8月5日

夏フェスの元祖は南こうせつ?九州各地のサマーピクニックと広島ピースコンサート

30
0
 
 この日何の日? 
チャリティーコンサート「広島ピースコンサート」が広島サンプラザホールで開催された日(初日)
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1988年のコラム 
周回遅れでやってきたトロピカルカクテルのブームとビーチボーイズのココモ

キラキラ感と才気の塊「PSY・S」は松浦雅也とチャカのポップユニット!

初めて観たブルーハーツは夏フェス、そして就職活動の真っ只中

映画「ヘイル・ヘイル・ロックンロール」チャック・ベリーが死ぬもんか!

DJ ケイシー・ケイサム「アメリカン・トップ 40」をエアチェックせよ!

いつから僕は忌野清志郎をリスペクトするようになったのだろう?

もっとみる≫




オールナイトコンサート“夏フェス”功労者のひとり、南こうせつ


今でいう “夏フェス” の楽しさを日本人に体感させたアーティストのひとりが南こうせつだ。

そのきっかけとなったのは、1975年8月2日から3日にかけて行われたオールナイト野外コンサート『吉田拓郎・かぐや姫 コンサート インつま恋』だ。吉田拓郎、かぐや姫(この時点でかぐや姫は解散していたため、かぐや姫としてのステージだけでなくメンバーのソロステージも行われた)、そして山本コウタロー&ウィークエンドが参加したこのコンサートには60,000人以上が詰めかけた。



南こうせつは、その後も積極的にコンサート活動を行っていったが、『吉田拓郎・かぐや姫 コンサート インつま恋』のようなオールナイトコンサートを自分の故郷である九州で実現したいと、1981年7月26日に、熊本県阿蘇郡の “卑弥呼の里” で『サマーピクニック』を開催した。ところがコンサートがスタートして間もなく激しい雷雨に見舞われ、ゲストミュージシャンもほとんどがステージをおこなえないまま中止となった。

しかし、このアクシデントが南こうせつに火をつけた。当初は1回限りと考えていた『サマーピクニック』だが、雷雨が上がった後に一人でステージに立ったこうせつは、残っていた参加者に向かって「10年続けるぞ」と宣言したのだ。そしてその後、熊本、福岡、大分など会場を変えながら宣言通り10年間のオールナイトコンサートをやり抜いた。

そんな『サマーピクニック』には、松山千春、吉田拓郎、永渕剛、井上陽水らのフォーク系アーティストだけでなく、サザン・オールスターズ、アルフィー、チゃゲ&飛鳥、BOØWなどをはじめ、ジャンルも世代も越えたアーティストが出演し、会場を盛り上げた。

この『サマーピクニック』と並行して1980年代に南こうせつが主催した大型フェス形式のイベントが『広島ピースコンサート』だった。

きっかけはLIVE AID。日本のチャリティ・イベント「広島ピースコンサート」


『広島ピースコンサート』のきっかけとなったのは1985年7月13日に世界規模で行われたアフリカの飢餓救済を目的としたライブイベント『LIVE AID』だった。『LIVE AID』とは、アイルランドのロックバンド、ブームタウン・ラッツのボブ・ゲルドフの提唱に応えて世界中のトップアーティストが参加し、12時間にわたって世界中継されたチャリティ・イベントだった。

もちろん日本でも中継放送されるとともに、オフコース、佐野元春、矢沢永吉、LOUDNESSの演奏が世界中継された。そして日本での『LIVE AID』中継の司会役を務めたのが南こうせつだった。

『LIVE AID』の成功によって、日本でもチャリティ・イベントの機運は盛り上がっていく。そして翌1986年に、南こうせつに山本コウタローから「広島でコンサートをやらないか」と電話があった。こうせつは以前から、広島・長崎の原爆被災をテーマにした活動をしたいと考えていたが、すでにほぼ同じ時期に開催される『サマーピクニック』をスタートさせていたため、スタッフにアイディアだけを伝えて準備は任せ、彼自身は『サマーピクニック』を終えた直後に広島に入り、8月5、6日に広島修道大学で行われるステージに出演するという形で一回目が行われた。

