4月21日

元祖ロックの女王【白井貴子インタビュー】② THE CRAZY BOYS と完全再現ライブ開催!

48
0
 
 この日何の日? 
白井貴子のアルバム「FLOWER POWER」発売日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1985年のコラム 
革命的バラエティ「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」から生まれたレコード

伊藤銀次が語る 佐野元春「ヴィジターズ・ツアー」での寸劇パフォーマンス!

本田美奈子の魅力、いつまでも輝き続ける永遠の歌姫

中村あゆみ「翼の折れたエンジェル」が持つ奇跡的フレーズの音楽性 ①

中村あゆみ「翼の折れたエンジェル」切なさを際立たせるハスキーボイス

中村あゆみ「翼の折れたエンジェル」の歌詞にみる10代の圧倒的リアリティ

もっとみる≫




歴史的名盤『FLOWER POWER』がアナログ盤でリイシュー


1981年にデビュー。“学園祭クイーン”、”ロックの女王” と呼ばれ、女性ロックシンガーの先駆的存在であり、開拓者であった白井貴子。11月1日には歴史的名盤『FLOWER POWER』がアナログ盤でリイシューされ、来年の1月20日には白井貴子&THE CRAZY BOYS名義でこのアルバムの完全再現ライブが行われる。この素晴らしきタイミングでインタビューを試みることができた。インタビューの後編では、現在の白井貴子に繋がるモチベーションや完全再現ライブに向けての意気込みなどについて語ってもらった。

『FLOWER POWER』からの3年間はすごく濃厚な時間


―― 85年にリリースされた5枚目のアルバム、CRAZY BOYS名義の『FLOWER POWER』からの白井さんはすごく輝いていました。

白井貴子(以下、白井):たった3年しかなかったのですが、すごく濃厚な時間でした。

―― そこの印象がすごく強くて、白井さんはバンドの人だなというのが今でもあります。

白井:それは嬉しいな。

―― 今でいうフェスですか、名古屋の「ROCK'N ROLL BAND-STAND」や阿蘇で行われた「BEAT CHILD」、広島ピースコンサート(Alive! Hiroshima)に出演されていた印象も大きいです。

白井:当時の音楽業界のボスたちがクレージーだったから、そんな社長たちが集まって企画したコンサートなんですよ。アーティストはほとんど関わってないと思います。あれだけのアーティストを集めたのは事務所の人たちでした。だから、残念ながら80年代のロックアーティストってほとんど連携がないんです。ライバル意識の方が強くて。若気の至りだよね…。ロックミュージックだから斜に構えてみたいな。その中で私だけ、ちょっと違う感じだったんですよね。「なんで仲良くしないんだろう?」と単純に思ったりして。

ーー 白井さんとCRAZY BOYSには、周りを巻き込んでいこう!というパワーを感じました。ロックって間口が狭いけど、それを広げていったのが白井さんだと思っています。それが渡辺美里さんが見て、こうあるべきと思った部分もあると思います。

白井:私の2代目のマネージャーが美里ちゃんのマネージャーですから。ただ、スタンスとして多くの日本のロックの女の子と違う部分は、最初から自分で曲を作って、バンドのメンバーと一緒にやってと。私にサウンドプロデューサー的な人がいなかったから、自分でやるしかなかった。これも運命かと思うんです。

『FLOWER POWER』の制作もビートルズと一緒です。私が譜面を持っていって、みんなで「せーの」でやってみて、ギターの本田(清巳)がイントロを生み出してと…。みんなに作曲印税をあげたいぐらいです(笑)



―― だとしたら奇跡的というか、『FLOWER POWER』は80年代の音ではあるのですが、今も全然古くならないですね。あの時代の音ってシンセドラムの音が入ったり、当時の流行を感じます。だけど、『FLOWER POWER』は普遍的に聴こえます。

白井:それは嬉しい!良くも悪くも、「こうすれば売れる」という考えがひとかけらもないアルバムですからね。レコーディングもライブに近かったです。今思うと、よく成り立ったなと思いますが。CRAZY BOYSはずっとその手法でやっていました。最後のアルバム『COSMIC CHILD』はロンドンに行ってレコーディングをしています。ロンドンに行くとさらにエッジが効いてきました。その後スティングを担当することになるエンジニアのサイモン(・オズボーン)がレコーディングをやってくれたんですね。そこも大きかったと思います。

時は待ってくれないから、次の白井貴子作りのためにシフトしていこう


―― CRAZY BOYSでの到達点が『COSMIC CHILD』で見えたということですか?



