9月25日

ロニー田中は見た!BOØWYのベーシスト・松井恒松が作った丁寧で真面目なオムレツ

82
5
 
 この日何の日? 
BOØWY のアルバム「INSTANT LOVE」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1983年のコラム 
SMAPの解散を想うとき、いつも私の脳裏に浮かぶのはチェッカーズ

EPICソニー名曲列伝:THE MODS「激しい雨が」ラディカリズムとコマーシャリズムの最適比率

それは驚きだった、ホンダのワンダーシビックと「この素晴らしき世界」

平成生まれが感じたBOØWY、アルバム「INSTANT LOVE」に詰まった試行錯誤

スーパースターとスーパーモデル、華麗なるミュージシャンのヨメたち!

泣くがいい。声をあげて泣くがいい。アルカトラズは初のお取り寄せ!

もっとみる≫



photo:Tokuma Japan Communications  

BOØWYとの不思議な“縁”


以前、BOØWYデビューライブの話を書いたが(『ロニー田中は見た!伝説が生まれる瞬間、新宿ロフトの暴威(BOØWY)初ライブ』を参照)、その数年後、私とBOØWYの間に再び奇妙な縁が生じる。

1984年、九州の親戚の娘が猛勉強の末、無事に大学に合格した。合格祝いに原宿にでも連れて行きブランド服とバックでも買ってあげるつもりだったのだが、満面の笑みで「ここに連れて行って欲しい!」と見せられたのは中央線阿佐ヶ谷駅のカフェバーの地図。

生まれが高円寺の私は、阿佐ヶ谷の地図を見て一目である程度場所が分かった。

「ここに行きたいの? いいよ」
「やったー! 合格したら絶対ここに行くって決めて勉強した甲斐があった!」

高揚した彼女曰く、

「BOØWYって知ってる? そのバンドの人がやっているバーなの!メンバーがいたらどうしょう!」

その一方で、例の先輩(高校中退スナック勤務のレディース隊長 ※先述『ロニー田中は見た!伝説が生まれる瞬間、新宿ロフトの暴威(BOØWY)初ライブ』を参照)の顔がすぐさま蘇った。先輩と鉢合わせしたらどうしよう…と思う私…。

一抹の不安があるがお祝いごとだし、意を決して姪とその友人とで阿佐ヶ谷に向かう。阿佐ヶ谷駅からすぐの商店街、雑居ビルの中にある “mint” と書かれた店のドアを開けた。

カフェバー “mint”。オススメはオムレツ


カウンターだけの細長い造りの店。カフェバーというよりスナックな内装―― 客は誰もいない。店内は間接照明でBOØWYのポスターやフライヤーが貼ってある。

「いらっしゃい!」

カウンターから声をかけてきたのはベースの松井恒松さん。私は姪たちを紹介し席に座り、私以外は未成年なのでソフトドリンクをオーダー。松井さんは「毎日店開けて掃除や接客というのは俺しか無理だから、俺が店長をやることになった」と名刺を差し出した。



姪たちは「氷室さんや布袋さんは? いつ来たら会えますか?」と聞くと、松井さんは「まず来ないよ」とあっさり即答。

落胆する姪たち… その雰囲気を変えるために私は食事をオーダーすることに。松井さんに「おすすめは何ですか?」と聞くと「オムレツ」とまた即答。

カフェバーでオムレツ? ―― と思いながらも「じゃあ、3つ」と頼むと、「3つ作るから少し時間かかるよ」とオムレツを作り出した。

松井恒松のオムレツに感じたリズム隊としてのこだわり


一心不乱、かなり集中した様子でカウンターの向こうから緊張感が伝わってくる。店内には小さな音で「INSTANT LOVE」がかかっている。姪たちはリズムを取りながら待ち続け、気が付けばグラスは空だ。しかし間違っても「オレンジジュースお代わり」とは言い出せない空気。

そして、ようやくオムレツ3つが湯気を上げて出来上がった。

松井さんの額にはうっすら汗。

綺麗に成形されたオムレツは中身トロトロ、「美味しい!」と言ったら、「卵料理は火力と手際勝負」とこの日初めて松井さんが満面の笑みを見せた。丁寧で真面目なリズム隊のこだわりはこういう所に現れる。

程なくして “mint” は残念ながら閉店するが、あの日の美味しいオムレツと「INSTANT LOVE」は今でも阿佐ヶ谷を通る度に思い出す。


※2018年5月12日、2019年9月8日に掲載された記事をアップデート

▶ BOØWYのコラム一覧はこちら!



2022.09.08
82
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
ロニー田中
コラムリスト≫
17
1
9
8
2
ジーンズ履かない!ヘアカット100にすりこまれた親不孝なファッション教義
カタリベ / ソウマ マナブ
22
1
9
8
6
プリティ・イン・ピンク、映画ほど知られてないサイケデリック・ファーズ
カタリベ / DR.ENO
50
1
9
8
5
まるで80年代の神話 — 吉川晃司、尾崎豊、岡村靖幸、そして鈴木賢司
カタリベ / 吉井 草千里
30
1
9
8
5
第2期 BOØWY:ついにブレイク!実を結んだライブバンドとしての実直な活動
カタリベ / 本田 隆
42
1
9
8
2
資生堂 vs カネボウ CMソング戦争 〜 パレットキャットとルージュマジック
カタリベ / @0onos
19
1
9
8
7
BOØWY シングルレビュー ②:大衆に迎合せず大衆を制した「マリオネット」
カタリベ / 古木 秀典