9月29日
田中泰延が会社を辞めたもう一つの理由、ジグ・ジグ・スパトニックと布袋寅泰
103
2
 
 この日何の日? 
ジグ・ジグ・スパトニックのデビューアルバム「Flaunt It(邦題:ラヴ・ミサイル)」が日本でリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1986年のコラム 
無名の若者を見いだした松岡直也の眼力、久保田利伸とのただならぬ関係

80s音楽にビジネスを学ぶ:シンディのアトラクション&リテンション #2

魂を揺さぶる加藤登紀子の歌声「時には昔の話を」はノスタルジーを超える

特捜刑事マイアミ・バイス、潜入捜査官には真夏の夜がよく似合う

『聖闘士星矢』のファンタジー、小宇宙(コスモ)高まりまくり!

円熟のデュラン・デュラン、ノトーリアスを髣髴とさせるセクシービデオ

もっとみる≫

photo:Discogs  
photo:Amazon  

「皆様の夢をかなえます」「最 私 33 す」
「暴愛の賛美」「見せびらかしましょう」

おかしな日本語が並んでいるが、いったい何を意味するのかさっぱりわからない。しかもこれ、イギリスのバンドのアルバムジャケットなんである。

バンドの名前は、ジグ・ジグ・スパトニック。セックス・ピストルズに始まるパンク・ムーブメントが一段落した後、ジェネレーションXのトニー・ジェイムスを中心に1982年に結成された。ジェネレーションXといえば、あのビリー・アイドルがボーカルをつとめていたバンドである。

84年には激震が走った。「ジグ・ジグ・スパトニックが15億円でEMIと契約!」というニュースが駆け巡ったからだ。デビュー前のバンドに15億円? メンバーのビジュアルはまるで1982年の映画『ブレードランナー』に出てくる、近未来のロサンゼルスを歩く若者たちそのままだ。私たちの期待は高まった。だが、この時点では彼らの音楽がどんなものなのか私たちには知る由もなかった。

そして引っ張るだけ引っ張って迎えた1986年、シングル『ラブ・ミサイル』でついにその音が明らかになった! …なった。なった…。

なんじゃあ、こりゃあ。

今すぐ下記のYouTubeで『ラブ・ミサイル』を聴いて、当時、待ちに待って私たちがずっこけたそのサウンドにあなたもずっこけてほしい。

当時高校生だった私は買ってきたばかりのLPレコードのジャケットを見ながら爆笑したのを覚えている。「これは… 騙された!」と。なにが15億円だ。どこが未来だ。

あまりにも中身がないのだ。スカスカでチープなシンセの音。単調なボコボコというリズム・マシーンに乗せてどうでもいい歌詞を繰り返すエコーが効きすぎのボーカル。もはや何も歌ってないのと同じだ。そしてアルバム全体が同じ曲にしか聴こえない。いや、音楽というより、もはや木魚に乗せたお経みたいな何か。

せめて話のタネにと「見せびらかしましょう」と書かれているLPジャケットを持って翌日学校へ行ったら、男子校のクラスの半分くらいが持ってきていたので見せびらかしようもなかった。そして全員が怒っていた。

ところが、あの騙された感覚を味わいたくて毎日レコードプレーヤーでこのアルバムに針を落としていると…これがだんだん癖になってきたのだ。「もしかすると、これは新しいんじゃないか?」と思う気持ちと「詐欺だ金返せ」と思う気持ちが半々のまま2年が過ぎた、というかすっかり忘れていた。

そして1988年10月5日、布袋寅泰が放ったソロアルバム、『GUITARHYTHM』が届いた。伝説のバンドBOØWYを解散したあと、彼がどんな音楽を聴かせてくれるのか。CDプレイヤーの再生ボタンを押すと…

おいなんだこれ、ジグ・ジグ・スパトニックやないか。ロックンロールの大古典、エディ・コクランのカバー『C’MON EVERYBODY』がまったくジグ・ジグに生まれ変わっているのだ。しかも…カッコイイ。カッコよすぎる。

布袋自身も語っている。

「ジグ・ジグ・スパトニックは凄く斬新なことやっていて、キワモノ扱いされたりして、酷評の嵐だったんだけど僕は大好きだったんです」

いやあ、聴く人が聴いたら違うものです。あの中にしっかり音楽の未来を見つけて、しかもエディ・コクランという過去を結びつけ、布袋寅泰という現在に融合させる。

そのスタイルはのちのCOMPLEXのサウンドにもつながっていくわけだが、全然関係ないお詫びで本稿を終わろう。

昨年の秋、あるパーティで布袋さんを見かけ、泥酔していた僕は大ファンすぎて「布袋寅泰だ! 本物だぁ!」と叫んで勝手に写真を撮りまくっていたら、ご本人に「君、写真撮らせてくださいとかひとこと言いなさい!」と叱られました。当たり前ですね。布袋さんごめんなさい。絶対読まないと思うけどここで謝罪しておきます。すみませんでした。お詫びに会社辞めました。

2017.03.12
103
  YouTube / Maite Perez-Pueyo


  YouTube / 蕾狗亞琶
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
2017年生まれ
まなみ様
コラム感想書いたらフォロワーの反応が凄いです。ジグザグスパトニック恐るべし!
2017/03/14 09:14
0
返信
1969年生まれ
ラニカイ
当時の私は北関東エリアのイベンターでアルバイトをしていた。
BOØWYの中で1番好きだった布袋さん
解散して、直ぐにソロデビューしていた記憶が、ほんのりとあります。
布袋さんはきっと売れるだろうと。
でも、ジグ・ジグ・スパトニックと『GUITARHYTHM』の繋がりは知りませんでした。
勉強になりました。何の感想も同意も出来なくてすみません。

だったら書くなよ!と自分でツッコミたくなります。

ただ、ロンドンオリンピックの閉会式でギターソロを弾く布袋さんは本当に輝いていたと書きたかっただけといえばそうですね。
お話ともよろしくないようで (笑)
失礼しました。






2017/03/12 22:18
0
返信
カタリベ
1969年生まれ
田中泰延
コラムリスト≫
22
1
9
8
4
ロックとパンクの壮大なパロディ、キッチュが売りのフランキーとジグジグ
カタリベ / ジャン・タリメー
20
1
9
7
9
バンドメンバー募集中、フォーク発フュージョン経由ロンドンパンク行き!
カタリベ / やっすぅ
21
1
9
7
9
ストラングラーズ、夜獣の館に漂うは初めて嗅ぐ本場のパンクロックの匂い
カタリベ / やっすぅ
14
1
9
8
6
パンクとプログレを融合させミッキーの耳をつけてヤオンで演じたYBO²
カタリベ / ジャン・タリメー
26
1
9
8
2
2019年を描いた二つの映画、ブレードランナーとAKIRA
カタリベ / 鎌倉屋 武士
36
1
9
8
9
お茶の間からロンドンまで! 根っこはパンクのGO-BANG'S
カタリベ / 佐々木 美夏
Re:minder - リマインダー