5月21日

水戸華之介が覗いていたもの、アンジー「天井裏から愛を込めて」

29
0
 
 この日何の日? 
アンジーのアルバム「溢れる人々」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1988年のコラム 
すこし先の未来に… もしも「続・赤いスイートピー」に続編があるのなら

寒い夜にふと聴きたくなる、フェアーグラウンド・アトラクションの名曲

フェアーグラウンド・アトラクション、百万回のキスの中で最初のキスを…

ジュン・スカイ・ウォーカーズがもたらしたパンク・ロックの大革命! 

マイケル富岡のタレント人生を変えてしまった野沢直子のプロデュース力

ニッポンのロックバンドここにあり!BOØWYからZIGGYへ受け継がれたもの

もっとみる≫







先日ママ友たちの飲み会であるママが、「うちの旦那、油断すると股間をいじっている」と文句を言っていた。それを聞いた他のママが、あれは男の人、落ち着くらしいよ、と言っていた。体の一部をさするという行為は、落ち着かせてくれるホルモン、「オキシトシン」の分泌を促すそうで、緊張をほぐし、不安を和らがせることができるというのだ。逆に女性が股間をいじって「落ち着く」かと言えば、落ち着かないよね、と笑いながら、私は往年の「ポコチンロック」のことを思い出した。

「ポコチンロック」、それは1988年4月、ロックバンド・アンジーのボーカル水戸華之介が青森の弘前市民会館のステージ上のMCで「神の啓示」を受けて突然創設したロックジャンル。ひと言で何だか言えない、その「目に見えないけれど真実」みたいなロックムーブメントの意義に共鳴した筋肉少女帯、LÄ-PPISCHら、またバンドだけでなく個人の賛同者も得た。「外国支部」にはボン・ジョヴィや水沢アキの外国人の旦那さんもいた(勝手に入れられている)。

水戸華之介は後に、「ポコチンロックとは、『ポコチン』をいじってしまったときの虚しさ・寂寥感である」と語っている。いじると「落ち着く」男性が多いと聞く中、「虚しさ・寂寥感」を感じる彼は、文学的だ。

アンジーの曲は勢いのあるロックに文学的な歌詞を乗せ、他の人と少し違う視点で、感情のすき間やズレから見える光景を丁寧に観察し、「わびさび」を感じさせる。思わず勢いで、または何の気なしに、そんな人生における衝動に潜む「虚しさ・寂寥感」を描くのは、音楽であり文学であると思う。

彼らのメジャーデビューシングルであり、代表作とも言える「天井裏から愛を込めて」は、江戸川乱歩の『屋根裏の散歩者』を彷彿とさせる。暇を持て余した、犯罪の真似事好きの主人公が新しい下宿屋に引っ越す。彼は偶然に、押し入れの天井板が外れ、屋根裏に通じていることに気付き、屋根裏を散歩する。

当時の屋根裏は各部屋の仕切りがなく、節穴から下宿人たちの私生活が丸見えだった。主人公は他人の秘密の盗み見にすっかり夢中になり、とうとう犯罪を思いつく。この話を、10歳の頃塾で国語の先生が朗読して以来、家の天井が「ミシッ」と軋むたび、誰かが散歩しているのではないかと怯えたものだ。

アンジーの「天井裏から愛を込めて」では、男が女性を天井裏から窃視している。ほこりで汚れながら、蜘蛛の巣だらけになりながら、恋する長い髪の少女がピアノを弾くのを、ドレスを着替えるのを、じっと見ている。

「ここでだったら素直なあなた」が良く見えるとほくそ笑み、「傷つけあったりしたのがうそみたいだ」と満足気だ。何もしないで見ているだけなのは、ある意味、乱歩の小説の主人公より怖い。そして以下の歌詞が、最高に気持ち悪い。


 深夜0時の秘かな愉しみ僕がいる
 青春みたいにせつなくなってもいいよね
 とても大好き 大好き 大好き 大好きさ
 ロマンチックもまんざら悪くもないかも


「青春みたいにせつなく」なったり、「ロマンチック」になったりという、少し恥ずかしいことも、天井裏ならできると大喜び。尋常ではない「大好き」の連呼。最後の「天井裏から愛を込めて」という明るいコーラスの後の執拗な「大好き」のリフレインは、明るいだけに、より狂気を感じる。

私は、この歌の主人公は、実際には天井裏にはいないと思う。「天井裏」とは、恋するあの子を「のぞきしているつもり」の悦びに恍惚となっている、彼の「脳内」を指すのではないか。現実のあの子は素直じゃないし、傷つけてくるし、青春みたいに素敵でロマンチックな関係になれない、もはや憎しみさえ感じる存在。でも脳内でなら、ドレスを脱いで、長い髪の下の、綺麗なうなじまで見せてくれる。そりゃこっちの方がいいだろう。彼は「大好き」を言い続けながら無間地獄に落ちていく。

この歌の中で主人公は「天井裏」で、股間をいじりまくっているに違いない。オキシトンだくだく、とてつもなく落ち着く気持ちで。そしてその彼の姿をまたその上の「天井裏」から覗く水戸華之介がいる。「ポコチンロックとは、『ポコチン』をいじってしまったときの虚しさ・寂寥感である」とつぶやいて、あのパンダみたいなメイクの目を悲しげに伏せそうだ。

他の人が追求しないところをえぐる鋭さ、それこそがロックではないか。アンジーの解散後、なかなか話題にもされないが、水戸華之介が作った独自の「ロック」。ポコチンロックよ、永遠に。



歌詞引用:
天井裏から愛を込めて / アンジー

2017.11.06
29
  YouTube / bikimama
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1971年生まれ
かいなってぃー
コラムリスト≫
39
1
9
8
6
アンジーと水戸華之介、日本語による縦書きロックの金字塔「嘆きのばんび」
カタリベ / 吉井 草千里
17
1
9
8
7
レピッシュ − もし1987年にピンポイントで戻ってすぐ帰って来られるなら
カタリベ / 佐々木 美夏
56
1
9
8
7
筋肉少女帯の「高木ブー伝説」と「鼻血ブー伝説」は紙一重!?
カタリベ / ジャン・タリメー
31
1
9
8
9
江戸川乱歩と人間椅子、おどろおどろしさとテクニックでえぐる世界
カタリベ / かいなってぃー
24
1
9
8
8
僕が選んだ筋肉少女帯、モーレツア太郎が教祖様ブームを打つ!
カタリベ / ジャン・タリメー
41
1
9
8
8
筋肉少女帯の持つ普遍性、インディーズブームからバンドブームへ
カタリベ / 鳥居 淳吉
Re:minder - リマインダー