白井:到達点ではないのですが、私が30を手前に、長い人生の中の若かった時代が終わった。ロックミュージックは大人への反抗心という部分もあるから、そこで拳を上げるというのが曲のエネルギーになっていたと思いますが、30過ぎたら、その武器は使えないと思ったんですよね。しかも私は女だし、男の人とは違う。男の人がボールを150メートル投げられたとしたら、私は100メートルしか投げられない。そんな私が何をやるかということを年齢が教えてくれました。

時は待ってくれないから、次の白井貴子作りのためにシフトしていこうと。だから自分を豊かにして、健康にして、生命力溢れる音楽を作りたいと思いました。

そのきっかけは、ロンドンで野生のマーガレットに出会ったことでした。その花を見た時に、本当に健康で、青空を見上げて、太陽を見上げて生きていた少女の頃を思い出して、もう一度ここに戻ろう!と思ったんです。ここが私の主軸となってロンドンで暮らすのですが、そこには、ビートルズが楽曲を生み出したイギリスで生きたらどんな音楽を作るんだろうという人体実験のような気持ちもありました。それで「野生のマーガレット」という曲が生まれ、90年代の1枚目のアルバム(BOB)に収録されました。



―― そういう変化だったのですね。それで90年代があって、2000年以降があって、今も歌われているわけですよね。

白井:90年代になった時、ひとりの女性音楽家として、どこに拳を向けるべきか? と思い、地球を眺めたら、1986年のチェルノブイリ(現:チョルノービリ)の原発事故に始まり、地球がボロボロになっていく様を目の当たりにした時代でした。

―― チェルノブイリ、その後の天安門事件、湾岸戦争、ソ連崩壊…と続いていきます。

白井:そうです。だから、あの時に自分が拳を上げるべき所が見えました。地球を守っていくためにロックをやろう!と。それで、環境について歌うことが多くなりました。

束縛のない自由な生活を送ろう、パンとミルクを買いに行く生活から始めよう


―― 時代が変わっていく80年代の終わりから90年代にかけてが、次の白井貴子さんを育んでいったという感じですね。その頃はイギリスで過ごしていた時期ですか?

白井:そうですね。まずキャンピングカーを買って、束縛のない自由な生活を送ろう、パンとミルクを買いに行く生活から始めようと。20代はそんな生活が全くなかったですから。これではいい曲が書けるはずはないと。暮らしがあって、守るものがあって、そこから音楽を作りたいという大きな意志がありました。

―― しっかり、正直に音楽に向き合っていたということですね。

白井:それしか取り柄がないからですね。そこからレコード会社を離れたので支援はゼロでやっていました。ただ、鎌倉で自主レーベル(ROD)を立ち上げた時は、ありがたいことにソニーに助けてもらって、アンティノスからアルバムを2枚(『LIVING』、『HANA』)出しました。自主レーベルだから面白いことをやろうと思い、大きなマンションを借りて、一角にブースを作って自宅でアナログレコーディングをやりました。



『FLOWER POWER』完全再現ライブは当時のベストメンバーで行こう!


―― 80年代、90年代、そして今まで、様々な形態で音楽と向き合ってきたと思いますが、来年1月の完全再現ライブではどんなCRAZY BOYSが観られますか?

白井:かつてのマネージャーたちが、「60になってもロックをやれる人はそういないから、貴子やってくれ、観たい!」と言ってくれるから「わかった!」と。『FLOWER POWER』が出るから当時のベストメンバーで行こうということになりました。残念ながら昨年ベースの春山信吾さんが亡くなってしまったのを受け、今回、後継者として若手を入れてステージに臨みます。

この十年ほどはCRAZY BOYS JUNIORを作って、ドラムのカースケ(河村智康)の本当にジュニア(息子)に叩いてもらったり、女子の山田直子さんにバンドに入ってもらったりしてきましたが、今回は38年ぶりの復刻ライブにあわせオリジナルメンバーで挑みます。ジュニアの方もまたやりますよ!きっと。

『COSMIC CHILD』をリリースした時(87年)「ヨシヨシ」って抱っこしていたくらい可愛い赤ちゃんだった彼が立派なドラマーになって大活躍しているのは、本当に嬉しい!でもこのところ息子にやってもらっていましたが、今回は久しぶりにカースケとやります。

ベースが変わりましたから、当時とは違う部分もありますが、今回は『FLOWER POWER』の完全再現ライブなので、面白くなりそうです。でもアルバム1枚だけのライブではなく、25周年の後にリリースした「地球」というアルバムと昨年、エコとロックのハイブリッドサウンドに仕立て直し初配信した「NEXTGATE 2022」もやります。それに合わせて「環境」の楽しく有意義なイベントを開催します。

地球を大切にしていくというメッセージをしっかり伝えるライブにしたい


―― 80年代の白井さんと、そこから現在に継続している白井さんと両方が観られるわけですね。

白井:そうですね。私は女性として、地球を大切にしていくというメッセージを伝えていく活動を30年やってきました。そこで素敵な仲間がたくさんできました。その人たちが、Zeppのホワイエに大集合してくれて、私もこれまでの環境活動を報告してみんなで「SDGsカーニバル」を開催します。できれば、今回を第1回目としてこうしたライブができればいいなと思っています。仲間が増えていって、何が起こるかわからない地球の暮らし、”戦争” も教科書の中の言葉ではなく、どこかで日々勃発していて、いつ日本で起こってもおかしくない。大人になればなるほど危機感を感じていますので、どんな背中を子供たちに見せるかがとても大切だと思います。そういうメッセージをしっかり伝えるライブにしたいです。

