤングが歌って全米ナンバーワンを記録する大ヒットとなっていた。

演奏を始める前に、ダリル・ホールがはにかみながらこんなことを言う。

「最近、イギリス人のアーティストにカヴァーされたんだけどね。これがオリジナルだよ」
と。ソウルを継承した者の誇りが感じられて、すごくかっこよかった。

THIS IS THE ORIGINAL!

※2017年3月21日に掲載された記事のタイトルと見出しを変更

▶ ダリル・ホール&ジョン・オーツの記事一覧はこちら!



2021.05.23
33
  Songlink


  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1970年生まれ
宮井章裕
コラムリスト≫
33
1
9
8
6
ウルフマン・ジャックと青春のひとコマ、僕らの夏は終わらない
カタリベ / 本田 隆
12
1
9
7
9
ブラックミュージックとしてのジョイ・ディヴィジョン、ブルー・マンデーを超えて
カタリベ / 後藤 護
9
1
9
8
0
共有感満載の80年代洋楽ヒット!ビルボード最高位2位の妙味 vol.5
カタリベ / KARL南澤
23
1
9
8
5
これぞシンクロニシティ!? ボウイとミック、あぶない刑事との共時性
カタリベ / 太田 秀樹
37
1
9
8
4
ユッコをめぐる3つの四月物語 ー 岡田有希子と竹内まりや、そして広末涼子
カタリベ / 指南役
53
1
9
8
2
原宿の「ビリー・ジーン」とマイケル・ジャクソンが「スリラー」でやりたかったこと
カタリベ / 本田 隆