2021年 11月1日

デジタルリマスターでよみがえる名盤たち、温故知新で音楽を楽しもう!

11
0
 
 この日何の日? 
ビクターエンタテインメントが運営する音楽情報サイト「MiQQe」が開設された日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 2021年のコラム 
松田聖子「SEIKO MATSUDA 2021」80年代初期の2曲をオリジナルキーでリメイク!

デュラン・デュランの最新作「フューチャー・パスト」懐かしむより超えていけ!

盟友・渡辺美里が歌う大江千里の名曲「Rain」の素晴らしさ

松岡英明のオールタイムベスト「REWIND」デビュー35周年おめでとう!

何でもありのゴチャ混ぜ感!タワレコが今の視点で厳選した80年代コンピは必聴!

タワレコのこだわり満載!この80年代コンピはリスナーへの挑戦状なのか?

もっとみる≫




温故知新、今や音楽業界はカタログの時代


今からちょうど40年前の1981年。今年はアニバーサリーイヤーということもあり、何かと注目されていますが、当時の音楽シーンに目をやってみると、テクノポップの台頭、職人技が街にさわやかな風をそそぎこんだシティポップ、オールディーズ・バット・グッディーズな50’Sブーム、アイドルシーンもそのクオリティが円熟味を増し、なんと豊潤な時代だったか! 最近ではデジタルリマスターの技術進化により、当時のリイシューが続々とリリースされ、温故知新的な音楽の楽しみ方もやっと一般的に浸透してきたように思います。

僕がCDのライナーノーツなどをぽつぽつ書き始めた90年代の半ばぐらい、当時お世話になっていた音楽評論家のNさんが「これからの音楽業界はカタログの時代だ」と仰っていたことを今も鮮明に覚えています。その時は???でしたが、要するにこういうことです。これまでのレコードメーカーはまず、アーティストを発掘し、そこからレコーディング、プロモーションと潤沢な資金を使い、ニューアルバム、新曲のヒットに全神経を集中していた。しかし、これからの時代はレコードメーカーに眠っている膨大なカタログの中からその時代に相応しい作品をピックアップしてリイシューしていくのが当たり前の時代になり、それがCDセールスの主軸になっていくということです。

CDの売り上げがピークに達していた90年代にそのような話を聞いても、理解できなかったことは当然なのですが、そんなNさんの話が現実味を帯びて実感できたのが、あれからおよそ25年、四半世紀たった2021年だったのです。

時代に相応しい楽しみ方を! 続々開設される音楽情報サイト


大滝詠一や山下達郎をはじめとして、近年では錚々たるミュージシャンの作品が最新リマスター音源でリリースされています。マスタリング技術の向上と共に80年代という時代の輪郭がくっきりと浮かび上がり、リイシューといえども、90年代とは意味合いが大きく異なってきました。懐かしさだけでは括ることのできない音楽の楽しみ方が浸透してきました。そこには、現在のサブスクリプション、デジタル配信主体の音楽とは違う発見があるはずです。かつてはレコードに刻まれた音の奥行の深さ、今に通じる普遍性など、温故知新型の音楽の楽しみ方には、ヴィンテージを掘り当てたような発見と喜びが詰まっています。

私たち、リマインダーもこのような温故知新型の音楽の楽しみ方を提案して早5年が経とうとしています。まさに「懐かしむより超えていけ」というスタンスは、音楽シーンの新たな活性化の礎となってるレコード(音楽ソフト)メーカーとしても同じことだと思います。そんな時代に相応しい音楽情報サイトが続々と開設されています。ユニバーサルミュージックが運営する「UDiscoverMusic」やソニー・ミュージックダイレクトが運営する「otonano」などです。“あの頃” の音楽が今どのように私たちの胸に響くのか? という感覚で覗いてみるのも楽しいでしょう。

老舗ビクターエンタテインメントが運営する「MiQQe(みっけ)」


さらに、長い歴史を誇る老舗レコードメーカー、ビクターエンタテインメントも、11月1日に開設した新たな大人向け作品を厳選した音楽情報サイト「MiQQe(みっけ)」を開設。現在では、音楽の多様化が花開いた80年代初頭の邦楽シーンをメインに人々の心に灯りをともし続けた膨大なカタログの中から今の時代に再評価すべき作品をピックアップし、掲載してくということです。

ビクターエンタテインメントといえば、最近では、シティポップの名盤として名高い宮崎美子が80年代初頭にリリースした3作品をインクルーズした歌手デビュー40周年記念盤『スティル・メロウ~40th アニバーサリー・アーカイブス』をリリース。そして来たる11月24日には、80年代初頭の50’Sブームの最中、全国を席捲した原宿のロカビリー・レジェンド、ブラックキャッツの『HARAJUKU BIBILE -BLACK CATS Early Time Complete Box』がリリース予定。ビクター在籍時のオリジナルアルバム3枚と、唯一のベストアルバム『Cat’s Street』が発売以来初となる2021年最新デジタルリマスターを施して高音質SHM-CD化したBOXセットで、当時の時代の彩りをそのままに、2021年現在再評価すべく良質な作品を続々とリリースしています。

まさに、百花繚乱カタログの時代が到達しました。昭和時代に青春を謳歌した大人の音楽ファンの皆さん、今こそ、あの頃の時代に想いを馳せながら、温故知新型の音楽の楽しみ方を満喫しましょう!

▶ 音楽シーンに関連するコラム一覧はこちら!



2021.11.15
11
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
本田隆
コラムリスト≫
53
2
0
2
1
宮崎美子の歌手デビュー40周年アルバム「スティル・メロウ」新曲「ビオラ」も配信開始
カタリベ / 濱口 英樹
11
2
0
1
6
全集に全部入っているわけじゃない、YBO² 限定ボックス発売の賛否両論
カタリベ / ジャン・タリメー
50
2
0
2
1
RCサクセション「ラプソディー ネイキッド」完全版ライブのリマスターを聴いて驚け!
カタリベ / ソウマ マナブ
40
1
9
9
1
紛うことなき職人・山下達郎が生み出した歴史的名盤「アルチザン」
カタリベ / 指南役
16
1
9
8
4
女はクリスマスケーキ?結婚に揺れ動いた世代の群像劇「25才たち・危うい予感」
カタリベ / 親王塚 リカ
24
2
0
2
1
何でもありのゴチャ混ぜ感!タワレコが今の視点で厳選した80年代コンピは必聴!
カタリベ / 広瀬いくと