始まった「広島ピースコンサート」問題は収益の確保


第1回の『広島ピースコンサート』は “平和がいいに決まってる!!” をキャッチフレーズに、アルフィー、ラッツ&スター、財津和夫、さだまさし、ラフィン・ノーズなどのジャンルを越えた日本のアーティストと、カーラ・ボノフ、グラハム・ナッシュ、J.D.サウザー、デヴィッド・リンドレーなどの海外アーティストが参加し、コンサートは大盛況で終了した。

しかし、コンサートとしての理想ばかりを追求した結果、収支的には8000万円の大赤字となり、原爆の被災者への援助を目的とするチャリティーとしては大失敗に終わった。このため、南こうせつも含めた主催スタッフが赤字分を負担することとなった。

1回目の反省から、南こうせつも本気で『広島ピースコンサート』に取り組むこととなる。チャリティーを成功させるためにはアーティストを総花的に出演させるのではなく、確実な動員力をもったアーティストに出演してもらう必要があると考え、直接アーティストの事務所を説得していった。

その結果、1988年8月5、6日に広島サンプラザホールで行われた『第2回 広島ピースコンサート』は、尾崎豊、HOUND DOG、安全地帯、佐野元春、ブルーハーツ、久保田利伸ら多くの人気アーティストの出演もあり、7000万円を超える寄付ができる収益を上げることが出来た。

山本コウタロー参院選出馬に揺れたコンサート


さて、チャリティコンサートとして定着しそうだった『広島ピースコンサート』だったが、1989年に再び危機を迎えた。コンサートの発起人でもあった山本コウタローが参議院選挙に出馬することとなると、これに対して反発が起き、出演を拒否するアーティストも現れた。

この事態に対し、南こうせつはプロデューサーとして責任をとるために『広島ピースコンサート』から離れるという思いを伝えた。しかし、これに対して関係者全員が「それはダメだ。こうせつがいなくなったらこの企画自体が崩壊する」と反対。その結果、南こうせつとHOUND DOGの大友康平が責任者としてイベントを続けていくこととなった。

こうした事情もあって1989年の第3回から1995年の第10回までは新体制で開催され、オフコース、氷室京介、忌野清志郎、泉谷しげる、徳永英明、小田和正などが出演。収支的にも毎回寄付が計上できる形で進められた。

南こうせつとさだまさし、広島と長崎を会場にした野外コンサートを継続


『広島ピースコンサート』は1995年で一応終止符を打ったが、南こうせつと広島の原爆被災者との関係はそこで終わってはいない。2000年からはカトリック教会の世界平和記念聖堂に会場を移して2009年まで続けられ、売上はすべて協会に寄付。

その後も毎年8月6日には大友康平らと広島原爆養護ホームで歌うという活動を続けている。まさに南こうせつのライフワークのひとつになっているのだ。



もうひとつ、1986年の『広島ピースコンサート』の第1回に出演したさだまさしの動きにも触れておきたい。

彼はその後の『広島ピースコンサート』には出演していない。その代り1987年から、広島原爆投下日である8月6日に、その3日後に原爆を投下された長崎で『夏、長崎から』と題した野外コンサートをスタートさせた。

『夏、長崎から』は2006年まで続けられ、2007年8月6日には『2007 広島から さだまさし』と題する野外コンサートを広島市民球場で行い、一連の活動の終止符としている。

▶ イベント・フェスのコラム一覧はこちら!



2022.08.06
30
  YouTube /  ariesumuu
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1948年生まれ
前田祥丈
コラムリスト≫
21
1
9
8
1
70年代の人ではない!南こうせつが音楽シーンに残した非常に大きな足跡
カタリベ / 前田 祥丈
37
1
9
8
6
夏の終わりソング:ハウンド・ドッグ「ROCKS」のビデオに宿るスピリッツ!
カタリベ / 古木 秀典
59
2
0
1
7
嵐の氣志團万博、山下達郎が歌う「ハイティーン・ブギ」これで決まりさ!
カタリベ / 平マリアンヌ
44
1
9
8
8
初めて観たブルーハーツは夏フェス、そして就職活動の真っ只中
カタリベ / 宮木 宣嗣
12
1
9
8
9
80'sの夏フェスはジャズフェス!盛り上がったアート・ブレイキー
カタリベ / 千代田区のUra
16
1
9
8
2
HOUND DOG「涙のBirthday」もう一度、あのシャウトを聴かせてくれ!
カタリベ / ミチュルル©︎たかはしみさお