2021年 11月5日

伝記映画「リスペクト」とアレサ・フランクリンの80年代音楽キャリア

27
0
 
 この日何の日? 
映画「リスペクト」が日本で劇場公開された公開
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 2021年のコラム 
盟友・渡辺美里が歌う大江千里の名曲「Rain」の素晴らしさ

松岡英明のオールタイムベスト「REWIND」デビュー35周年おめでとう!

デジタルリマスターでよみがえる名盤たち、温故知新で音楽を楽しもう!

何でもありのゴチャ混ぜ感!タワレコが今の視点で厳選した80年代コンピは必聴!

タワレコのこだわり満載!この80年代コンピはリスナーへの挑戦状なのか?

ABBAの “再結成” は理想型? 40年の歳月を経て変わったものと変わらないもの

もっとみる≫




アレサ・フランクリンの伝記映画「リスペクト」


クィーン・オブ・ソウルの異名をとるアレサ・フランクリンが世を去って3年、早くも伝説になってしまうのだなあと思わざるをえなかった2021年。その理由は、今年公開された2本の映画にある。ひとつは、1972年の伝説的なチャーチ・コンサートの模様を発掘した奇跡のドキュメンタリー『アメイジング・グレイス アレサ・フランクリン』。そしてもうひとつは、伝記ドラマ『リスペクト』。いずれも、アレサのカリスマ性を伝えるに十分な作品だ。

前者については方々で語られているので、詳細は省略。後者は牧師の家に生まれたアレサが歌手デビューするも芽が出ず、苦難の時期を経てブレイクし、チャーチ・コンサートの開催へと至るまでを描いている。が、この映画が伝えているのはそれだけではない。

きっかけは、映画「ブルース・ブラザース」


硬くなりそうな話はいったん置くとして、ここでリマインダー世代、すなわち80年代のアレサの活動を振り返ってみよう。

筆者が彼女の存在を知ったのは、この世代の多くがそうであったように、1980年の映画『ブルース・ブラザース』からだ。劇中でダメ亭主を叱りつけるかのように「シンク」を熱唱する、肝っ玉母ちゃんのような姿は、同じくこれに出演したゴッドファーザー・オブ・ソウルこと、ジェームズ・ブラウンの雄姿ともども鮮烈な印象を残した。

が、肝心の歌手業はというと、この時期はセールス低迷期で、アレサはすでにチャートに影響力を持つ存在ではなかった。正直、この頃の彼女の音楽活動を中学~高校時代のマナブは追っていなかった。UKロックに夢中になっていた時期だから、ある意味、仕方なし。

UKロックに登場したアレサ・フランクリン


ところが、そんなUKロックの分野に、いきなりアレサの名が飛び込んでくる。

まず、1984年のUKチャートに上がったスクリッティ・ポリティの「ウッド・ビーズ(アレサ・フランクリンに捧ぐ)」。「ベッドに入る時は、いつもアレサ・フランクリンのように祈る」という歌詞の意味は、当時はよくわからなかったが、後に彼女のヒット曲「小さな願い(I Say a Little Prayer)」から来ていたことを知る。

さらに1985年、ユーリズミックスのアルバムに収録されていた「シスターズ」でのデュエット。ドスを効かせつつも、美しいファルセットを響かせるアレサの歌にぶっ飛んだ。アン・レノックスとのソウルフルなかけあいもスゴい。『ブルース・ブラザース』で触れたド迫力が、一気に甦ってきた。

「シスターズ」の原題は“Sisters Are Doin’ It for Themselves”。英語がさほど得意ではないマナブにも、このタイトルが意味するところ―― 女性の権利の主張―― は理解できた。なにしろ、アレサとアンのダブルダイナマイトが熱唱しているのだ。歌に込められた社会的なメッセージは、聴いただけでもわかる。

サクセスストーリーと同時に男性社会に虐げられてきたソウルシスターの物語


ここで、映画『リスペクト』に話を戻そう。この映画はアレサのサクセスストーリーであるのはもちろんだが、一方で男性社会に虐げられてきたソウルシスターの物語でもある。

13歳で誰の子かわからないベビーを出産し、父親にはしばし暴力を振るわれ、結婚したら夫のDVに悩まされる。耐え忍び、精神を圧迫されながらも、アレサは若き日を駆け抜け、自身の強い希望でチャーチ・コンサートを実現させる。まさに、「Sisters Are Doin’ It for Themselves」にたどり着くまでの物語!

話はそれるが、#metoo運動以降、ハリウッドでは女性映画が急増しており、2021年の日本公開作では、とくにそれが目立った。『ノマドランド』『モンスターハンター』『クルエラ』『プロミシング・ヤング・ウーマン』『ブラック・ウィドウ』『最後の決闘裁判』などなど、挙げればキリがない。

これが日本の社会にあたえる影響は正直わからないが、G7中ジェンダーギャップ指数がダントツ最下位である日本は、この意味をもう少し考えた方がいいのでは?

チャートに返り咲いた「フーズ・ズーミン・フー」


硬い話になってしまったので軌道修正。

80年代のアレサは「シスターズ」発表の同年にリリースされた『フーズ・ズーミン・フー』で見事にチャートに返り咲き、シングル「フリーウェイ・オブ・ラブ」も大ヒット。

1986年にはキース・リチャーズと共演したストーンズのカバー「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」をチャートに送り込み、翌年のジョージ・マイケルとのデュエット曲「愛のおとずれ(I Knew You Were Waiting (For Me))」が米英ナンバーワンヒットに。ポピュラーシンガーとして見事に返り咲き、その後、再び教会でのコンサートを収めたライブ盤『ゴスペル・ライヴ(One Lord, One Faith, One Baptism)』をリリースする。

セールス不振からヒット連発、そして教会音楽への回帰―― 80年代のアレサの音楽キャリアは、ある意味、映画『リスペクト』で描かれた彼女の若き時期と似ている。そういう意味でも、この映画はリマインダー世代に、熱烈オススメしたい。

▶ 映画・ミュージカル関連のコラム一覧はこちら!



2021.11.05
27
  YouTube / ユニバーサル・ピクチャーズ公式
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1966年生まれ
ソウママナブ
コラムリスト≫
34
1
9
8
3
今年のテーマはユーリズミックス、爆音で響けスウィート・ドリームス!
カタリベ / 太田 秀樹
15
1
9
8
7
エルヴィス・コステロ来日公演、スペシャルゲストはニック・ロウ!
カタリベ / ソウマ マナブ
14
1
9
8
8
ペット・ショップ・ボーイズ、ニール・テナントの自己実現の軌跡
カタリベ / モコーツカ
36
1
9
8
4
マイケル・ジャクソンのアルバム「スリラー」から生まれた名作ミュージックビデオ
カタリベ / DR.ENO
75
1
9
8
4
EPICソニー名曲列伝:「オーバーナイト・サクセス」洋楽と邦楽の間にある新しい音楽
カタリベ / スージー鈴木
36
2
0
1
8
中2のあまずっぱさを呼び覚ますっ、ニック・ヘイワードがやって来た!
カタリベ / 平マリアンヌ