1月21日

伊藤銀次が語る【松原みき&カステラムーン】真夜中のドアの大ヒットは誰よりうれしい!

72
1
 
 この日何の日? 
松原みきのファーストアルバム「POCKET PARK」発売日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1980年のコラム 
ザ・バグルス「プラスチックの中の未来」MTV時代の到来を象徴する傑作

前作を超える恐ろしさ「阿修羅のごとく パートⅡ」挿入曲はレインボーとYMO!

ピンク・フロイドのロックオペラ「ザ・ウォール」今こそ壁を取り壊すとき!

渡辺真知子「唇よ、熱く君を語れ」:スージー鈴木の OSAKA TEENAGE BLUE 1980 vol.10

RCサクセション「雨あがりの夜空に」:スージー鈴木の OSAKA TEENAGE BLUE 1980 vol.11

仲井戸麗市の「雨あがりの夜空に」RCサクセションの野音は特別だった

もっとみる≫




世界中で突然ブレイクした「真夜中のドア」


このところ、松原みきさんの「真夜中のドア〜Stay With Me」が世界中で突然ブレイクしたことは僕にとっては、他の誰よりもうれしく驚きな出来事だった。

この曲は自分の音楽人生の中でも忘れようとしてもけっして忘れられない曲。実は僕は、彼女がこの曲でデビューした1979年から1981年までの約2年間、みきさんのステージバンド、カステラムーンのリーダーを務めて、もう何度もこの曲を演奏した体験を持っているからなのだ。

いろんなところで僕が書いたりしゃべったりしてるように、1977年に初のソロアルバム『DEADLY DRIVE』をリリースしたものの、ほとんど評価されず、勇んで始めたソロ活動もままならない僕はCMソングの作編曲やギター教則本の執筆で息をつないでいた。

それまでのアイドルの歌には絶対になかったハイセンスな洋楽感


そんなとき、ポケットパークという音楽事務所から、これからデビューする松原みきさんというアイドルのバックバンドのリーダーをやってもらえないかという依頼があった。

うん? アイドル? なぜ僕に?

1970年代から1980年代前半にかけての日本の音楽シーンは、いわゆる歌謡曲の女性アイドル全盛。あたりまえのようにバックバンドつけているアイドルなんかいなかった。

うん? 僕になぜアイドルの仕事がきたのだろうと、頭の中にいっぱいクエスチョン・マークを浮かべながら、とりあえず『POCKET PARK』というデビューアルバムを聴いてみることにしたら … 。

もうそれはぶったまげたね。1曲目の「真夜中のドア」が耳に飛び込んできた瞬間に、それまでのアイドルの歌には絶対になかったハイセンスな洋楽感、そしてまだ20歳にもなってないというのにその成熟した歌のクオリティーの高さに衝撃を受けたよ。そしてそのままアルバムを聴いていくと、どの曲もどの曲も、その頃のアメリカのAORの匂いがぷんぷん。林哲司さんの作編曲とパラシュートの演奏がかっこよくて、もうすっかりしびれてしまった。

そのときふっと頭に浮かんだのが、これってシュガー・ベイブがやろうとしてたことじゃん? シュガー・ベイブの『SONGS』はリリース当時、マニアックな音楽という扱いをされて、まったく売れなかったというのに、同じような洋楽ポップスの匂いを持つ音楽をいまアイドルがやろうとしている…。これはすごいことだ。僕は直感的に、音楽シーンの潮目が変わってきたように感じて、もう即答で引き受けることにしたのだった。



同時代のアイドルたちと比べて、新人とは思えない成熟した歌のクオリティーの高さ


そして、いよいよそのみきちゃんに(どうも “みきさん” はなんかそらぞらしくて僕の中で落ち着かないので、ここからは、かって彼女のバンドにいたときの呼び名 “みきちゃん” でいきます) 会ってみて、さらに実際にステージを共にするようになると、僕が当初描いていたみきちゃんのアイドルというイメージはもろくも崩れさったね。

僕と同じ大阪出身で、かやくご飯やお好み焼きが大好きな、その年齢なりのきゃぴきゃぴした部分もあるけれど、今ふり返れば、同時代のアイドルたちと比べて、新人とは思えない成熟した歌のクオリティーの高さに比例するような、どこかアーティスティックな部分を感じることができた。それはアーティスト特有のガンコなところとか。まさに新しい時代のアイドルだった。

だけど、あの時代にそれをなるべく表には出さずにやっていかなきゃならなかったのはけっこう大変だったんじゃないかと今になって思うね。

サンキュー!! みきちゃん、すばらしい機会をありがとう!!


