1977年 1月20日

令和に響く赤貧ソング、老後 2,000万円問題と太田裕美の「しあわせ未満」

20
0
 
 この日何の日? 
太田裕美のシングル「しあわせ未満」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1977年のコラム 
50'sブームとは?アメリカに未来を見いだした80年代のティーンエイジャー

マイケル・フランクス「アントニオの歌」がもたらした80年代ボサノバ歌謡

資生堂 vs カネボウ CMソング戦争 〜 麻美と亜美のマイピュアレディ

テレヴィジョン「マーキー・ムーン」枠にはまらないニューヨークパンク

ファーストアルバム「タモリ」戦後日本を代表する天才芸人の純然たる証

エンタメの横顔 — 音楽業界における「タイアップ」CM篇 ②

もっとみる≫




今、あなたは「うだつ」、上がっていますか?

「うだつが上がらない」という慣用句は、聞き覚えがある人が多いであろう。これは、建築用語で、木材が建て上げられないことから転じて「なかなか出世ができない、暮らしがよくならない、金銭的に恵まれた状況にならない」という意味があるそうだ。

ニュースでは戦後最長の景気拡大なんて言っていたけど、拡大したのは景気じゃなくて「格差」だってことは、みんなうすうす解っていて、そんな世知辛い日常の中で、いつまでもうだつが上がらない自分に対し、忸怩たる思いに苛まれている人は少なくないはずだ。

で、お前は誰だ。お前のうだつは上がっているのかよ? … という問いかけに対しては、誰も興味が無いと思うので脇に置いておこう(笑)。だけども、ぶしつけに、うだつ上がっていますか? などと書き出した文章に対して、筆者として何らかの責任は取らなきゃいけない。だから、僕は言いたい。「うだつなんて、上がっても上がんなくてもどっちでもいい。そんなもん!」なぜかって? その答えは80年代の名曲の中にあるからだ。

うだつが上がらない男の主人公と、それを支えるヒロイン。そんな赤貧のイメージというと、70年代は「四畳半フォーク」の湿気がセットだけれども、80年代になって登場した「ハングリアン民族系赤貧ソング」は、そんな湿気を感じさせず、まるで映画、青春群像のヒトコマを見るかのようだった。

まず、中村あゆみの「翼の折れたエンジェル」のサビの一節。


 もし俺がヒーローだったら
 悲しみを近づけやしないのに…


そして、尾崎豊の「シェリー」のサビ前の一節。


 転がり続ける 俺の生きざまを
 時には無様な格好でささえてる


夢に生きるけれど、なかなか芽が出ない。そんな現状に絶望しながらも懸命に前に進んでいく。そんな主人公のあがきが1985年の風景と共に蘇ってくる。

カップヌードルの CM ソングとして流れたこの2曲が、34年経った今でも色褪せず胸に響いてくるのは、夢と貧困という不易のテーマを持った歌詞に、稀代の声を持つ2人が、絶世のシャウトで生命を吹き込んだことで、歌が強い輝きを放ち続けているからだろう。

そんな昭和の「赤貧ソング」を語る上で忘れてはいけない一曲がある。その曲は、太田裕美の「しあわせ未満」だ。80年代からやや遡り1977年リリースの楽曲となるが、この曲を彼女の一番のお気に入りに挙げる人も少なくない。


 20才まえ ぼくに逢わなきゃ
 君だって違った人生


曲はいきなり、こんな自虐的なフレーズから始まる。ナンパして同棲を始めたけれど、部屋代のノックに怯える程に苦しい生活。ボロアパートでの水仕事で指にしもやけができた彼女を不憫に思い、「ぼくの心のあばら家に住む君が哀しい」と嘆く主人公。


 ついている奴 いない奴
 男はいつも2通り


主人公は、こんな筈じゃなかった己の現状を「運」という名のうすのろに責任転嫁して、自己弁護しているようにも見える。それでも、この物語の最後は、「あー二人 春を探すんだね」という歌詞で結ばれていて、そこからは、貧しくても頑張ればきっと将来は報われるという、昭和の空気を支配していた、ほのかな希望みたいなものが伝わってくる。

だけど、この「しあわせ未満」を令和の今、改めて聴き返した時、そこに浮かんでくる情景は、非正規雇用・低賃金労働の若者の絶望的な現実だったりする。そこには、将来はきっと報われるんだという、ほのかな希望すら見えない。

そんなことに思いを馳せている中、この原稿を書いている途中で、驚くようなニュースが飛び込んできた。なんと、金融庁の報告書によると、老後の資金として自力で2,000万円の貯えが必要だと言うのだ。もう、お先真っ暗だ。

そういえば、「しあわせ未満」で太田裕美が歌っていた、あの時の2人は42年経った今どうなっただろう? 残酷に立ちはだかった老後2,000万円問題が頭をよぎる中、僕の耳に流れてきたのは井上陽水の「からたちの花」だった。


 あんたとあたい
 運も悪いしからだも弱い
 なのにふたりに なのにふたりに
 おんなじように血がにじむ


元々は1983年、樋口可南子のアルバム曲として井上陽水が提供し、翌年、自らのアルバム『9.5カラット』に収録された曲であるが、この歌を幼少時に初めて耳にした時は、なんて暗い歌詞なんだろう、と思っていた。なんとも侘しい人生の終着。歌詞の中では夫婦の年齢が判然としないが、子供心に、僕はなんとなく老夫婦を歌っているような印象を持っていた。しかし、我が身にも老年期が忍び寄ってきた今、改めて聴くと、妙な現実味を帯びて響いてくる。

令和の巷に溢れる、応援系ソングやポジティブ系ソングの数々。そういった曲達も良いだろう。だけどやっぱり僕は、昭和から聴こえてくる、これらの厭世的な歌の数々にグっと心を動かされてしまう。きっとそこには、人として生きる為の普遍的な何かと、人生のロマンが詰まっているから、時代を超えても愛され、色褪せないのだろう。

うだつが上がらない日々も、しあわせ未満の生活も、侘しい人生の終着すらも、全てが美しくて愛おしい。だから僕は、最後にもう一度、大きな声でこう言おう。

「うだつなんて、上がっても上がんなくてもどっちでもいい。そんなもん!」


歌詞引用
翼の折れたエンジェル / 中村あゆみ
シェリー / 尾崎豊
しあわせ未満 / 太田裕美
からたちの花 / 井上陽水


2019.06.25
20
  Apple Music
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1972年生まれ
古木秀典
コラムリスト≫
73
1
9
8
5
中村あゆみ「翼の折れたエンジェル」が持つ奇跡的フレーズの音楽性 ①
カタリベ / スージー鈴木
51
1
9
8
5
中村あゆみ「翼の折れたエンジェル」が持つ奇跡的フレーズの音楽性 ②
カタリベ / スージー鈴木
90
1
9
8
5
切なさを際立たせるハスキーボイス — 中村あゆみ「翼の折れたエンジェル」
カタリベ / 指南役
135
1
9
8
4
尾崎豊の原点「新宿ルイード」ライブハウスをなくしてはならない!
カタリベ / 指南役
40
1
9
8
3
音楽が聴こえてきた街:尾崎豊の見た渋谷の夕陽と歌舞伎町のダンスホール
カタリベ / 本田 隆
105
1
9
8
5
メロディーメーカーとしての尾崎豊論 ー あれ? なんか新しい
カタリベ / 指南役
Re:minder - リマインダー