5月16日

AORの帝王【ボズ・スキャッグスの80年代】通算22回目の来日公演はクラプトンに匹敵!

30
0
 
 この日何の日? 
ボズ・スキャッグスのアルバム「アザー・ロード」発売日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1988年のコラム 
プリンスの破壊力、アルバム「LOVESEXY」における音楽以外の問題点?

恋物語を深読み解説、松田聖子「赤いスイートピー」には続編があった

すこし先の未来に… もしも「続・赤いスイートピー」に続編があるのなら

フェアーグラウンド・アトラクション、百万回のキスの中で最初のキスを…

寒い夜にふと聴きたくなる、フェアーグラウンド・アトラクションの名曲

2024年を感じながら聴く【80年代ロック名盤ベスト10】懐かしむより、超えていけ!

もっとみる≫




リ・リ・リリッスン・エイティーズ〜80年代を聴き返す〜 Vol.50
Boz Scaggs / Other Roads

ボズ・スキャッグス、22回目の来日公演


現在79歳のボズ・スキャッグスが2月に来日公演を行います。元気ですね。5年ぶりとのことですが、調べたら、1978年の初来日から数えて、なんと22回目です。相当に多い。ちなみにエリック・クラプトンは既に22回で、今年4月にまた来るのでそれが23回目。彼にはわずかに及びませんが、ボブ・ディランの11回、ビリー・ジョエルの12回と比べるとほぼ倍です。オリジナルアルバムの数(19枚)よりも多いのですが、特に80年代は、『ミドル・マン』(Middle Man / 80年)と『アザー・ロード』(Other Roads / 88年)の2作しか出してないのに、日本ツアーは4回もやっています。

それくらいボズは日本人に人気があったということなんですが、逆に10年でたった2作というアルバム数の少なさのほうが気になりますね。しかも『シルク・ディグリーズ』(Silk Degrees / 76年)、『ダウン・トゥー・ゼン・レフト』(Down Two Then Left / 77年)と快調に飛ばしてきて、『ミドル・マン』も全米8位のヒットで “三部作” と呼ばれ、「ジョジョ」などのシングルもヒットして、それまでのキャリアのピークに居たのに、そこから次のアルバム『アザー・ロード』まで8年もの期間があるのです。その間、83年と85年と、2回も日本くんだりまでライブをしに来ているんですから、音楽活動に支障があったわけでもなかろうに、いったいどうしたんでしょう?



ボズ・スキャッグス80年代の迷い


伝聞によると、「音楽をつくることが “職業” になってしまい、ホントの音楽は私から去ってしまった」などと語っているようです。以前、ボズ・スキャッグスとデイヴィッド・フォスター、最初で最後のコラボレーションで、『ミドル・マン』については、B面がつまらない、デイヴィッド・フォスターとの相性がよくなかったんじゃないか、などと書きましたが、『ミドル・マン』をつくりつつ、もう、悩み始めていたのかもしれませんね。

で、83年にはニューアルバムをつくろうとトライしたようですが、「少しもよく思えなかった」と挫折。さすがに85年頃には、「人生に大きな穴が空いているようだ」と不安に襲われ、とにかくアルバムを形にします。ところが今度はレーベルから “待った” がかかった。「シングルにできるような強力な曲がない」というのです。それで再びスタジオに入って…… とやっているうちに、1988年になってしまったというわけです。

8年ぶりの、満を持してのアルバム、さぞかし充実した内容…… と思いきや、これがねー、力とお金はたっぷり注入されているんですが、どうも空回りしてしまっていると言うか。プロデューサー陣には、ベテランのステュワート・レヴィン(Stewart Levine)や名エンジニアのビル・シニー(Bill Schnee)を迎え、ミュージシャンにはおなじみの "TOTO" のメンバーをはじめとする西海岸の一流どころが惜しみなく揃っています。さらにニューヨークからマーカス・ミラー(Marcus Miller)まで招きながら、その豪華な陣容ならではの熟成サウンドが展開されると思いきや、時流に乗り遅れまいと意識したか、シンセサイザーやシーケンサーをやたらに取り入れて、なんとも中途半端な “オケ” ばかり、しかもそれを凌駕できる名曲も名唱も、とんと見当たりません。

“シングルにできる曲” としてレーベルを納得させた「ハート・オブ・マイン」(Heart of Mine / 88年)は、アダルトコンテンポラリー・チャートで3位にはなりましたが、どうもピリッとしないバラードで、私にはちょっと良さが分かりません。ちなみにポップチャートでは35位で、(今のところ)ボズの最後のトップ40シングルだそうです。



