4月14日

革命的バラエティ「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」の元気が出る歌たち

40
0
 
 この日何の日? 
日本テレビ系バラエティ「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」の第1回が放送された日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1985年のコラム 
これがホントのまさかのシック、春の失意に角松敏生の「スカイ・ハイ」

まだある!大映ドラマ栄光の80年代と胸アツ!カヴァー主題歌

1985年4月、ブルース・スプリングスティーン初来日公演の真実

本田美奈子の魅力、いつまでも輝き続ける永遠の歌姫

中村あゆみ「翼の折れたエンジェル」が持つ奇跡的フレーズの音楽性 ①

切なさを際立たせるハスキーボイス — 中村あゆみ「翼の折れたエンジェル」

もっとみる≫







後に頻出するドキュメントバラエティの元祖といわれる革命的な番組『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』が日本テレビでスタートしたのは1985年4月14日のこと。その2週間前からはフジテレビで『夕やけニャンニャン』も始まっていた昭和60年の春であった。大ブームを巻き起こした『夕ニャン』はそれから3年で終了したが、『元テレ』は96年まで、実に11年半に亘って続いてゆくことになる。

“元気が出る商事” の設定で、レギュラー陣に「社長」「部長」「秘書」といった肩書が充てられたのは、企画段階では会社を舞台にしたコメディ番組だった名残りだという。当初はかつての「スチャラカ社員」の様な企画だったのだろうか。「社長」は番組の顔であるビートたけし、「部長」に松方弘樹、「秘書」に木内みどりといった按配。

社員たちに高田純次、兵藤ゆき、野口五郎、島崎俊郎らの顔ぶれで、桑田靖子、井森美幸、森尾由美らアイドルも出演していた。放映期間中にはビートたけしのフライデー襲撃事件やバイク事故での休養もあり、番組に第1回から最終回まですべて出演したのは、松方弘樹と高田純次の2人だけであった。

ベテラン俳優の松方弘樹をバラエティに引っ張りだして可笑し味を引き出したほか、素人時代に出演したのをきっかけに俳優となる的場浩司をはじめ、番組出身で後にスターとなった人物も多い。しかし番組の成功で最も名を馳せたのは、総合演出のテリー伊藤であったろう。当時はIVSテレビ制作に所属し、本名の伊藤輝夫として破天荒な企画を連発した。

さらに歴代の演出・ディレクター陣からは、『電波少年』のTプロデューサーとして知られた土屋敏男、ソフト・オン・デマンドを創業する高橋雅也(現・高橋がなり)。とんねるずから恵比寿★マスカッツまでバラエティの演出に冴えを見せる斉藤誠(現・マッコイ斉藤)ら、ひと癖もふた癖もありながら今のエンタテイメント界に欠かせない才能豊かな面々が輩出されている。

印象深いコーナーとしては、寂れた商店街の復活計画や、お嬢さまを探せ、早朝バズーカ、勇気を出して初めての告白などなど。名物となった「ダンス甲子園」は番組終了後も『24時間テレビ』で復活してしばらく毎年コーナーが設けられるほどの人気企画だった。

日曜日の夜になると、翌日からまた学校や仕事が始まるという現実に直面して憂鬱になる、いわゆる “サザエさん症候群” を吹き飛ばすべく付けられたというタイトルからも、テレビマンの気概が感じられよう。

真面目な視聴者からのクレームもあったとおぼしき内容ながら、常に攻めの姿勢だったのは評価されて然るべき。実際、放送2年目の86年には、日本民間放送連盟賞のテレビ娯楽番組部門で優秀番組となったほか、第3回ATP賞の優秀賞と人気番組賞を受賞。96年にはATP賞の長寿番組賞も受賞しており、その後のバラエティ番組の在り方に与えた影響は計り知れない。

そして人気バラエティの常として、番組からはいくつかのレコードも生まれた。いずれもコンビで歌われているのが特徴である。まずは “TAKESHI & HIROKI” 名義でビートたけしと松方弘樹が歌う「I'II Be Back Again… いつかは」が86年にリリース。名曲が多いたけしソングの中でも指折りのナンバーに挙げられる。『ザ・ベストテン』にもランクインするスマッシュヒットとなり、踊りながら歌う松方弘樹がとても愉しそうだったのを憶えている。

翌87年に出された「私・湘南マタンゴ娘」はまったく意味不明な歌だった。レギュラーだったCMディレクターの川崎徹がムード歌謡の歌手・高田暢彦と共唱する “湘南演歌” というふれ込みだったが、何故 “マタンゴ” なのかは謎。ただ語感の面白さが狙われたものだったろうか。

ちなみに「マタンゴ」は同タイトルの東宝特撮SF映画に出てくるキノコのモンスターなのであった。中村泰士によるメロディは決して悪くないのだが、湘南サウンドへの仲間入りはさせたくない(笑)。

88年リリースの第3弾「CHANCE! 心ときめいて」は高田純次と兵藤ゆきが “Yuki & Junji” 名義で出した、これまたダンサブルな佳曲。SMAPらへの楽曲提供で知られる小森田実が作曲し、ゆき姐自身が作詞している。番組で新曲発表の折、気取った顔で写っているジャケットの高田純次を見たたけしは「バラクーダかと思いました」と評して一笑いをとっていた。

番組開始10周年となる95年には「祝・10周年特盤」と題されたアニヴァーサリーCDがリリースされ、かつてレコードでリリースされた歌のほか、お馴染みのオープニングテーマや、忌野清志郎が番組に出演して完成させた「元気が出る音頭」などが一枚のアルバムに収められた。

また、プライベートでも親交の深いことで知られるたけしと所ジョージのユニット “T’s” が歌う「真っ暗な夜に」や、奥野敦士作曲による “ビートたけし&ザ・常夏s” の「GOD BLESS YOU~神の御加護を~」など、たけしファン垂涎のレアなナンバーも聴ける。通称『GENKI CD』。

なお、それから20年後の2015年にリリースされた『関ジャニ∞の元気が出るCD!!』の元ネタが『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』であろうことは言うまでもない。

世が世ならば村上クンはきっと番組のレギュラーメンバーに起用されていたでしょうね。

2018.04.14
40
  YouTube / super565x
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1965年生まれ
鈴木啓之
コラムリスト≫
32
1
9
8
2
着火音が聴こえる!ビートたけしのROCK魂に火がついた瞬間
カタリベ / せトウチミドリ
31
1
9
8
1
迷うことなく答えはひとつ、一番好きな雑誌「バラエティ」と角川映画
カタリベ / 鈴木 啓之
17
1
9
8
2
胸に沁みるビブラート、ビートたけしのバラードは静かに聴け!
カタリベ / やっすぅ
46
1
9
8
1
ロックを選んだ漫才師、ビートたけしとロッド・スチュワートの意外な接点
カタリベ / 宮木 宣嗣
12
1
9
8
8
アニメ「燃える!お兄さん」の楽曲はバラエティのBGMと相性バッチリ!?
カタリベ / バーグマン田形
34
1
9
8
5
知る人ぞ知る80年代アイドル「TV海賊チャンネル」からのセルフサービス
カタリベ / 鈴木 啓之
Re:minder - リマインダー