日本人は “LOVE & PEACE” に対して口籠もってしまうところがあるかと思いますが、そんなことを言っている場合ではないと思っています。私は “土から平和” だと思って、この3年間は農業をやっていますし、とにかく実践です。そうやって地球と仲良くしていかないと明日はないんだということを伝えていきたいと思います。

―― 白井さんの元々のモチベーションはロックですよね。幼少の頃聴いたビートルズから今の活動に至るまで全部一貫しているように思えました。

白井:そう言ってもらえてありがたいです。「何で違うことやっているの?」と言われ続け30年なので(笑)私はビートルズが好きで、彼らが何を私に教えてくれたかというと、ジョン・レノンは「愛と平和」ですし、ポール・マッカートニーは自分で農場を持って、家族を大切にしたオーガニックな生活をしています。

―― 日本のミュージシャンは、そういうことをなかなか訴えにくい状況にあると思います。政治的なことがなかなか言えないというのもあるから。だから平和活動的な側面を発信していくのはすごく大事だと思います。

白井:地球は環境面で、もう待ったなしの状況にきていると思います。このままの暮らしをしていたら、人類は最悪な状態になってしまう…。だから神奈川県の環境大使をやったりと、その目的は全て同じです。

「FLOWER POWER」リイシューをきっかけに「立ち戻る進化をしよう」


―― Re:minderは「懐かしむより超えていけ」というコンセプトがあるのですが、白井さんと共に80年代を共有してきた人や、これから白井さんの音楽に触れるであろう若い世代の人たちにメッセージをいただきたいです。

白井:あの頃、私が女性で男の子のバンドを率いて拳を上げるような勢いの時、いっぱい集まってくれました。「何か新しいことが始まる」ということを見出してくれていたと思います。あの時のみんなの力があるのなら、今の難関も超えていけると思います。だからあえてSDGsの話をしました。若い世代にも白井貴子の存在を知ってくれたら嬉しいですし、地球という素晴らしい惑星を傷つける世の中が悲しくてならない。この素晴らしい地球を旅をしながら自由に生きたい。でも今は全く自由ではない。安全でもない。自由や安全のために平和が必要だと思います。だから、そういう部分に共鳴してくれる若い世代が増えたら嬉しいです。

今回の『FLOWER POWER』のリイシューをきっかけに考えたのは「立ち戻る進化をしよう」ということです。どうしても立ち戻るというのは後ろ向きに捉えられると思いますが、いろいろな部分をアナログの思考に戻していかないとならないと思っています。だからアナログ盤でのリイシューというのは新しい方向性を示唆する見本になると思います。


白井貴子インタビュー ① にもどる


<リリース情報>



▶ 白井貴子 & THE CRAZY BOYS『FLOWER POWER』アナログ盤
発売:2023年11月1日(水)
価格:4,070円(税込)


<ライブ情報>
▶ 公演名
TAKAKO SHIRAI & THE CRAZY BOYS
未来へ咲かそう!FLOWER POWER 2024
『FLOWER POWER』 完全再現LIVE & SDGs カーニバル

▶ 公演日時・場所
2024年1月20日(土)
開場15:00 / 開演 16:00
KT Zepp Yokohama

▶ 料金
一般 7,800円 / 中学生以下 3,000円(ドリンク代別)

▶出演
白井貴子&THE CRAZY BOYS
本田清巳(G)、南明朗(G)、岡部晴彦(B)、片山敦夫(Key)、河村“カースケ”智康(Dr)

▶オフィシャルサイト
https://takako-shirai.jp

▶ 白井貴子のコラム一覧はこちら!



2023.10.26
48
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1968年生まれ
本田隆
コラムリスト≫
23
1
9
8
6
時代を先取りした “種ともこ” の和声コーラスと武部聡志のシンセサイザー
カタリベ / ミチュルル©︎たかはしみさお
102
1
9
8
4
時代を切り拓いた!80年代ニッポンの女性ロックボーカリスト10選
カタリベ / 長井 英治
57
1
9
8
7
最低で最高の80年代ロックフェス「ビートチャイルド」が伝説と呼ばれる理由
カタリベ / 村上 あやの
134
1
9
8
5
国立競技場で開催された「ALL TOGETHER NOW」変わりゆく時代と音楽の力
カタリベ / 前田 祥丈
33
1
9
8
6
ユニコーンやエレカシが一堂に会したCBSソニーオーディション’86 潜入記
カタリベ / 鎌倉屋 武士
36
1
9
8
5
1986年12月21日 — 武道館を包む、渡辺美里の向こう見ずでまっすぐな声
カタリベ / 宮井 章裕