日本独特の表現 、AORの帝王


そうそう、 “アダルトコンテンポラリー” (Adult Contemporary = AC)なんですが、ボズは日本では “AOR”(Adult Oriented Rock)の人と認識されていますよね。来日公演のキャッチでも、必ず “AORの巨匠” とか “AORの帝王" などと謳われます。だけど、このAORなるものは日本独特。米国でAORと言えば、まず “Album Oriented Radio” 、すなわちアルバム単位でかけるスタイルのラジオ局のこと。”Adult Oriented Rock” というジャンル名はほぼ使われません。

内容的に近いのが “AC” なんですが、やはりまったく同じではなさそうなんですね。日本でAORといえば文字通り、大人のロック。成熟した歌唱に成熟したサウンドで、アーティストのみならず、プロデューサーやミュージシャンにも重きが置かれる、というイメージです。だからボズの “三部作” はドンピシャだし、たとえばスティーリー・ダンだってAORに入ります。

それに対してACは、”ソフトロック” から “イージーリスニング系” まで幅広く含み、特にバラード系の曲、まさに「ハート・オブ・マイン」のような世界がど真ん中のようです。いみじくも日本語で “おとなしい” を “大人しい” と書きますが、”大人のロック” というよりは “大人しい音楽” という方が近いかもしれません。

たいていのジャンル名は米英からのお下がりなのに、日本独自で命名するくらいですから、日本人はAORが大好きです。AORというジャンルへの日本人の “愛情” みたいなものを、米英人(と括るのは乱暴だけど…)がACに対して持っているとは思えません。日本ではAORの巨匠、あるいは帝王と崇め奉られているボズですが、自国ではどうだったんでしょうね? “ACの巨匠” とは言われてないし、言われても嬉しくない、そんなジャンルのような気がします。

言葉って重要です。“言い得て妙” な言葉があってはじめて、自分の存在意義が認識できることもある。アメリカでは、AORという言葉で自分の音楽を表現してくれる人がいなかったから、ボズは、たとえばレコード売上などに一喜一憂するばかりで、“ホントの音楽” を見失ってしまったのではないでしょうか。

これぞボズの世界「ミス・サン」は、“どストライク” のAOR


そして、“はやり” のサウンドの激変。80年代はシンセサイザーやシーケンサーが一気に進化しました。新しいものが出てきた当初はやはり、人々の興味がそちらにグッと傾きます。うまいミュージシャンたちによるグルーヴなんてものが、急に色褪せて見えてくる。だけどボズは本来そちら側の人です。自分が、TOTOの人たちといっしょに磨き上げてきたサウンドを、真っ向から否定されたように感じたのではないでしょうか? そして悩んだ挙げ句、『アザー・ロード』では、なんとかその時流に追いつこうとする方向へいってしまった。

『ミドル・マン』の後に出した、8年間のブランクに入る前の最後のシングル「ミス・サン」(Miss Sun / 80年)は、TOTOのデイヴィッド・ペイチの作品ですが、音が出た瞬間に、これぞボズの世界、“どストライク” のAORだと感じます。「オレはこれでいいんだ」と開き直って、そのまま堂々と進めばよかったのにね。



結局、『アザー・ロード』から94年にリリースされた次のアルバム『サム・チェンジ 』(Some Change)まで、また6年もかかるんですが、こちらは、傑作とまでは思えませんが、足が地について、自然体でつくれている感じがします。シンセや打ち込みも適度に取り入れながら、サウンドや歌唱には落ち着きがあります。90年代になると、80年代のトンガリ感は失せて、何でもありになってきますが、それがボズの気持ちを和ませたのか、それ以降は2〜3年ごとにコンスタントにアルバムを出していくようになります。

▶ ボズ・スキャッグスのコラム一覧はこちら!



2024.02.20
30
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1954年生まれ
ふくおかとも彦
コラムリスト≫
34
1
9
8
2
山下達郎のあまく危険な香りは茶の間をアーバンでアダルトな世界に誘う
カタリベ / 平マリアンヌ
10
1
9
8
2
手品師御用達!スティーヴ・ミラー・バンドの「アブラカダブラ」
カタリベ / DR.ENO
92
1
9
8
0
名月や 秋の夜長に ボズ・スキャッグス — 大人のアルバム「ミドル・マン」
カタリベ / 藤澤 一雅
39
1
9
8
3
必殺「胸キュン、♪ ミファミレド」の源流を探る旅(その2)
カタリベ / スージー鈴木
35
1
9
8
3
みんな覚えがアルジャロウ? AOR定番「モーニン」と てんぱいぽんちん体操
カタリベ / @0onos
54
1
9
8
0
ボズ・スキャッグス「ミドル・マン」秋の夜長に聴きたいAOR
カタリベ / 中川 肇