12月27日
お茶の間からロンドンまで! 根っこはパンクのGO-BANG'S
36
0
 
 この日何の日? 
ゴーバンズのシングル「あいにきて I・NEED・YOU!」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1989年のコラム 
歌うために生まれてきた天才、吉田美和の原点がここに「LOVE GOES ON…」

クリスマスエクスプレスの下地を作ったのは、やるっきゃない!のミスDJ!?

今井美樹の「空に近い週末」恋を思い出しながら是非聴いてみて欲しい

バブルど真ん中に世界的大ヒットをかました下半身密着ダンス、ランバダ!

ヘビメタクイーン浜田麻里、渾身のバラードは珠玉のクリスマスソング!

1989年のポール・マッカートニー来日狂想曲、やっとあえるね。

もっとみる≫

photo:Amazon  

80年代のガールズ・バンドとしてもうひとつ忘れてはいけないのがGO-BANG'S。ベティ・ブープそっくりな森若香織(Vo.G)、元歯科助手の谷島美砂(B)、身長183センチのクール・ビューティー斉藤光子(D)。札幌で結成され、森若家が東京に転勤することになって活動休止するも、そのときに作ったテープを忌野清志郎が聴いて「いいじゃん!」と言ったらしい、という話に喜び勇んであとのふたりも上京してきた。若さゆえの勢いがいかに大事かを象徴するエピソードだ。

GO-BANG'Sの曲はとことんポップで、キッチュな初期ニューウェーブ風味があり、でも根っこはパンクだった。トレーシー・ウルマンとデボラ・ハリーが同居していた。文化屋雑貨店や大中で買い物をしていそうな親しみやすいお洒落感が女の子に人気だった。メジャー・デビューは88年4月だが、それ以前から東京のライブハウスシーンでは名が知られており、ヒット曲「あいにきて I・NEED・YOU!」は89年12月27日リリース。アルペンのCMソングは本当に打率が高い。

3人にもよくインタビューをした。香織ちゃんはスポークスウーマンとしてずば抜けた才能を持っていて、考えていることを言葉にするのに口が追いつかないようなところがあった。”お茶の間からロンドンまで” は絶妙なキャッチコピーだと思う。美砂ちゃんはいつもにこにこしていて、光子ちゃんはときどき人をギクッとさせるようなことを言った。詞も曲もどこにでもいる女の子たちの味方だった。

私がいちばん好きなアルバムは91年3月に出た『SAMANTHA』だ。マンチェスターで808ステイトのエンジニアによってミックスされた音の抜けは抜群で、取材のために訪れたスタジオの扉を開けると光子ちゃんがいたので挨拶よりも早く「アルバムすっごくかっこいい!」と言うと「でしょーーー?」と満面の笑顔で応えてくれたのを覚えている。

武道館公演も89年と91年の2回経験した。最初のとき、葡萄の衣装(武道館だから葡萄)でブランコに乗って上から登場した香織ちゃんの髪飾りがブランコの持ち手に絡まってステージに着いてもなかなか降りられなかったことなど懐かしい。でも、潮が引くのも早かった。あのガラガラの中野サンプラザはいつだったろう、と古い手帳を見たら92年の8月だった。

94年に解散。現在GO-BANG'Sは森若香織のソロユニットとして、女性ミュージシャンを集めて活動している。アンジーの水戸華之介など共通の友達も多いのになかなか話す機会がない。きっといろいろなことがあったのだと思う。私が見る限り、香織ちゃんは昔よりも50歳を過ぎた今のほうがずっときれいだ。

2017.03.20
36
  YouTube / まあえオリコ


  YouTube / ENDURE
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1962年生まれ
佐々木美夏
コラムリスト≫
42
1
9
8
9
関ジャニのMETROCK出演に思う、プリプリが全力で勝ち取ってきたもの
カタリベ / 佐々木 美夏
45
1
9
8
9
プリプリの「Diamonds」破天荒な女の子たちの友情と冒険の物語
カタリベ / 佐々木 美夏
23
1
9
8
9
伝説のひと、YAZAWAくんを思い出すプリプリのダイアモンド
カタリベ / 時の旅人
25
1
9
8
2
自腹で往復43万!ニューヨークでたまたま観たブロンディ最後のツアー
カタリベ / 福岡 智彦
23
1
9
8
2
眩しすぎた西海岸の夏、ゴーゴーズのバケーションはヴェイケイション!?
カタリベ / 太田 秀樹
22
1
9
8
6
黒人のガールズバンドが放ったロングセラーレコード「アイ・ミス・ユー」
カタリベ / 宮井 章裕
Re:minder - リマインダー