3月26日
プロポーズ大作戦 ー 横山やすしはラッキーチャンスを逃がしてしまったのか
52
0
 
 この日何の日? 
ABC朝日放送のバラエティ番組「プロポーズ大作戦」が最終回を迎えた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1985年のコラム 
人はなぜライブに行くのか? 生まれて初めて観た外タレはポール・ヤング

80年代サウンドの発信源!ニューヨークのスタジオ・パワー・ステーション

唯一無二の「イモ臭さ」それが個性のポール・ヤング

リック・スプリングフィールド、煙草とソーダ水と美形の先輩 

ヘビメタのイメージを一新した “ボン・ジョヴィ” という魔法の言葉

ティル・チューズデイ、ネコっぽいルックスのエイミー・マンに恋してた♡

もっとみる≫


『パンチDEデート』『ラブアタック!』『ヤングおー! おー!』など、1970年代後半から80年代前半は、関西発の公開バラエティ番組が東京でも数多く放送されていた。たいてい視聴者参加型番組。東京育ちの私は、「関西は素人もこんなにおもしろいのかぁ」と感心しっぱなしだった。

なかでも大好きだったのが、『プロポーズ大作戦』だ。旅先や通勤電車でひとめ惚れした彼、忘れられない初恋の彼女。どこにいるかわからない恋の相手を探し出して告白するコーナーがメイン。他にもいろんな人気コーナーがあったが、やはり『プロポーズ大作戦』といえば「フィーリングカップル5vs5」だろう。その後学園祭やバラエティ番組でも真似され、グループお見合いの雛形みたいになった。

オープニングとフィーリングカップル参加者登場時に流れるのが、キダ・タロー作曲のメインテーマ。なんとも心浮き立つハッピーチューンで、浪花のモーツァルト、キダ・タローの最高傑作じゃないだろうか。

それと、忘れちゃならないのが、キャンディーズが歌う主題歌「ラッキーチャンスを逃がさないで」。私大に通っていそうな、しっかり者のおきゃんなお姉さん。当時、私が彼女たちに抱いていたイメージにぴったりな曲だった。


 のっぽのあいつ 太めのあいつ
 恥ずかしがりやの あいつにあいつ
 誘ってみようよ One Two Three
 気取っていないで One Two Three


奥手な年下の男の子たちに、発破をかけるお姉さん。男の子を “あいつ” と呼ぶのが、キャンディーズほどハマるアイドルはいなかった気がする。キャンディーズの陽の部分を凝縮したようなこの主題歌は、解散後もしっかり番組で使われ続けた。

『プロポーズ大作戦』の司会は、横山やすし・西川きよしの名コンビ。キャンディーズの主題歌の前に、やすきよのミニ漫才といったかたちのオープニングトークがあるのだが、毎回しっかり爆笑をとり、番組に勢いをつけていた。

素行にいろいろ問題があり、他の番組では酔って出演したり、暴言を吐いたり、ということもあったやすし。でも、『プロポーズ大作戦』ではいつもニコニコして、番組に出てきた素人さんたちに、とても優しく接していたように見えた。

番組は1985年に終了し、その翌年にきよしは参議院選に出馬した。番組終了時には、きよしは出馬のことを考えていたのだろうか。きよし的には、“ラッキーチャンスを逃がさない” タイミングが86年だったのだろう。

ただ、そこからやすしは、ラッキーチャンスを逃がしまくったと言うべきか、自ら破滅に突き進んでいったと言うべきか。やすきよ最後の幸せな時代が、『プロポーズ大作戦』に詰まっていたように思えて、ちょっと切なくなる番組でもあったりする。



歌詞引用:
ラッキーチャンスを逃がさないで / キャンディーズ


2018.03.26
52
  YouTube / 堀博士


  YouTube / 2stparalleltwin
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1967年生まれ
平マリアンヌ
コラムリスト≫
52
1
9
7
8
伝説のファイナルカーニバル、キャンディーズ解散と私の社会人デビュー!
カタリベ / 福岡 智彦
69
1
9
7
8
キャンディーズは解散することで新しい時代をスタートさせたんじゃないか
カタリベ / 前田 祥丈
34
1
9
8
3
もしかして復活!? 80年代に追い求めたキャンディーズへの夢
カタリベ / 鈴木 啓之
32
1
9
8
2
豪雨の屋上、カッパで特訓!創作ダンスはABCの「ルック・オブ・ラブ」
カタリベ / 平マリアンヌ
107
1
9
7
8
キャンディーズ「微笑がえし」突然の解散宣言からの全キャン連宣言
カタリベ / 指南役
13
1
9
8
1
孤独の男の叫びを聴け!ハードロック界の横山やすし、グラハム・ボネット
カタリベ / DR.ENO
Re:minder - リマインダー