7月25日
クールスRC、リーゼントとバイクのベールに包まれた80年代の音楽的深化
18
1
 
 この日何の日? 
クールスRC のアルバム「ビック・ディール」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1980年のコラム 
1980年夏、サザンのいるアミューズはサークルの部室のようだった

今剛、エイティーズ歌謡を切り拓いた華麗なギターサウンド

熱中時代とやさしさ紙芝居、ボクの先生もかなりフィーバーだった

偉大なるAC/DC、全くブレないロックンロールバンド!

鷲は舞い降りた。NWOBHMのレジェンド ー サクソン「暴走ドライヴィン」

夏休みにRCサクセションを教えてくれたのは薬師丸ひろ子だった!

もっとみる≫


80年代の原宿カルチャーを語るにあたって、外すことのできないのが “クールス” の面々だ。

70年代半ば、原宿で舘ひろしを中心としたバイクチーム・クールスが結成される。彼らは矢沢永吉率いるキャロルの日比谷野音解散コンサートで親衛隊として登場し脚光を浴びた。

この日のドキュメント映像が収録された『燃えつきるキャロル・ラストライブ』の中で、コンサート前、矢沢たちキャロルメンバーが乗った白いビュイックのオープンカーを取り囲む黒いバイクの集団(クールス)が、国会議事堂前を流すシーンは、革ジャン、バイク、暴力、青春といったロックンロールのパブリックイメージを最大限に具現化し、強烈なインパクトを放っていた。

そして、75年9月21日――

バイクと音楽で自分たちの居場所を築くという意志のもと、クールスはキングレコードより、『黒のロックン・ロール クールスの世界』でデビュー。キャロルを解散したジョニー大倉をプロデューサーとして迎え、“五大洋光” 名義で矢沢永吉が楽曲を提供。

他にもファッションプロデューサーの四方義朗、当時ハルヲフォンで活躍していた近田春夫、結成当初から、現在にいたるまでクールス不動のギタリストとして活躍するジェームス藤木などがソングライティングを手掛け、映画『アメリカン・グラフィティ』や『ウエスト・サイド物語』の世界に甘く切ないセンチメンタリズムを抽入し、時代の最前衛と言える作品を残した。

70年代のクールスはパンク、ニューウェイヴが台頭しつつある時代に、最前衛という言葉に相応しいスタッフたちと共に、敢えてグッド・オールドなロックンロールを選んだ。そして、その姿は極めてヒップな存在だったのだ。

その後、クールスは77年に舘ひろしが脱退し、クールス・ロカビリー・クラブ、クールスRC とバンド名を変えてゆく――

70年代末から80年代にかけて、ロックンロール、ヤンキーカルチャーの象徴として原宿のロックンローラーたちに絶大な支持を得ながら音楽的深化を深めていった時代のクールスは、これまで話してきた初期のクールスとは全く別物と考えるべきだろう。

アーリー80’s、原宿ホコ天のラジカセから必ず流れていたのが、クールスRC の「T-BIRD CRUSIN’(ティーバード・クルージン)」だ。キャッチ―なこの名曲をバックに一糸乱れぬダンスを披露していた原宿のローラーたちの姿は今も僕の憧れのひとつ。アメリカの広大な景色を想起させるアルバム『ビッグ・ディール』(80年)に収録され、50年代、60年代の R&B の深みがグッと凝縮されている。

ちなみに、同曲は山下達郎プロデュースのもと、ニューヨークでレコーディングされた名盤『NEW YORK CITY, N.Y.』(79年)を踏襲しており、ジェームス藤木氏がソングライティングを手掛けた。

その頃、クールスRC のメンバーは続々とファッションショップの経営に乗り出す。リーダーの佐藤秀光は、ハードなバイカースタイルがウリの「CHOPPER」。ヴォーカルの村山一海はポップなアメリカン・フィティーズ路線の「SHOUT」や「BEAT POPS」。また、ギターのジェームス藤木と、同じくギターのフランクこと飯田和男が経営する「WILD DANCER」はブラックミュージックのエッセンスを取り入れ、どこかニューヨークのハーレムを匂わす独特のセンスを放っていた。

これらのショップは、原宿フィフティーズブームのオリジネイタ―である「クリームソーダ」とは一線を画し、アメリカンカルチャーを全面に打ち出していた。連日、原宿のローラーはもとより、全国の不良少年たちが集まり、その様相は、まさに聖地であった。

こうしてクールスRC は、音楽とファッションを連動させ、ひとつの時代を作り上げた。特に音楽面では、前身であったクールスの存在感に甘んじることなく、ストイックに骨太にロックの根源を追求していった。そして、もちろんギタリスト、シンガー、作曲家として、山下達郎を唸らせたクールスの屋台骨、ジェームス藤木の音楽的才能は日本の音楽界随一の宝だ。

新生クールスRC には、81年より、現在クレイジーケンバンドで活躍中の横山剣がヴォーカルとして加入。翌82年には60年代のアメリカ R&B のマニアックな部分を追求した名作カヴァーアルバム『クールス・オールディーズ・スペシャル』を発表する。

80年代初頭にこれだけ音楽的深化をとげたバンドは他に類を見ない。それなのに、これまで日本の音楽業界で “クールス” を真っ当に評価する人が少数派であったことは実に残念だ。リーゼント、バイクというアイコンに包み隠されたその音楽性を紐解けば、彼らが開拓したロックンロールの一本の太い道が見えてくるはずだ。

―― そして、そこには80年代最も色鮮やかだった原宿カルチャーの存在があることを忘れてはならない。


追記
すべて憧れと敬愛を込めて敬称略。

2018.11.28
18
  YouTube / COOLS CHOPPER


  YouTube / COOLS CHOPPER
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1968年生まれ
本田隆
コラムリスト≫
39
1
9
8
5
ジョニー大倉に捧ぐ。ソロ10年目で YAZAWA が歌ったキャロル「二人だけ」
カタリベ / 本田 隆
34
1
9
8
5
ブレイク直前のBOØWY、ニューウェイブとヤンキーカルチャー、奇跡の融合
カタリベ / 本田 隆
57
1
9
7
8
矢沢永吉「時間よ止まれ」永ちゃんに助けられた初デートの想い出
カタリベ / 藤澤 一雅
26
1
9
8
4
原宿 伝説の理容店、一世風靡セピアとリーゼント
カタリベ / 鎌倉屋 武士
32
1
9
8
7
BOØWYがヒットを連発した87年、僕の知ってる原宿のドリーミーな原風景
カタリベ / 本田 隆
29
1
9
8
2
ブラック・キャッツ!ゴーゴーズに抜擢された原宿ロカビリーレジェンド
カタリベ / 本田 隆
Re:minder - リマインダー