みきちゃんとの2年間は、僕にとっては何もかもが初めての体験ばかりだった。これまで自分とはまったく別世界の出来事だと思っていた『夜のヒットスタジオ』への出演や、レコーディングで使われた譜面から、各メンバーのパート譜面を書き分けたり、スケジュールの都合でいつもメンバーのラインアップが不規則なのを、冷静にまとめて同じクオリティーにすることなど、この2年間で体験したことが、その後の僕のプロデューサー生活の大きな基盤になったことは間違いないと思う。サンキュー!! みきちゃん、すばらしい機会をありがとう!!

みきちゃんとのツアーで一番印象に残ってるのは1981年の「CUPID」ツアー。いまや小説家としておなじみの伊集院静さんが舞台演出をてがけたこともあって、ステージ上に、映画『アメリカン・グラフィティ』に出てきたローラースケートをはいたウェイトレスが給仕するようなレストランのセットが設営されて、そこでみきちゃんといっしょに僕たちバンドも踊りながら演奏するという、まるでミュージカルのようなライヴはまったく未体験なこと。

はじめはとても恥ずかしかったけれど、伊集院さんのきびしいプロデュースぶりから垣間見える、“真のエンタテインメント” の心みたいなものを学ぶことができたのはとても大きかった。

みきちゃんは若くして2004年に惜しくも亡くなってしまった。今もし存命だったならば、「真夜中のドア」の世界的ブレイクをどんな気持ちで受け止めたんだろう。これを機会に、きっと世界に歌いに出かけてたかもしれないと思うと、まだまだ生きて歌っていてほしかったと切に思う。

▶ 松原みきの記事一覧はこちら!



2023.08.02
72
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1965年生まれ
Nao
1979年11月、高校受験を向かえた当時中学3年生の私は、シングル発売前に1週間流れてた日立サウンドブレイクで「おお!この曲ってなになにー?」と日に日に興味を持って、いつの間にか虜に。シングル発売の情報を得て、発売日と同時に買いに行きました。さっそく学校の昼休みに校内放送で真夜中のドアを流しました♪
みきさんを初めて見たライブは豊島園の無料コンサート。そのとき撮った写真にはみきさんと銀次さんが写ってます。
高校受験も終わり、翌年の1980年と81年は竹内まりやさんと松原みきさんのお二人の追っかけをしてました(楽屋待ちと言うやつですね笑。思えばまりやさんの初ライブも豊島園でした。)。渋谷のTakeoff7とかのライブも行きました。
伊集院静さんのツアーの台本も何故かその郵便貯金のライブ会場で貰えました笑
みきさんの追っかけをしてた80年のときに、同じように追っかけをしてた人の一人が、「バンマスの銀次さんが、みきさんとは違うミュージシャンのバックをやるようなんだよ。」って言って「なんて言う人?」って聞いたら「佐野元春って言う人らしいよ」って聞いたときが、元春さんとの出会いでありました。すべてのきっかけが銀次さんだったりします笑
2023/08/02 23:02
11
返信
カタリベ
1950年生まれ
伊藤銀次
コラムリスト≫
65
1
9
8
0
資生堂 vs カネボウ CMソング戦争 〜 ピーチパイの迷い道クネクネ
カタリベ / @0onos
20
1
9
8
4
六本木心中、素直になれなかった80年代とリアルにヤバかったゼロ年代
カタリベ / 太田 秀樹
27
1
9
8
2
佐野元春と黄金の6年間 - それは日本のエンタメの原点であり、未来でもある。
カタリベ / 指南役
28
1
9
9
3
伊藤銀次のラストアルバム?「LOVE PARADE」90年代はプロデューサーに転身!
カタリベ / 伊藤 銀次
120
1
9
8
2
ドリフターズに戦いを挑んだ「オレたちひょうきん族」いったい何が革命的だったのか?
カタリベ / 指南役
48
1
9
8
1
土曜の夜を彩った “ひょうきん族” エンディングテーマ「DOWN TOWN」へ繰り出そう!
カタリベ / 鈴木 啓之