7月20日

ゴーゴーズ「バケーション」ロックな女の子ボーカルが好きなんです!

31
0
 
 この日何の日? 
ゴーゴーズのアルバム「バケーション」が米国でリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1982年のコラム 
ジョーン・ジェット、ランナウェイズの悩殺爆弾からアイ・ラヴ・ロックンロール!

80年代の「ザ・ベストテン」に学ぶ美しき世代交代、懐かしむより超えてゆけ!

ジョージ・マーティンもプロデュースした “アメリカ” の出身はどこ? 

あみん「待つわ」岡村孝子恐るべし…耐える女と見せながら実は80年代的あざとい女?

スウィート路線なのに甘くない、PANTAのサマーソングは「人類最後の日」

2曲目でヒットするアイドル、石川秀美「ゆ・れ・て湘南」

もっとみる≫



photo:UNIVERSAL MUSIC  

ロックな女の子ボーカル、ゴーゴーズ


いやー、実は女の子の歌声が好きなんだよね…… と、50代半ばで言うのは、少々気恥ずかしいのだが、ありがたいことにリマインダー界隈ではそういうことを堂々と言うのがマナーだし、まあいいか、言っちゃおう。

とはいうものの、80年代当時、女性ボーカルのレコードを買うことは、あまりなかった。小遣いの少ないティーンがレコを買いたいと思ったとき、そこにはつねに壮絶な葛藤と取捨選択がついてまわる。女の子ボーカルは好きだったが、女子なんてケッ!とも思っていた硬派気取りのガキんちょだ。必然的に男ボーカルのレコばかり買うようになっていたが、でもやっぱり女の子も好きなのだ。なら、ロックな女の子ボーカルのレコを買えばいいじゃないか! ……というわけでゴーゴーズのお話。

アルバム「バケーション」ベリンダ・カーライルのボーカルに惚れた


1982年の夏、高校1年のマナブは悩んでいた。今、欲しいレコードが2枚ある。でも、使えるお金には限りがあるので、1枚しか買えない。どちらもほぼ同時期に国内盤が発売されるが、どちらを買うべきか……。

1枚はABCのデビューアルバム『ルック・オブ・ラブ』。当時、UKチャートに激しく入れ込んでいたマナブにとって、これは見過ごせないアルバムだ。ABCのサウンドはUKソウル風で、見た目も含めてとにかくファッショナブルに思えた。ファッションのファの字も理解していない秋田の田舎者にも、それはそれは、キラキラして見えた。

そしてもう1枚が、ゴーゴーズのセカンドアルバム『バケーション』で、アメリカ代表。正直、この時期はUKが眩しすぎて、USのアーティストが少々ダサく思え出していた。それでもゴーゴーズが気になったのは、1年前に聴いたファーストアルバムが好きだったから。とにかく、イキが良くて、パンチが効いていた。ブルブルと震えるようなギターの音(ボキャブラリーが貧困でスミマセン……)がかっこよかったし、何よりベリンダ・カーライルのボーカルに惚れてしまった。

アルバムのほとんどの曲を作ったジェーン・ウィードリン


当時の洋楽仲間で後ろの席のタカハシ君が、「ABCのアルバム、買おうと思う」…… と打ち明けてきた。

渡りに船! そちらはタカハシ君から借りて録音させてもらい、マナブはゴーゴーズに操を立てることになる。

期待に胸を膨らませて、買った『バケーション』。すでにラジオで何度も聴いていたタイトル曲は文句なしにイイ! …… のだが、その他の曲はぶっちゃけ “???” だった。

あのイキの良さはどこにいったのだろう? ブルブル唸るギターはどこに消えた!? 音のスカスカ感が気になってしょうがなかった。

ベリンダのボーカルは頑張っているのだが、それをバックが受け止めきれていない歯がゆさというか。あー、ABCにしとけばよかったかな…… と、タカハシ君から借りたレコを聴きつつ、マナブは柔らかな後悔をする。

しかし、時を経るほど、このアルバムはジワジワとしみてくる。何度聞いても飽きないタイトル曲はもちろんだが、洋楽をどんどん吸収して、ひと回りしてみると、このギターはロカビリーっぽいとか、このキーボードは、ドアーズリスペクトでは!? とか、いろいろと考えるようになる。60年代のR&Bバンド、キャピトルズの “クール・ジャーク”をこの時期にカバーしていたのも、実はすごいことなんじゃないか!?

それはともかく、このアルバムのライナーを隅から隅まで読んで気づいたのは、ほとんどの曲を作っているジェーン・ウィードリンの存在だ。ベリンダの脇で、ひっそりギターを弾いているように見えた、ショートカットの彼女が、このバンドのフィクサーだったのだ。

ソロで成功したのはベリンダ・カーライル


残念ながらゴーゴーズはこの2年後に解散するが、ジェーンがソロ活動を始めると知り、ここでも操を立てねばならないと思い、レコを買った。ジェーンのボーカルはベリンダよりもかわいかった。キュン死した。しかし、ソロで成功したのは彼女ではなくベリンダの方だった。

―― これ以上思い出話を続けてもグタグダなだけなので、打ち止め。ともかく、ベリンダの張りのある声もジェーンのキュートな声も大好きだ。声には個性があるし、その多様性も認めないといけない。『バケーション』と同年に、ジョーン・ジェット&ブラックハーツのアルバムも買ったが、ジョーンのドスの効いたボーカルにもやはりシビレたし。女の子ボーカルが好きなんです…… と打ち明けるとき、それらが全部含まれているのだ。

2021年にひとつ嬉しいニュースがあった。それは、ゴーゴーズ 2001年の再結成アルバム『ゴッド・ブレス・ザ・ゴーゴーズ』がアナログで初リリースされたこと。

このアルバム、全盛期にリリースした3枚のアルバムのどれよりもかっこいい。ベリンダの気迫のボーカルに、バンドの音が全力で立ち向かっている隠れた名盤。これを55歳になった今、聴ける喜び。自分も今や55ズ。この機に女性ボーカル愛も積極的にカミングアウトしていくか!


2021.07.20
31
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1966年生まれ
ソウママナブ
コラムリスト≫
31
1
9
8
2
眩しすぎた西海岸の夏、ゴーゴーズのバケーションはヴェイケイション!?
カタリベ / 太田 秀樹
37
1
9
8
2
みんな大好きゴーゴーズ!夏が来ると聴きたくなる曲がある
カタリベ / 宮井 章裕
30
1
9
8
1
1981年夏、ビートを手に入れたゴーゴーズとアイスクリーム・エクスプレス
カタリベ / 時の旅人
25
1
9
8
1
復活!ゴーゴーズ、コロナ禍のオンライン配信にみるアーティストたちの現在地
カタリベ / 中川 肇
43
1
9
8
2
ブラック・キャッツ!ゴーゴーズに抜擢された原宿ロカビリーレジェンド
カタリベ / 本田 隆
17
1
9
8
2
先輩からの愛のムチ?ゴーゴーズのトップを阻んだジョーン・ジェット
カタリベ / KARL南澤